格安スマホと格安SIMを『女子目線』でナビゲートします!

simree - シムリー

【データ容量別】安い格安SIMランキングTOP5を紹介!

更新日:

格安SIMはその名前の通り、安い料金でスマホを使えます。

しかし、格安SIMを運営している会社は年々増えており、その中から「どの格安SIMを選べばいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

格安SIMは、会社によってサービス内容や料金体系が異なるため、自分にあった格安SIMを探すのはとても大変です。

そこで、この記事では格安SIMの「安さ」に注目して、安い格安SIMのランキングを容量別に作成しました!

どの格安SIMを契約するか悩んでいる方は、この記事を参考に格安SIMの中で1番料金が安い格安SIMを選んでみてはいかがでしょうか?

殿堂
【2018年12月】格安SIM最新キャンペーンまとめ【格安スマホおすすめ10社】

このページでは『初心者におすすめな格安SIMキャリア10社』のキャンペーン情報をまとめています。 こ ...

検証対象の格安SIM一覧

SIMハッピー

今回、このランキングを作成するにあたって、調査を行った格安SIMは、

  1. イオンモバイル
  2. IIJmio(アイアイジェーミオ)
  3. mineo(マイネオ)…タイプA
  4. DMMmobile
  5. 楽天モバイル
  6. DTI SIM
  7. OCNモバイルONE
  8. NifMo(ニフモ)
  9. hi-ho(ハイホー)
  10. BIGLOBEモバイル
  11. U-mobile
  12. nuroモバイル(ニューロモバイル)…ドコモ回線
  13. LINEモバイル
  14. Links Mate
  15. Y!Mobile
  16. UQmobile

の16社です。

いずれの会社も、複数の回線を持っている場合は安いほうの料金で比較しています。

また、段階性のプランや機種とほかのオプションが組み込まれているプラン、機種と同時に購入する場合のプランは含んでいません。

調査対象のプランはすべて「音声通話付き」の「SIMのみ」契約した場合です。

それでは早速、容量別にTOP5を確認していきましょう。

【3GB以下の小容量編】安い格安SIMランキングTOP5

 

スマホ利用時のほとんどの時間がWi-Fiに接続して行う方や、ほとんどインターネットやSNS、動画視聴等を行わない方は3GB以下の小容量プランがおすすめです。

それでは、3GB以下の小容量プランが安い格安SIMランキングTOP5を発表します。

第5位|Links Mate

Links Mateの3GB以下のプランは、1GBのみです。

1GBプランの料金は1,100円で、今回調べた格安SIMの中で最安値となります。

ただし、1GBプランは上りも下りも最大通信速度が2Mbpsに制限されているので、注意が必要です。

Links Mateは、対象のゲームやコンテンツ、SNS利用時のデータを消費しないで使えるカウントフリーのオプションも月額500円で用意されています。

ゲームやSNSを楽しみたいけど、安い価格の格安SIMを選びたいという方におすすめです。

第4位|nuroモバイル

nuroモバイルの3GB以下のプランは、

・0.2GBを1,000円で使えるお試しプラン

・2GBを1,400円で使えるSプラン

の2種類。Sプランは最安値ではありませんが、最安値のプランとの差はわずか20円です。

月額1,000円で使えるお試しプランは、0.2GBしか使えませんが、今回調べた格安SIMの中で最安値となっています。

Wi-Fiに接続してデータ通信を行うため、データ容量を必要としない方は、nuroモバイルのお試しプランがおすすめです。

第3位|イオンモバイル

イオンモバイルで3GB以下のプランは、500MB、1GB、2GBの3種類です。

500MBが1,130円、2GBが1,380円で使え、いずれも最安値となっています。

3GBを超えると月額の料金も1,500円を超えてくるので、1,500円未満の料金で格安SIMを使いたい方におすすめです。

第2位|DMMmobile

DMMmobileで3GB以下のプランは、

・1GB…1,260円

・2GB…1,380円

・3GB…1,500円

の3種類で、1GB単位で選べます。

2GBの1,380円はイオンモバイルと並んで最安値。3GBの1,500円は最安値とわずか10円差。

1~3GBまでどのプランも比較的安めなので、どれくらいのデータ容量が必要かわからず、あとからデータ容量を増やす可能性がある方におすすめです。

第1位|DTI SIM

DTI SIMの3GB以下のプランは、1,200円で使える1GBのプランと、1,490円で使える3GBのプランです。

3GBを1,490円で使えるのは最安値、1GBの1,200円もLINEモバイルと並んで2番目に安い料金となっています。

DTI SIMは、3GBのプランを契約したい方におすすめです。

3GB以下の小容量格安SIMまとめ

3GB以下の小容量編で紹介した格安SIMの料金を表にまとめてみました。

こちらの表も参考にして選んでみてください。なお、太字で表示しているものが最安値です。

DTI SIM DMMmobile イオンモバイル nuro mobile Links Mate
200MB 1,000円/月
500MB 1,130円/月
1GB 1,200円/月 1,260円/月 1,100円/月
2GB 1,380円/月 1,380円/月 1,400円/月
3GB 1,490円/月 1,500円/月

□【5~8GBの中容量編】安い格安SIMランキングTOP5

SNSをよく使ったり、動画視聴も行ったりしたい方は5~8GBの中容量タイプがおすすめです。

第5位|LINEモバイル

LINEモバイルは、5GBを2,220円、7GBを2,880円の2種類です。

いずれのプランも最安値ではありませんが、LINE、Twitter、Facebook、Instagramの利用時は、データ消費を行わないカウントフリー機能が組み込まれています。

LINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費を行わないので、残ったデータ容量を動画視聴などのほかのことに集中して利用でき、おすすめです。

第4位|DTI SIM

DTI SIMの中容量タイプは5GBまで使えるプランのみで、月々の料金は1,920円となっています。

最安値ではありませんが、その差はわずか10円なので、比較的安い料金で利用可能です。

第3位|nuroモバイル

nuroモバイルでは、7GBのプランを最安値の2,200円で利用できます。

7GBは、docomoのタイプXiにねん、auのLTEプラン、SoftBankのホワイトプランの契約時に使えたデータ容量と同じなので、慣れている方も多いのではないでしょうか。

月々のデータ容量が7GBがちょうどいいという方におすすめです。

第2位|DMMmobile

DMMmobileの中容量タイプは、

・5GB…1,910円

・7GB…2,560円

・8GB…2,680円

の3種類です。

5GBの1,910円、8GBの2,680円が最安値となっています。

5GBや8GBはdocomoやau、SoftBankで現在契約している方も多いのではないでしょうか。

月々のデータ容量が5GBや8GBで十分だという方におすすめです。

第1位|イオンモバイル

イオンモバイルは、6GBを1,980円、8GBを2,680円で利用できます。

いずれも最安値のプランなので、6GBもしくは8GBを契約したい方におすすめです。

また、イオンモバイルには4GBというプランが用意されており、料金は月々1,580円で利用できます。

4GBのプランを用意しているのはイオンモバイルだけなので、3GBだと多いけど5GBだと余るという方にもおすすめです。

5~8GBの中容量格安SIMまとめ

5~8GBの中容量編で紹介した格安SIMの料金を表にまとめてみました。

こちらの表も参考にして選んでみてください。なお、太字で表示しているものが最安値です。

イオンモバイル DMMmobile nuro mobile DTI SIM LINEモバイル
4GB 1,580円/月
5GB 1,910円/月 1,920円/月 2,220円/月
6GB 1,980円/月
7GB 2,560円/月 2,200円/月 2,880円/月
8GB 2,680円/月 2,680円/月

 

【10GB以上の大容量編】安い格安SIMランキングTOP5

わ〜い

常にSNSを使っている方や動画視聴をたくさん行いたい方は、10GB以上の大容量データが必要です。

格安SIMでは10GB、12GB、13GB、14GB、15GB、20GB、25GB、30GB、40GB、50GBと選ぶ会社やプランによって様々なデータ容量が用意されています。

第5位|楽天モバイル

楽天モバイルの大容量プランは、

・10GB…2,960円

・20GB…4,750円

・30GB…6,150円

の3種類です。

いずれも最安値と比べると150円~160円ほど高くなります。

第4位|DMMmobile

DMMmobileの大容量プランは、

・10GB…2,890円

・15GB…3,980円

・20GB…4,680円

の3種類です。

今回調べた格安SIMの中で15GBを取り扱っているのはDMMmobileだけ。

また、10GB、20GBも最安値と比べてもわずか90円の差です。

第3位|イオンモバイル

イオンモバイルの大容量プランは、

・12GB…3,280円

・20GB…4,680円

・30GB…6,080円

・40GB…7,980円

・50GB…10,800円

の5種類です。

今回調べた格安SIMの中で、40GB、50GBの超大容量タイプを用意しているのはイオンモバイルのみ。

また、12GBというプランはBIGLOBEモバイルでも用意されていますが、イオンモバイルが最安値となっています。

第2位|DTI SIM

DTI SIMの大容量タイプは10GBのみと1種類のみですが、10GBの月額料金は2,800円の最安値となっています。

10GBあれば十分!という方は、最安値のDTI SIMがおすすめです。

第1位|mineo

mineo(マイネオ)

mineoの大容量プランは、

・10GB…3,130円

・20GB…4,590円

・30GB…6,590円

の10GB刻みの3種類です。

この中で、20GBを4,590円で使えるプランは最安値となっています。

20GBのプランは大手携帯会社でも提供されている容量なので、現在大手携帯会社で20GBを使っている方の乗り換えにおすすめです。

10GB以上の大容量格安SIMまとめ

10GB以上の大容量編で紹介した格安SIMの料金を表にまとめてみました。

こちらの表も参考にして選んでみてください。なお、太字で表示しているものが最安値です。

mineo DTI SIM イオンモバイル DMM mobile 楽天モバイル
10GB 3,130円/月 2,800円/月 2,890円/月 2,960円/月
12GB 3,280円/月
15GB 3,980円/月
20GB 4,590円/月 4,680円/月 4,680円/月 4,750円/月
30GB 6,590円/月 6,080円/月 6,150円/月
40GB 7,980円/月
50GB 10,800円/月

【容量無制限編】安い格安SIMランキングTOP4

海外でもバッチリ

格安SIMの中には、月に使えるデータ容量に制限を設けておらず、自由に使えるプランが用意されています。

ほとんどが通信速度に制限を設けているので、高速通信を必要としない方や、音声通話のみをメインに使う方におすすめです。

なお、容量無制限のプランは4社しかなかったためTOP5ではなくTOP4として紹介します。

第4位|DTI SIM

DTI SIMは、2,900円と今回調べた格安SIMの中では最高値となっています。

しかし、DTI SIMは通信速度が1日あたり1GB未満の利用であれば通常の通信速度で利用可能です。

1日1GBを超えるような利用を行う場合は、通信速度が200kbpsに制限されます。

料金はほかと比べて高いですが、通信速度を気にせず使えるためおすすめです。

第3位|U-mobile

U-mobileは、2種類の使い放題プランを用意しています。

最低利用期間が12か月間に定められているプランは2,730円、6月間のプランは2,980円です。

2種類のプランは、いずれも通常の通信速度で利用できますが、制限がかかる場合もあります。

第2位|楽天モバイル

楽天モバイルは、最大通信速度200kbpsで使い放題のプランを料金は、1,250円です。

その他のプランの通信速度制限にかかった場合の速度と同じなので、低速ですが、データ容量を気にすることなく利用できます。

楽天モバイルの中では最安値のプランなので、音声通話をメインに使いたい方や、高速通信は必要としない方におすすめです。

第1位|DMMmobile


DMMmobikeで用意されている使い放題プランは、1,140円の最安値です。

ただし、通信速度は最大で200kbpsとなっており、3日間で366MBを超えるとさらに速度が制限される場合があります。

通信速度を気にしないという方は格安のDMMmobileがおすすめです。

容量無制の格安SIMまとめ

容量無制限で紹介した格安SIMの料金を表にまとめてみました。

こちらの表も参考にして選んでみてください。

DMMmobile 楽天モバイル U-mobile DTI SIM
月額料金 1,140円/月 1,250円/月 2,730円/月 2,900円/月
最大通信速度 送受信200kbps 送受信200kbps 受信225Mbps/送信50Mbps 受信370Mbps/送信50Mbps

 

参考|データ通信料の目安

ここまで各容量ごとに、安い格安SIMをランキング形式で紹介してきましたが、中には「どのデータ容量を選べばいいかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、1GBでどれくらい使えるかの目安をまとめてみました。

データ容量を選ぶ際の参考にしてください。

  • ニュースサイトの表示…約3,490ページ
  • YouTubeの動画視聴…約3.3時間
  • 300文字以下のテキストメール送信…約204,800通
  • LINEでトーク送信…約500,000回
  • LINEで音声通話…約55.5時間
  • LINEでビデオ通話…約3.3時間
  • Skypeで音声通話…約29.2時間
  • 音楽ストリーミング再生…約833時間
  • 4分間の音楽ダウンロード…約250曲
  • GoogleMapで画面表示と拡大1回…約1,398回

また、現在利用している携帯会社で月々どれだけのデータ通信を行っているか確認ができます。

自分が現在利用しているデータ容量にあった容量を選ぶことがおすすめです。

まとめ

格安SIMは会社によってサービスや料金体系が異なります。

この記事では、容量別に安い格安SIMをランキング形式で紹介してきました。

全体的に見てみると、イオンモバイルとDMMmobileが安い格安SIMだということが分かります。

とにかく安い格安SIMを利用したい方は、自分が使用したいデータ容量の最安値を提供している格安SIMを選んでみてください。

殿堂
【2018年12月】格安SIM最新キャンペーンまとめ【格安スマホおすすめ10社】

このページでは『初心者におすすめな格安SIMキャリア10社』のキャンペーン情報をまとめています。 こ ...

-おすすめ格安SIM

Copyright© simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.