格安スマホと格安SIMを『女子目線』でナビゲートします!

simree - シムリー

DMMモバイルで「データシェア」はできる?データ繰り越しは可能?

更新日:

DMMモバイルの記事

DMMモバイルはデータシェアできる?DMMモバイルでデータシェアやデータ繰り越しはできる? 格安SIMはデータシェアをしたり通信量を繰り越したりできればよりお得に利用ができると考えられます。主要なMVNOの一社であり高い人気を博しているDMMモバイルではデータシェアや繰り越しはできるのでしょうか。詳細を確認していきましょう。

DMMモバイルには「シェアコース」があるよ!

DMMモバイルには最大3枚のSIMでデータシェアができるシェアコースがあり、このプランを契約することで複数の端末をお得に運用できます。シェアコースは家族以外にも友人や恋人と一緒にデータシェアができますし、15GBや20GBなどの大容量のプランもあるためよくデータ通信を行う学生にも利用をおすすめできます。もしもデータ容量が余った場合には翌月までデータ容量を繰り越せますし、逆に通信量を使い切ってしまって低速通信になって場合でも最初の一定量の通信が高速になるバーストモードがあるので安心して利用ができます。

さらにオプションとしてLINEやFacebookなどの通信量がカウントフリーになるSNSフリーというオプションもあるので、スマートフォンでは主にSNSしかしないという人にも向いている格安SIMだといえます。DMMモバイルは業界最安クラスの料金設定となっているので小容量のプランとSNSフリーなどのサービスをうまく組み合わせることで無理なく通信費の削減が可能です。

DMMモバイルの「シェアコース」の活用方法

DMMモバイルのシェアコースはデータSIM3枚で契約をしても音声通話SIM3枚で契約しても、データSIMと音声通話SIMを自由に組みわせて契約しても良しとなっているので、あらゆる活用方法が考えられます。

一人で利用する場合にはメインのスマートフォンに音声通話SIMを入れてタブレットとモバイルルーターにデータSIMを入れて使うことなども可能です。また3人家族の場合には音声通話SIMを3枚契約して大容量のプランを契約するのがおすすめです。

なおシェアコースでは1GBから7GBのコースを選ぶことも可能ですが、契約時には1GBから7GBのコースの選択はできず、これらの容量のコースを契約したい場合には一度8GB以上のコースで契約した後プラン変更の手続きをする必要があることを覚えておきましょう。

DMMモバイルの「シェアコース」の注意点

DMMモバイルのシェアプランは便利でお得なプランではありますが、複数枚の音声通話SIMでシェアプランを利用する場合にはやや注意が必要となります。シェアプランを契約する場合には名義を一つに統一している必要があり、名義がバラバラのままではMNPを利用しての乗り換えが不可となっているのです。電話番号と名義を変えずに複数回線をDMMモバイルに乗り換えてシェアコースを契約することはできないことを覚えておきましょう。

またDMMモバイルでは通信が集中するお昼や夜の時間帯には通信速度が遅くなってしまうことがあるという点にも注意が必要です。
一方でDMMモバイルには大容量のプランの取り扱いがあり基本使用料も業界最安クラスであることから、大量のデータ通信を安く購入して複数枚のSIMでシェアしたい場合に最適だと考えられます。

ギガあたりのコストが最安級のDMMモバイルは、大容量データをシェアするのにおすすめ

DMMモバイルでは誰とでもデータ容量のシェアができるシェアプランがありますし、大容量のプランがある上に月額利用料金も安いため、スマートフォンやタブレットなどの複数の端末をお得に運用したい場合に強くおすすめできる格安SIMです。

adsense 336

adsense 336

似ている記事を探す

DMMモバイルの記事

こんな記事もおすすめです

Follow Me!

この記事が気に入ったらフォローしてね!
Please Follow ME !!

Copyright© simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.