格安スマホランキング-simree シムリー

女子目線で選ぶおすすめ格安sim

3GBの格安SIMを最安値で使える会社は〇〇だ!3GBを1000円以下で使える格安SIMも紹介!

投稿日:

ドコモやau、ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるのであれば、安くなるのは当然として、その中でもできるだけ安くランニングコストを下げたいのが人情です。

とは言え、料金的に安くできるデータ通信容量が1GB以下のプランでは心許ないところです。

普通に使っているつもりでも気がつけば規定容量を消費してしまって、速度制限に引っかかってしまう可能性もあり、ストレスの元になります。

そこで今回は実用的なデータ容量3GBで、低価格な格安SIM業者を紹介していきます。

データ通信専用のSIMの場合、SMSの有無で値段が変わってきますが、ここではSMSありの価格で最低ラインのものを選びます。

また、音声通話SIMの料金も併記しますが、データSIM優先にするので音声通話SIMの料金は安い順に並びません。

料金優先で選ぶ場合のリスク

できることとできないこと

ドコモやauなど3大キャリアでスマホを使うのであれば、単に自分が月にどのくらいデータを使うかを見越してプランを選べばOKです。

ところが、同じドコモやauの回線を使っているはずの格安SIMでは、データ容量もさることながら、もうひとつ別のことも考えなければなりません。

それは通信速度の問題です。3大キャリアが通信速度300Mbpsと謳っていれば、フルスピードで出ることはないにせよ、それなりの実効速度が出ます。

ところが、回線を借りている格安SIMの場合は、回線の中で使える帯域が限られています。使う人が多ければそれだけ実効速度も下がってしまうのです。

さらに600社以上ある格安SIM業者がドコモ、au、ソフトバンクの回線をシェアして使っているため、料金の安さは業者が払う回線使用料の安さとイコールになりがちです。

結果として、安いプランを提供している業者は回線速度も遅めということになります。

最低限使えるくらいのスピードが出ていればいいから、料金は安くしたい、という人は最安値で提供している業者を選ぶといいでしょう。

回線速度が速くて、しかも料金激安、という業者は基本的にないと思ってください。

月3GBの最安値はUQ mobile

UQ mobile 【ALL CONNECT】

こちらもCMではおなじみになっている大手の格安SIM業者です。

KDDIの系列会社なので、回線はauの回線を利用しています。

UQ mobileの場合、積極的にプッシュしているのが「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」という音声通話のサービス込みの料金プランです。

こちらのプランSを選ぶとデータ容量3GBで1回5分までかけ放題か、60分の無料通話のどちらかを選ぶことになります。

ただ、月額1,980円と価格だけ見ると決して安くはないので今回の趣旨に合いません。

気になる料金は?

UQ mobileにはもうひとつデータ高速プランというものがあります。

こちらはデータ容量月3GBで980円と格安です。

通話料がかかりますが音声通話プランを付けても1,680円と、上記の料金プランに比べると安くなります。

データ高速プランの方は公式サイトでもひっそり掲載しているくらいなので、会社としてはおすすめしたくないのでしょう。

しかし、料金だけ考えるのであればデータ高速プランを利用する方が安く上がります。

データ通信1,000円以下で使える格安SIM業者

最安値はUQ mobileでしたが、それ以外でデータ通信SIMを月1,000円以下で使える業者を紹介していきます。

上でも触れましたがSMSありのSIMをデータ通信のみで使った場合の料金ですので、SMSを使わなければもっと安い業者もあります。

ロケットモバイル

あまり聞きなじみのない格安SIM業者ですが、それもそのはず。

運営会社がどこか大手の系列会社というわけではなく、完全独立系の会社なのでマイナーな業者になっているわけです。

この業者のウリは200kbpsと低速ながらデータ使い放題で、月額298円という激安な「神プラン」です。

激安で遅い、でも使い放題という格安SIMの特徴を生かしたプランではありますが、今回の趣旨とは合わないので詳しくは触れません。

気になる料金は?

「神プラン」を推していますが、通常のデータプランも用意されています。

データ容量月3GBのプランではSMS込みで990円と格安です。

音声通話付きプランでも1,400円と業界最安クラスの料金設定になっています。

ロケットモバイルはドコモ回線以外にソフトバンク回線にも対応していますが、ソフトバンク回線の場合、通常プランが1GBと20GBしかないので選びにくい回線だと言えます。

DTI SIM

インターネットプロバイダーとして有名なDTIが運営している格安SIMです。

以前は使い放題プランで話題になっていましたが、現在は業界最安値の料金を前面に押し出しています。

気になる料金は?

その業界最安値クラスの料金プランですが、データ量月3GBで990円と確かに安い価格設定になっています。

音声通話を付けても月額1,490円とかなり低価格になっているのは間違いありません。

データ量月3GBで1,100円以下の格安SIM業者

1,000円以下で使える格安SIMに比べると若干インパクトが弱いですが、それでも1,000円ちょっとで月3GB使えるSIMは十分に安いと言えます。

mineo

mineo(マイネオ)

最近テレビCMでもちょくちょく見かけるようになったmineo。

関東ではあまりなじみがありませんが、中部から関西にかけてのエリアではインターネットプロバイダーとしておなじみのケイオプティコムが運営母体の格安SIMです。

mineoは元々au回線を使った格安SIM業者としてスタートしました。

その後、規模の拡大に伴ってドコモ回線とソフトバンク回線にも対応するトリプルキャリアの格安SIMになり、今に至ります。

気になる料金は?

このトリプルキャリアのうち、au回線のプラン(Aプラン)とドコモ回線のプラン(Dプラン)はデータ通信のみで月3GBを1,020円で使えます。

音声通話に関してはそれぞれに差があり、Aプランでは1,510円、Dプランでは1,600円、Sプランはだいぶ高めの1,950円になっています。

DMM mobile

DMMモバイル

オンラインゲームをはじめ、動画配信や投資などオンライン事業を幅広く手掛けているDMMが運営母体の格安SIMです。

こちらも業界最安値をウリにしている格安SIM業者で、データプランはかなり細かく設定されています。

気になる料金は?

その中でデータ量月3GBのプランはSMSオプションも合わせてぴったり1,000円です。

音声通話プランになると1,500円ですが、それでも十分安い価格設定だと言えます。

LIBMO

関東では聞きなじみのない格安SIM業者ですが、完全独立系の格安SIM業者ではありません。

静岡など中部地域を中心に展開しているIT系の事業者であるTOKAIコミュニケーションズという会社が運営母体になっています。

インターネットプロバイダーのT-COMなどと同じ運営会社です。

店舗展開もしているなど積極的にサービスの拡充を図っています。

しかし、現状では店舗はすべて静岡県内なので、実質的には公式サイトを介した申し込みやサポートの受付という形がメインです。

気になる料金は?

料金プランですが、データ量月3GBでSMSオプションを付けて1,020円となっています。

音声通話プランは1,580円ですので、データ通信のみの価格に比べるとやや高めの価格設定になっています。

エキサイトモバイル

ポータルサイトを中心にオンラインサービスを幅広く展開しているエキサイトが運営母体の格安SIMです。

イメージとしてはヤフーがヤフーの名前を冠したY!mobileを展開しているのと同様に考えるといいでしょう。

エキサイトモバイルの場合、毎月使った分だけ料金を払う従量課金制の「最適料金プラン」と定額で毎月契約した分のデータを使う「定額プラン」の2種類があります。

どちらもデータ量月3GBという区分はありますが、最適料金プランは「月3GBまで使った場合」の料金で、定額プランは「月3GBまで使える」料金という違いがあります。

気になる料金は?

最適料金プランの3GBではSMS込みで1,020円、定額プランの3GBでは1,040円と若干ですが最適料金プランの方が安くなっています。

音声通話はSMSと同じくオプション扱いになっており、月700円プラスで使えるようになります。

音声通話はそれなりに割高かも知れません。

U-mobile

比較的古くから格安SIM事業を展開しているU-mobile。

運営母体は定額制動画配信サービスのU-NEXTです。

U-mobileも月3GBのプランには2種類あり、音声通話が最初から込みになっている「U-mobile通話プラス」とデータ専用プランで二段階にわけて課金が変わる「ダブルフィックス」から選ぶことになります。

気になる料金は?

通話プラスの場合はデータ量月3GBにプラス音声通話で1,580円、データ専用のダブルフィックスでは1GB超3GBまでの料金がSMS込みで1,050円となっています。

ダブルフィックスを3GBまで使っても十分安いですが、1GB以下だとSMS込みでも830円と破格の料金になります。

契約すればどちらかの価格になるので、使って損はないでしょう。

楽天モバイル

言わずと知れた通販モールでおなじみの楽天が運営している格安SIMです。

こちらも最近積極的に店舗展開を始めており、公式サイトだけでなく大手量販店のコーナーや店舗でもサービスが受けられるようになりつつあります。

気になる料金は?

楽天モバイルでは実質データ使い放題の「スーパーホーダイ」をプッシュしていますが、音声通話込み、月2GBで通常料金が2,980円と割安感はありません。

本当に低価格なのは従来型の組み合わせプランで、こちらの場合データ量が他社に比べて100MBだけ多い月3.1GBでSMS込みだと1,020円で使えます。

音声通話をプラスすると1,600円と若干高めです。

BIGLOBE SIM

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円&音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(2/3まで)

古くはパソコン通信の時代から通信業界に存在している老舗で、インターネットプロバイダーとしてもおなじみのBIGLOBEが運営母体となっている格安SIMです。

気になる料金は?

BIGLOBE SIMでは普通の月額料金制が採用されており、最低容量は月3GBからになっています。

SMSがついて1,020円で利用できます。音声通話を付けると1,600円になるので若干高めになります。

BIGLOBE SIMはオプションがデータ・音声通話ともにいろいろ用意されているので、ベーシックな月額プランだけでなくオプションを付けることで、自分の使い道に合ったプランを組み立てられるメリットがあります。

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)

インターネット黎明期からあるプロバイダーのIIJが運営母体になっている格安SIMです。

格安SIMへの参入自体も早く、老舗かつ大手の業者だと言えます。

気になる料金は?

IIJ mioはシンプルな月額料金制になっており、3GB、6GB、12GBの3つしかありません。

3GBでSMS込みにした場合、月1,040円となっています。音声通話を付けると、こちらも1,600円なのでやや高めだと言えるでしょう。

NifMo

NifMo
名前だけ見ると聞き覚えがない業者のように感じますが、BIGLOBEと同じくパソコン通信時代から通信業界に参入し、現在ではインターネットプロバイダーとしておなじみのNiftyが運営母体になっている格安SIMです。

気になる料金は?

NifMoもシンプルな月額料金制になっており、3GB、7GB、13GBの3つから選ぶことになります。

SMS付きで月3GBのプランの場合月額1,050円となっています。

音声通話を付ける場合はこちらも1,600円になるので、他社と比べると思案のしどころになるかも知れません。

まとめ

ここまで月3GBのデータ量を安く使える格安SIM業者を紹介してきました。

音声通話プランの価格も示してきましたが、データ通信自体が安いので音声通話も決して高いわけではありませんが、データ専用に比べると割高感があります。

3GBを安く使いたいということであれば、音声通話に関しては割りきって使わないという選択肢が現実的かも知れません。

-おすすめ格安SIM

Copyright© 女子目線で選ぶおすすめ格安sim , 2019 All Rights Reserved.