格安スマホと格安SIMを『女子目線』でナビゲートします!

simree - シムリー

イオンモバイルで「データシェア」はできる?データ繰り越しは可能?

投稿日:

イオンモバイルの記事

大手携帯キャリアや主要なMVNOでは大容量のデータ容量をシェアしたり繰り越してお得かつ合理的に利用ができます。MVNOの中でも特に人気が高いイオンモバイルでは複数枚のSIMでデータシェアをしたり余ったデータ容量を繰り越せるのかについて確認していきましょう。

イオンモバイルでは、かなり柔軟にデータシェアができるよ

イオンモバイルではシェア音声プランというプランがあり、このプランを契約することで最大5枚のSIMでデータ容量のシェアができます。イオンモバイルではドコモ回線のSIMとau回線のSIMがあるのですが、シェア音声プランでは双方の回線を組み合わせて利用ができますし、最低でも音声通話SIMを1枚契約していれば後のSIMの組み合わせは自由にできます。
シェア音声プランの容量は4GBから最大で50GBまでと幅広くユーザーのニーズに応対していますし、余ったデータ容量を翌月まで繰り越すことが可能な上に手動で低速と高速の切り替えができて合理的に運用ができます。また1GBあたりのデータ容量が業界最安水準となっているので、とことん通信費用を削減したいと考える人も納得して利用することができるでしょう。

イオンモバイルのシェア音声プランなら家族でもおトク!

イオンモバイルのシェア音声プランを契約すれば家族でお得にスマートフォンを利用できたり一人で複数の端末をお得に利用することができます。例えば比較的データ容量の少ない4GBのプランを契約し、メインのスマートフォンと主に自宅で利用しているタブレットにデータSIMを利用すれば大手携帯キャリアのスマートフォンとタブレットのセットプランよりもお得かつ合理的な利用ができます。
また家族4人で利用したいという場合にはSIMを4枚契約し12GB以上の大容量プランを契約するのがおすすめです。シェア音声プランの12GBコースの月額基本料金は3,580円と大手携帯キャリアよりも圧倒的に安くなっているので大きな節約効果ができます。

イオンモバイルのシェアプランで注意が必要なこと

イオンモバイルのシェア音声プランにはメリットが数多くある一方で利用の際には気をつけなければならないことが幾つかあります。イオンモバイルの格安SIMはお昼や夜の時間帯など多くの人がスマートフォンで通信をする時間帯に通信速度が低下することが度々あるので、これらの時間帯にモバイルデータ通信をすることが多い人は要注意です。Wi-Fiなどをうまく併用していくのが良いですね。
イオンモバイルは他社と比べてデータ容量別にプランが細かく設定されていますし、20GB以上の大容量プランも多数あります。大容量プランの価格設定も業界最安水準となっているため、大容量の通信量を家族でシェアしてお得に使いたいという場合に特にメリットの大きいMVNOだといえるでしょう。

業界最安水準のイオンモバイルは、おすすめの格安スマホキャリア

イオンモバイルでは複数のSIMでデータ容量のシェアができるプランがあるため、複数の端末を格安SIMで利用したいと考えている人に最適なMVNOの一つです。基本使用料も業界最安水準なので、大容量プランもお得に利用できます。

adsense 336

adsense 336

似ている記事を探す

イオンモバイルの記事

こんな記事もおすすめです

Follow Me!

この記事が気に入ったらフォローしてね!
Please Follow ME !!

Copyright© simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.