HUAWEI nova 〜コスパと機能のベストバランスな1台を選ぶとしたら、これしかありません!〜

更新日:

ベレ
HUAWEI「nova」は、若者に向けて立ち上げた 2017年2月24日に発売されたばかりの「nova(新星)」ブランドだよ
ナオ
定価はおおよそ37,800円(税抜き)と 廉価版として売り出されている「nova lite」と比べて少しお高めね
スー
「nova lite」と何が違うん?
ベレ
大きな違いは画面かな 「nova」は5インチだけど「nova lite」は5.2インチだよ 全体のサイズも「nova」の方がコンパクトになってるね
スー
liteの方が大きんかいって言いたくなるで
ナオ
もうひとつはCPUの違いよ 「nova Lite」では不具合が生じる可能性があったゲームが 「nova」ではサクサク動かすことができるわ
スー
少し高いだけの理由はちゃんとあるってことやな

端末カラー


ミスティックシルバー

チタニウムグレー
ローズゴールド

simree的いちおしポイント

え?この値段でこの機能?ってくらいの良バランス、iPhone的なものを求めているならコレです。

みんな大好きiPhone!確かにiPhoneって使いやすさではピカイチですが、格安SIMに乗り換えようと思っている人にとってSIMフリー版のiPhoneは中々にお高い…。(7の最安で78,000円なり)
確かにiPhoneは魅力的ですが、スマホは進化が早いので、今iPhone7を買っても来年は8?再来年は9?と、どんどん新しいものが出てしまいます。そのたびに8万円!と思うと、今買うべきか、来年買うべきかと迷ってしまいます。

でも格安スマホなら、iPhoneと比べても遜色ない機能で半額以下で買えちゃうんです。シムリーでは、スマホの寿命はせいぜい2年だと考えています。これは機能面の見劣りや速度的な部分もありますし、バッテリー寿命の限界もあるので、一概に2年とは言い切れませんが、だいたいそんな感じだと考えています。なので、スマホは消耗品だと割り切り、適度に買い換えていくのが良いのではないかと思っています。
その中でiPhoneについては、キャリアの戦略的な値引きにより、ほぼ0円(実際はそんなことはないはずですよ…うふふ)で手に入っていたということもあり、爆発的に普及してきましたが、スマホ1人1台時代とSIMフリー時代を迎え、月額のコストもスマホ購入のコストもユーザーがそれぞれの用途や目的に合わせて選べる時代になりました。
そんな中で1台80,000円!で・す・よ!奥さん!それに毎月の通信費!それが家族分!考えただけでクラクラする金額です。

というわけで前置きが長くなりましたが、このファーウェイnovaなら、なんと1台36,000円前後(Amazon価格)!で買うことができ、格安SIMと同時購入ならもっと安くなります。しかもこのnovaは安いだけじゃなくてコスパも高く、iPhoneと同様のアルミメタルボディにメモリは3GB、CPUもそこそこのスペックのものを搭載していますので何をするにも快適です。また指紋認証やカメラなど、日常的な使い勝手に関わる部分に妥協はありません。バッテリー持ちの評判も良いです。

デザインもすっきりとした嫌みのないデザイン。背面にかけて丸くなっているのと大きすぎない5インチサイズの画面で、手の小さな女子が持つのにもピッタリなサイズ。ゴールドもピンクも上品な色味で可愛いです。

スー
ベレ一押しのHUAWEIのスマホだけあって、コスパ最高やな
ナオ
音ゲーもばっちりできるってレビューがあったわ♡

HUAWEI nova liteで妥協が必要なところ

HUAWEI novaは、コスパに優れるモデルですが、iPhoneやxperia、Galaxyなどと比べると下記の部分で制約があります。
とはいえ、このくらいであれば普通に使用するならほぼ遜色ないですね!
ゴリゴリのゲームしないし、お風呂でスマホしないし、現金決済が安心!という方には、不満点が見つからないベストなスマホといえるのではないでしょうか。

nova liteと高級スマホはここが違う

  • 防水やお財布ケータイ、ワンセグの機能がない
  • CPUがちょっと非力(Snapdragon 625)※最新の3Dゴリゴリのハードゲームにはちょっと非力だけど、そのくらい。
ナオ
Snapdragon 625は最上級のスマホと比べると見劣りするけど、スペックにシビアな音ゲーでも問題なくできるよ。
スー
スペックスペックってようわからんわぁ…

スペック

OS Android 6.0 (7.0にアップデート予定) 寸法 141.2mm69.1mm×7.1mm(縦・横・厚さ)
カメラ 背面:1,200万画素 F2.2 像面位相差+コントラストAF HDRフラッシュ
前面:800万画素 F2.0
重量 146g
画面サイズ 5.0インチ IPS液晶(1920×1080) バッテリー容量 3,020mAh
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 625 オクタコア SIMサイズ nano SIM(DSDS機能あり)
メモリ 3GB USB USB Type C
ストレージ 32GB+microSD(最大128GB) その他特長 指紋センサー、GPS、電子コンパス

ベレ
これだけのハイスペックなスマホが格安で手に入るなんてびっくりだよ!
ナオ
スペック表の見方がわからないという人は、この記事を見てね
スマホの「スペック」ってどう見たらいいの?

もくじよくあるスペック表スマホのOSってなに?スマホのカメラについて画素って何?1.25μmピクセルとかって何のこと?(開口部)F値とは?スマホのオートフォーカスの違いHDR撮影とは?4K動画撮影とは ....

続きを見る

HUAWEI novaはどこで買えるの?

ナオ
格安SIMキャリアの取り扱いはかなり多め! キャリアなら保証がつけられたり端末値引きもあるので タイミングが合えば乗り換えるのもおすすめよ

端末と回線(SIM)を一緒に申し込む

「ファーウェイnova」が最安で買えるMVNOは

NifMoです!

一括購入代金(通話SIMとセットの場合)
33,334円

分割購入代金(通話SIMとセットの場合)
1,389円×24回

NifMoは2年連続顧客満足度1位!

NifMoへGO!

その他キャリアの価格

取り扱いキャリア 一括購入代金(最安プランの価格) 分割購入代金(最安プランの価格) コメント
楽天モバイル 34,800円(税抜) 1,566円(税抜)(×24回) ポイントなど駆使すれば、さらにオトクに!
契約中は楽天ポイント2倍!
mineo  37,800円(税抜) 1,575円(税抜)(×24回)   
DMM mobile 34,800円(税抜) 1,850円(税抜)(24回)  
BIGLOBE  分割のみ  1,570円(税抜)(×24回)  クーポンやキャッシュバックあり
※上記金額は変更される場合があります。詳しくは各サイトにてご確認ください。(2017年4月17日現在)

オンラインショップで端末のみを買う

ベレ
他にもSIMフリースマホ専門のショップgoo SimSeller で、アマゾンや楽天の最安値よりもオトクに買える場合もあるから、ぜひチェックしておいてね。

このSIMが使えるよ

  • ドコモ系の
    「nano-SIM」
  • au系の
    「nano-SIM」
  • Softbank系の
    「nano-SIM」

ナオ
novaはドコモ、au、ソフトバンクの全てのキャリアに対応しています。au系のSIMに対応しているスマホは珍しいのでau系の格安SIMの人はチェックですね。

スー
用語がわからへんって人はこの記事をチェックしてな〜。
スマホの「スペック」ってどう見たらいいの?

もくじよくあるスペック表スマホのOSってなに?スマホのカメラについて画素って何?1.25μmピクセルとかって何のこと?(開口部)F値とは?スマホのオートフォーカスの違いHDR撮影とは?4K動画撮影とは ....

続きを見る

このスマホに似ている機種をさがす

【雰囲気】清潔感のある白系 【雰囲気】落ち着いた大人の色味 2万円台(入門用やお子様用に) iPhoneから乗り換えにピッタリ simreeセレクション おすすめランキング ゴールドのスマホ(Gold) シルバーのスマホ(Silver) ソニー製カメラ搭載のスマホ はじめてのスマホに最適なのはコレ ピンクのスマホ(Pink) 安さと機能のいいとこ取り! 白いスマホ(White) 黒いスマホ(Black)

Copyright© simree - シムリー , 2017 AllRights Reserved.