HUAWEI nova lite 〜高コスパでかわいい、初めてにも優しいフレンドリーな1台〜

更新日:

ベレ
今回紹介するのはHUAWEIから2017年2月24日に発売されたばかりの 「nova lite」だよ
ベレ
若者向けのシリーズとして売り出されただけあって お値段は定価19,800円(税抜)とコスパ最強スマホ!
ナオ
たしか私がこの前買い換えたiPhone7(32GB)は 約72,800円(税抜)だったわ……
スー
それに比べたらめちゃ安いなー!
ベレ
カラーバリエーションはホワイトブラックゴールドの3種でデザイン性にも優れていて、できるだけ安く、できるだけ快適に、お手軽に使いたい女の子にピッタリのスマホだよ

端末カラー


ゴールド

ブラック

ホワイト

simree的いちおしポイント

必要な機能と価格のバランスが絶妙!スマホをお手軽に使いたい人にはこれで十分です!

nova lite」の定価19,800円(税抜)というのは、数ある格安スマホの中でも比較的安いと思われる金額です。しかし、格安スマホで心配なのが、安さの代わりにスペックが削られていないかということ。たしかに、機能性を減らすことで価格を抑えている激安スマホもたくさんあります。でも、この「HUAWEI nova lite」はそこそこのスペックを保ちつつ、みんなが重視するカメラやセキュリティ機能はバッチリ押さえてます。

スー
私、写真を撮るのが趣味やからカメラは重要なポイントやで

SNSに写真投稿することも多いこの時代、スマホにおけるカメラの精度はとても大事ではないでしょうか。「ファーウェイ nova lite」のカメラは1200万画素のソニー製「IMX386」という、少し前の最上位機に搭載されていたものを使用していて、自撮り用インカメラの画素数(800万画素)も高め。ほかにも指紋センサーGPS電子コンパスなど、ここをカットされると地味に困るよね~ という部分はカットせずいるので、高額スマホに遜色ない機能性が搭載されているのです。

出典:http://ascii.jp/elem/000/001/435/1435856/img.html

丸みのあるデザインはiPhoneを意識しているようでいて似ていない、とてもシンプルなデザインですが、この デザインがキライ って人は少ないんじゃないかな。シンプルだからこそ誰にでも合う、万人に好かれるスタイルをしています。

ナオ
そのまま使うのも可愛いけど、可愛いケースもすでにたくさん出てるみたい

側面はプラスチック、背面はガラス素材で高級感がありオシャレな感じ。画面も「nova」の5.0インチに比べ、5.2インチと大きくなっているので、動画やゲームなども大きな画面で満足できると思います。しかも軽量。

ベレ
背面ガラスなのはXperiaと同じだね

HUAWEI nova liteで妥協が必要なところ

HUAWEI nova liteは、格安スマホの中でもさらに低価格なモデルですので、iPhoneやxperia、Galaxyなどと比べると下記の部分で制約があります。
逆にここに妥協できるなら、コスパのかなり高い優良スマホといえます。

nova liteと高級スマホはここが違う

  • 防水やお財布ケータイ、ワンセグの機能がない
  • SIMは2枚させますが、上位機種のnovaと違ってDSDS(4Gと3GのSIMを差して使い分ける機能)に非対応
  • ジャイロセンサー非搭載(回転や角度を検知するセンサーで、マップ系のアプリやゲームなどで使用。ジャイロセンサー非搭載だと制約があったりする)
  • CPUが「Kirin」なので、ゲームによっては相性がある。

    Kirinは特定のゲームで相性によりパフォーマンスを発揮しない場合があるようです。例えばデレステなど3Dを使ったゲームなどは動作やグラフィックに不具合が報告されています。パズドラやツムツム、ポケモンGOと言った大抵のゲームは問題なく動くようです。※ポケモンGOは起動しますが、ジャイロセンサーが無いのでAR機能が使えません。

ベレ
主にSNSしたり写真撮るだけって人にはオススメできるね。
ナオ
音ゲー好きの私にはちょっとスペックが足らないかも…

スペック

OS Android 7.0 寸法 147.2×72.94×7.6mm(縦・横・厚さ)
カメラ 背面:1,300万画素 F2.0
前面:800万画素 F2.0
重量 147g
画面サイズ 5.2インチ IPS液晶(1920×1080) バッテリー容量 3,000mAh
CPU Huawei Kirin655 オクタコア SIMサイズ Nano SIM x 2(DSDS対応ではありません)※海外で2G+4G利用可能
メモリ 3GB USB microUSB
ストレージ 16GB+microSD(最大128GB) その他特長 指紋センサー、GPS
ベレ
バッテリー容量が多いから電池持ちも安心だよ
スー
容量を気にしなくていいmicroSDはiPhoneには無い魅力やな

ナオ
スペック表の見方がわからないという人は、この記事を見てね
スマホの「スペック」ってどう見たらいいの?

もくじよくあるスペック表スマホのOSってなに?スマホのカメラについて画素って何?1.25μmピクセルとかって何のこと?(開口部)F値とは?スマホのオートフォーカスの違いHDR撮影とは?4K動画撮影とは ....

続きを見る

HUAWEI nova liteはどこで買えるの?

ナオ
nova liteはMVNOキャリア専売モデルなので、格安SIMとセットでの販売となります。MVNOキャリアでは保証がつけられたり端末値引きもあるので、タイミングが合えば乗り換えがおすすめです。

端末と回線(SIM)を一緒に申し込む

「ファーウェイnova lite」が最安で買えるMVNOは

一括購入ならです!

一括購入代金(通話SIMとセットの場合)
18,889円今ならキャッシュバックあり!

分割(24回)ならです!

分割購入代金(通話SIMとセットの場合)
870円×24回今ならキャッシュバックあり!

期間限定のキャッシュバックキャンペーンもあります。

NifMoでチェックしよう

BIGLOBEでチェックしよう

取り扱いキャリア 一括購入代金(最安プランの価格) 分割購入代金(最安プランの価格) コメント
楽天モバイル 19,800円(税抜) 891円(税抜)(×24回) ポイントなど駆使すれば、さらにオトクに!
契約中は楽天ポイント2倍!
DMM mobile 19,800円(税抜) 1,053円(税抜)(24回)  
NifMo 18,889円(税抜) 1,575円(税抜)(12回)  
BIGLOBE  分割のみ  870円(税抜)(×24回)  クーポンやキャッシュバックあり
LINEモバイル 19,900円(税抜) 一括購入のみ  
※上記金額は変更される場合があります。詳しくは各サイトにてご確認ください。(2017年4月17日現在)

このSIMが使えるよ

ドコモ系の
「nano-SIM」

Softbank系の
「nano-SIM」

ナオ
SIMはドコモの「nano-SIM」(iPhone5s以降のドコモSIMは使用OK)が使えるほか、 下記MVNOのSIMが使用できるよ。
au系のSIMは残念ながら使用できないようです。

スー
用語がわからへんって人はこの記事をチェックしてな〜。
スマホの「スペック」ってどう見たらいいの?

もくじよくあるスペック表スマホのOSってなに?スマホのカメラについて画素って何?1.25μmピクセルとかって何のこと?(開口部)F値とは?スマホのオートフォーカスの違いHDR撮影とは?4K動画撮影とは ....

続きを見る

このスマホに似ている機種をさがす

【雰囲気】清潔感のある白系 【雰囲気】落ち着いた大人の色味 1万円以下〜1万円台(とにかく安く使いたい) simreeセレクション おすすめランキング カメラの評価が高いスマホ ゴールドのスマホ(Gold) シルバーのスマホ(Silver) ソニー製カメラ搭載のスマホ はじめてのスマホに最適なのはコレ 白いスマホ(White) 黒いスマホ(Black)

Copyright© simree - シムリー , 2017 AllRights Reserved.