格安スマホと格安SIMを女子目線でナビゲートします!

格安SIMと格安スマホを女の子にもわかりやすく|simree - シムリー

【Apple信者を黙らせたい】個人的にデザイン面で期待してるスマホメーカー8選

更新日:

裏シムリートーク

Pocket

中の人が吐き出す本音トーク裏シムリートーク【Apple信者を黙らせたい】個人的にデザイン面で期待しているスマホメーカー8選

お願い

「裏シムリートーク」は管理人の個人的で超主観的な「本音」を交えた内容ですので、若干disりが多かったりすることもあります(超個人的なものですよ)。ですので「またこんなこと言って〜」的に軽く流して読んでいただけると幸いですw。

Androidだってすごいのよ

Galaxy S8こんにちはsimreeの中の人です。毎年、春っぽさが感じられる季節になると「次のiPhoneは…」なんて話題がネットニュースやタイムラインを駆け抜けていきますね。

最近はiPhone絡みのリーク情報が驚くほど正確で、一昔前ならどっかのデザイナーが勝手にデザインした「妄想iPhone」を眺めながら、次のiPhoneに対する行きすぎた妄想に胸を膨らませる時期だったのですが、今は「iPhone 8 リーク」とでも調べれば、中国語と一緒に本物と見まごうような(というかたぶん本物)非常にリアリティのある写真がばんばん出てきます。

「次のiPhoneはカメラが…」「ホームボタンが無くなるらしい…」などなど、時期iPhoneに関する「噂」は枚挙にいとまが無いですが、私はひとこと言いたい

全部それ、Androidで出てるから

iPhoneは「5」くらいまではiPhoneは明らかに「先駆者」でした。時代の先を読める人が、卓越したセンスと感性で、当時はまだ発展の道半ばだった「スマートフォン」という高度なハードウェアと高度なインターフェースを融合させた新しい製品を作る。

そこには「想像の域を出ない未知の物を、現実の物として具現化させる」うえでの常人にはないアート的な感性と絶対的なセンスが不可欠だったと思います。

「それができる人」の存在については、あえて語りませんが、ハードウェアにもソフトウェアにも精通し、アート的なセンスと感性を持ち、未来を予見でき行動できる見識と胆力を兼ね備えた人物

じゃないと、「iPhoneの奇跡」のようなものは、もう起こすことができないと思います。少なくとも「スマートフォン」の分野では。

様々のパーツの組み合わせである「製品」は、「すでにある技術」の組み合わせなので、一旦あるカテゴリの「製品」としてできあがってしまうと、そこからは縦積みの発展しか見込めない成熟期に入ってしまいます。

「PC」しかり、「冷蔵庫」しかり、「車」しかりで。そこを支える縦積みの技術や知識の大本って、今ではかなりオープンなので、どこかの誰かやどこかの組織しか持ち得ないような情報なんてものは、そんなには多くないんだと思います。

だからある意味、その業界にいる人ならその辺の「雰囲気」は競合の製品が世に出る前から感じ取っているだろうし、競合から製品がリリースされた後なら簡単に「真似できる」

だからスマートフォンのメーカーによる機能的な差異ってどんどん無くなっています。もはやOSはiOSとAndroid両者のパクリ合いだし、機能面でもホームボタンが無くなるとかカメラが2個になるとか、今ある機能の延長線上の進化しかしていません。

もちろん新たなセンサーが付くとか、画面が両面に付くとかなんだかんだの広がりはあるかもしれませんが、おそらく誰もが思いつくことなので、どのメーカーも試作の段階で試していることだと思います。

でもきっとそんなもの「欲しくない」

スティーブ・ジョブズ的な「点と点をつなぐ」ような人の見ている世界では、もはやスマートフォンはただの「点」です。

それが別の「点」とつながって、あたらしい「何か」を産み出すことはあるかもしれませんが、「点と点をつなぐ人」が新たに「再発明」するものではすでに無くなってしまいました

そんなジュクジュクに熟したスマートフォン分野ですが、ひとつだけ、私達のお財布のひもを緩めて、すぐにそれが「欲しくなって」しまうようなキラーカテゴリがあります。

それが「デザイン」です。

スマホはやっぱり長時間持つものだし、人にも見られる物。「2眼カメラすげー!」って言われるより「そのスマホカワイイね。」って言われたい!っていうそこなんですよね。

iPhoneというかAppleはそこをやっぱ外していない。機能的な部分は別として、老若男女が欲しくなる、「おしゃれ」で、「セクシー」かつ「かわいい」

そんな製品が作れる。だからAppleはこと「製品デザイン」については、他社の3歩は先を行ってると思います。

それでAndroidなんですが、中華系のパクリデザインはともかくとして、決して「ダサい」わけじゃない

じゃあ何がダメなのかというと、「Android OSのインターフェースがメーカーによってバラバラ」なことなのかなと思います。

Googleは「みんな違って、みんないい」みたいなプロモーションをしていますが、「みんな違って、みんないい」のは外見だけの話で、使い勝手がみんな変わったら「ややこしい」んです。

機種変する度に「Xperiaがアレ」で「Galaxyがアレ」で「○○はアレ」で使い勝手が変わると、何かあればイチイチ自分で解決しないといけなくなるし、なにより面倒くさいです。

わからないことは気軽にそこら辺の人に聞きたい。メーカーは「Galaxyの次もGalaxy使えばいいじゃん。」って思ってるかもしれませんが、乙女の気持ちは移ろいやすいもの。

他にイケメンがいれば、そちらにも気が移ってしまうのが女の子です。(男の子もでしょ?)

Androidは、もはやたくさんのイケメンがいる「アイドルグループ」なんだから、もっとグループの未来を真剣に考えてほしいです。1人の自意識で全体をダメにしないで欲しい。

もうOSや中身の部分は「Googleだけが作ればいい」んです。カメラにこだわるのも、新しいセンサーつけるのも、そこはメーカーのこだわりを発揮してもいいですから、使い勝手の根幹に関わる部分は「Google先生のやり方」のみに統一して欲しい。それが間違いないかと。

そしてメーカーは外観のデザインや内部的な性能で勝負してください。わけのわからないアプリは、入れてもいいけど、消せるようにしてください

デザインだけは唯一自由です。某リンゴも含めて誰もが同じスタートラインに立っていると言えます。Appleのデザインが好きな人は多いけど、キライな人もいるんです!

Appleの路線じゃないデザインの方向性なんていくらでもありますし、そこを上手くやれば、カメラを6個付けるよりも、わたしたちのハートに刺さります。

これからのAndroidスマホが、OSの見た目を統一して、iOSみたいにアップデートを世界同時にして、外観のデザインと機能のみにこだわる。(そしてキャリアのウンコアプリを削除可能にする)これで世界穫れると思います!(もう穫ってますが…)

最終的に「選べる自由」は強いと思います。女子的には。

そんなAndroidの世界、デザイン面でもAppleに負けてないメーカーはあります!総合的には負けてるけど、気持ち的にはきっと負けてない。

パクリだなんだとApple信者から揶揄される(おまえもな)ことが多いAndoroidメーカーですが、それはデザインスキルの低い一部の悪い子たちだけで、優等生の真似してちょっとだけ構ってもらいたかっただけなんです。みんながみんなそうじゃない。

というわけで、中の人の独断と偏見で選んだ「デザイン良しのAndroidスマホ」を作り続ける「デザインガンバル」スマホメーカー7選をご紹介したいと思います!(中にはグレーなメーカーもあるけど…)

みんなこれからもデザインがんばって!(つかれた)

HTC(エイチティーシー)

私の友人で、これを「H(ヒ)T(タ)C(チ)」と読んでる人がいて、爆笑したことがありますが、HTCは台湾の会社ですね。そのままエイチティーシーと読みます。

日本でもauから「HTC Butterfly」などの人気機種をリリースしていて、記憶に新しいところではフラッグシップモデルの「HTC 10」を日本でもリリースしています。

その後、海外でいくつかモデルを出しているのですが、この「HTC U11」は、とっても美しい。この背面はなんとガラスなんです。

日本語ページもあるので日本でも発売する気満々だと思いますが、ぜひSIMフリーモデルとして出して欲しい〜。(auから出ましたね!SIMフリーではないけど…)

Xiaomi(シャオミ)※日本未上陸

「デザインガンバル」という“くくり”に入れて良いものかどうかが悩ましいところですが、グレーゾーンの扱いで…w。

製品のデザインはもちろん製品発表のプレゼン方法までアップルをパクるという、狂気じみたリスペクト(パクリ?)精神で、中国のAppleとまで言われた、中国本土では大人気の「格安スマホ」メーカーです。

革新的なのはその「コスパ」で、ハイスペックでデザイン性が高いのに、異常に安いという、日本に来たらある程度売れるのは確実なのに、なかなか来ない。待ち遠しい。

批判を受けながらも人気メーカーにまで上り詰めたのですが、最近でた「Mi MIX」はめちゃめちゃカッコいいです。

それもそのはず、デザインはあのフィリップスタルクです。パクリが多いながらもデザイン意識は高いメーカーなので、今後はオリジナルなデザインに力を入れていって欲しいですね。

Wiko

フランスのWikoは最近日本でもTommyを発売するなど、フランスではアップルを追い越し、サムスンに迫る2位にランクインする超人気メーカー。

見ているだけで元気が出るようなポップカラーのスマホを多数販売しています。スローガンの「Game Changer.」ってのが何か一発やらかしてくれそうでワクワクします。

海外ではラインナップ豊富ですし、オーディオなんかも手掛けているので、これからの日本での展開にも期待したいですね。

Motorola(モトローラ)

日本でもSIMフリーの格安スマホを積極的に展開しているMotorola。昔はカラフルポップでかわいいスマホが多かったのですが、最近は若干渋めのモデルが多いかな。

Android自体に余計なカスタマイズも無く、シンプルで使いやすいスマホなので、個人的には推しスマホです。

SAMSUNG(サムスン)

Galaxy S8

スマホのデザインも同じのばっかで飽きてきたよね。という中で出てきた革新。

これはスマホ界の中で明らかなイノベーションですし、アップルが目指している(た)のもきっとこのデザインでしょう。

イチAndroidファンとして、涙が出る思いです。「産まれてきてくれてありがとう。」高いけど…。サムスン

SONY(ソニー)

Xperia

一時はあのAppleでさえ憧れた、我らが誇る日本のソニー。どれにも似てないデザインは、日本を代表するデザインカンパニーの矜恃です。どや。

NuAns(ニュアンス)

Nuans Neo Reloded

日本のiPhoneケースなどを作っていた会社からリリースされたデザインスマホ「NuAns Neo」。

「デザインガンバル」ってほどには機種をリリースしていないですけど、新しいアプローチで攻めてるあたりに好感が持てます。

ちょっと分厚いのと、デザインがちょっと男性向きかなーとは思いますが、素材感を大事にするあたりが日本っぽくて好感もてます。

Google(グーグル)

Google

Google Pixelは、Googleが満を持して出したオリジナルスマホだそうだけど、前面デザインはアレに似てないかい?もう少しオリジナリティ全開で攻めていって欲しいところだけど、最初と言うことで様子を見てるんでしょうか?

なんか色々評価の高い機種なので、日本でも発売してくれないかなー。というかマーケティングもしやすいし、Googleが出したってことで余計な説明のいらないわかりやすい機種なので日本では売れると思うんですけど。かわいいし。

このスマホに似ている機種をさがす

裏シムリートーク

こんな記事もおすすめです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsimreeフォローしよう!

Copyright© 格安SIMと格安スマホを女の子にもわかりやすく|simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.