格安スマホと格安SIMを『女子目線』でナビゲートします!

simree - シムリー

IIJmioの『メリット』『デメリット』を事前に確認しておこう!

投稿日:

IIJmioの記事

MVNOの老舗の一社であり最も高い人気と知名度を誇るのがIIJmioというMVNOです。IIJmioの格安SIMには具体的にどのようなメリットがあり、どのようなユーザーにおすすめなのかということについて解説を行なっていきます。

IIJmioのここがメリット

IIJmioは初心者にも安心の格安スマホ

IIJmioの特徴として真っ先に挙げられるのが充実したプランと安心感です。IIJmioは格安SIMの出始めの頃からサービス提供をしている老舗ということで安心感がありますし、大手携帯キャリアと似たようなサービスが充実しているので初めて格安SIMへ乗り換えをする人でも快適に利用できるようになっています。
コミコミセットというプランを選択すれば無料通話分と通信費と端末代がセットで定額料金で利用できますし、家族で大容量のプランをシェアしてよりお得に利用できるファミリーシェアプランというプランの取り扱いもあります。
格安SIMとセットで購入できる端末の種類はMVNOの中でも屈指の多さですし、別途オプションに加入すれば定額料金で音声通話をし放題とすることもできるので、格安SIM初心者でも無理なく乗り換えができるのです。

IIJmioはauとドコモ回線の両方があるから、手持ちのスマホで乗りかえやすい

多くのMVNOではドコモ回線を利用したプランを展開してるのでドコモユーザーであれば乗り換えがしやすいもののその他のキャリアのユーザーは乗り換えがしにくいという実情があります。一方でIIJmioの場合、ドコモ回線を利用したプランに加えてau回線を利用したプランもあるのでauユーザーも乗り換えがしやすいというメリットがあります。また1ヶ月あたりのデータ容量が3GBのミニマムスタートプランでも2枚のSIMでデータシェアができますし、片方をドコモ回線のプランでもう一方でau回線のプランとして契約した場合でも双方でデータシェアができるようになっているため、自宅に眠っている端末を活用しやすい環境が整っているMVNOだと考えられるのです。

IIJmioは使い勝手が良いので、便利に使える

IIJmioはデータ容量を無理なく利用できますし、もしもデータ容量を使い切ってしまった後でも快適に利用できるというメリットもあります。もしもデータ容量が余ってしまった場合には複数枚のSIMでシェアできますし、シェアしても使い切れなかった分については翌月に繰り越して利用することができます。
また通信量を節約したい場合には高速データ通信量を消費しない低速モードに手動で切り替えができるので、例えば月末などに大容量通信をする予定がある場合などには低速モードに切り替えて通信量をとっておくことができるのです。
低速モードでは高速通信こそできませんが、IIJmioの格安SIMは低速通信時でも通信のし初めてからの一定量は通信速度が高速になるバースト転送が利用できるので、テキストなどの表示であれば低速通信時でもストレスフリーで利用できます。

次は、気になるデメリットについても見ていきましょう。

IIJmioのここがデメリット

IIJmioは格安SIM初心者でも快適に利用できるようなオプションやプランが充実していますし、単身契約でお得に利用できるだけでなく、ファミリーシェアプランというプランを契約すれば家族でお得に利用ができます。万人がお得かつ安心して利用できるMVNOと言っても過言ではないでしょう。MVNOの中でも特に評判の良い一社として人気のIIJmioですが、大手携帯キャリアのサービスと比較すると様々な点に違いがあるため万人におすすめができるわけではありません。IIJmioと契約する上で注意しておきたいポイントについて解説をしていきます。

今までの大手キャリアとはサービス内容が異なる

IIJmioと契約する上で特に気をつけなければならないことが利用できるサービスが限られていることや大手携帯キャリアと比較するとサポート体制に不安があるということになります。IIJmioへ乗り換えをした場合にはキャリアメールは利用不可となりメールはGmailなどのPCメールへ移行する必要があります。PCメールは相手方の設定によってはフューチャーフォンには正常に届かないことがあるのでフューチャーフォンのユーザーとメールのやり取りをする場合には注意が必要になります。
またインターネット通販などの際にキャリア決済が利用不可となりますし、契約については基本的にインターネットでの手続きとなり、実店舗での契約がしにくいという点にも留意が必要です。

契約後のサポートはWEBのみで店舗がない

MVNOによっては直轄のオフィシャル店舗を持つ会社もありますが、IIJmioの場合はビックカメラなどの大手家電量販店などで即日開通手続きこそできるものの、契約後のサポートなどを専門に行なってくれる直轄の店舗がないというデメリットがあります。加えて一部の大手MVNOでは口座振替支払いなどが可能ですが、IIJmioはクレジットカード支払いにしか対応していないためクレジットカードを保有していなければ契約が不可能となっている点も大きなマイナス点をいえるでしょう。
またIIJmioでは音声通話SIMには12ヶ月間の最低利用期間がある上にデータSIMにも2ヶ月間の最低利用期間があり、最低利用期間前に解約した場合には違約金が発生してしまうという注意点もあります。

IIJmioは容量別のプランが少ない

MVNOによっては利用できるデータ容量別に細かくプラン分けがされていることがあり、利用者は自身の用途に合わせて最適なプラン選択がしやすくなっています。一方でIIJmioの場合利用できるデータ容量別に3GB・6GB・12GBと僅か3種類しかプランの取り扱いがないため、他社と比較して的確なプラン選択がしにくくなっています。
また通信速度の安定性にも疑問符が付きます。スマートフォンで通信をする人が少ない時間帯であれば特に問題なく通信ができますが、回線が混雑する12時前後や19時前後の時間帯には高速データ通信量が余っていても極端に通信速度が遅くなってしまうことがあるので、これらの時間帯にはスマートフォンを利用することが多い場合には要注意です。

IIJmioは大手キャリアからも乗りかえやすくオススメのキャリア

IIJmioはお得な上に安心して利用できるMVNOですが、大手携帯キャリアのサービスやサポート体制に慣れきってしまっている場合や、キャリアメールは絶対に必要だという場合には不向きだと考えられます。乗り換えをする場合には大手携帯キャリアとは違うということを理解してから手続きを行いましょう。

adsense 336

adsense 336

似ている記事を探す

IIJmioの記事

こんな記事もおすすめです

Follow Me!

この記事が気に入ったらフォローしてね!
Please Follow ME !!

Copyright© simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.