格安スマホと格安SIMを『女子目線』でナビゲートします!

simree - シムリー

IIJmioで「家族割」はできる?ドコモやauから家族で乗りかえたい!

投稿日:

IIJmioの記事

数多くあるMVNOの中でもいち早くサービスの提供を始めた老舗MVNOであり、最も多くの利用者がいるMVNOの一つがIIJmioです。主要なMVNOの多くでは家族割引サービスなどの家族でお得に利用できるプランがありますが、IIJmioでは家族割引サービスはあるのでしょうか。詳細を確認していきましょう。

IIJmioに「家族割」はあるの?

IIJmioでは複数枚のSIMで大容量の通信量がシェアできる「ファミリーシェアプラン」というプランの取り扱いがあり、実質的にこのプランが家族割引サービスに該当します。一般的なMVNOのシェアプランの場合です概ね3枚程度のSIMでデータシェアができるという内容になっていることが多いのですが、IIJmioのファミリーシェアプランは最大で10枚ものSIMでデータシェアができる点に大きな特徴があります。

加えてファミリーシェアプランの回線同士の音声通話発信が最大で60%割引になるメリットもあるので、家族間の通話をお得にできます。

IIJmioはauからでもドコモからでも乗りかえられる

IIJmioでは「ドコモ回線を利用したSIM」と「au回線を利用したSIM」から選ぶことができるので、手持ちのスマホをそのままで乗りかえる場合、対応できる機種数が多くなります。(ソフトバンクはSIMロック解除が必要です)
また、ファミリーシェアプランではどちらのSIMを発行してもデータシェアが可能というメリットもあるので、家族内で別々のキャリアを契約していた場合でも、スマホを買い換えずにIIJmioに乗りかえることができます。

IIJmioを家族で使うケースをシミュレーションしてみました

仮に家族4人でスマートフォンを利用していた場合、IIJmioに乗り換えるとどの程度安くなるのでしょうか。大手携帯キャリアで4家族4人で利用する場合と比較してみますと、大手携帯キャリアの場合、スマートフォン向けの無料通話分が無い最も安いプランを契約し、1ヶ月あたり15GBのデータ容量を家族4人でシェアするようにプランを組んだ場合、機種代と通話料を別とすると毎月およそ18,000円の費用がかかります。

一方でIIJmioのファミリーシェアプランの場合ですと毎月12GBのデータ容量を家族4人でシェアできるように音声通話を4枚発行してプランを組んだ場合、機種代と通話料を別にすると毎月の利用料金が5,760円となります。
単純なシミュレーションではありますが、IIJmioに乗り換えることで毎月およそ12,240円もの節約効果が期待できます。

IIJmioを家族で使用する際の注意点

IIJmioのファミリーシェアプランは非常にお得なプランでありますが、利用する上では気をつけなければならないことが幾つかあります。ファミリーシェアプランの注意点の筆頭ともいえるの「名義」です。大手携帯キャリアから乗り換えてファミリーシェアプランの音声通話SIMを利用する場合、予め名義を一つにまとめおかなければならないという制約があります。

結婚前にスマートフォンの契約をして別々の名義でそのまま利用し続けている夫婦などの場合、夫か妻の名義に変更をしてからIIJmioにMNPする必要があることを覚えておきましょう。
また多くMVNOがそうなのですが、IIJmioの支払い方法はクレジットカード支払いのみとなっているため、クレジットカードを持っていない人はそもそも契約ができないという点も注意が必要です。

IIJmioは家族で使うのにおすすめの格安スマホキャリア

IIJmioは家族がお得に利用できるプランがあるので家族単位で乗り換えをするのに最適なMVNOの一社と考えられます。同社のファミリーシェアプランは最大で10枚のSIMカードの発行に対応しているので、大人数の家族でも無理なく通信費の節約を図れます。

adsense 336

adsense 336

似ている記事を探す

IIJmioの記事

こんな記事もおすすめです

Follow Me!

この記事が気に入ったらフォローしてね!
Please Follow ME !!

Copyright© simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.