格安スマホと格安SIMを『女子目線』でナビゲートします!

simree - シムリー

ニフモの「解約方法」を念のため確認しておこう

更新日:

ニフモの記事



style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-7751809777792216"
data-ad-slot="6862604053">

ニフモの解約方法

ニフモは利用しているユーザーからの評価が高い格安SIMですが、いざというときの解約にどんな手続きが必要なのか気になっている方もいるのではないでしょうか?
今回はニフモの解約方法と、解約する際の注意点について解説してきます。

ニフモには最低契約期間があります

ニフモは最低契約期間が設定されていて、SIMカードの種類によってはこの期間中に解約をすると違約金を支払わなければならないことがあります。
データ通信対応のSIMカードは最初の1ヶ月でやめることができますし、違約金なしで解約可能です。

しかし、音声通話に対応したSIMカードを契約している場合、利用を始めた月の次の月からカウントして6ヶ月の間に解約すると8,000円の違約金が必要となるので注意してください。

つまり、ニフモの音声通話対応SIMカードを契約する際は、半年間使い続けるものなのかをしっかりと考えてから手続きをした方が良いでしょう。
いくら格安の料金で使えるといっても違約金を含めて考えるとコストパフォーマンスが良いとは言えなくなってしまうからです。

ニフモの解約方法

ニフモを解約する際は、会員サポートページにログインすると表示される解約・解除に関するメニューからNifMoの解除ページへ移行して手続きを行います。
サービス向上アンケートへの回答や解除時の確認事項のチェックを順番にこなしていき、サービスの解除を申し込めば解約の第一段階は終了です。
ただし、実際に解約が行われるのは手続きした日から約11日後です。

解約するタイミングを間違えると次の月の料金まで請求されることがありますから、カレンダーを見ながら慎重に解約の日取りを決めてください。
なお通話SIMプランを6ヶ月以内に解約する場合は解約手数料として8000円、MNPの転出を行う場合はその手数料として3000円がかかることも覚えておきましょう。

ニフモのサービスを解除しても@niftyの契約は続いているので、解除が終わった後は@niftyの解約を忘れず行う必要があります。
もちろん、そのまま@niftyの別のサービスを利用するつもりなら解約は不要です。

ニフモを解約する時の注意点

ニフモの解約手続きが終わったらSIMカードを返却する必要があります。
SIMカードはコピー用紙などの紙に貼り、封筒に入れて所定の住所へ郵送すればOKです。
速達や簡易書留を使う必要はなく、普通郵便としてポストか郵便局の窓口から出すだけで大丈夫なようですね。

月の途中で解約したとき、利用料金は日割り計算されません。
その月の間に何日利用したかに関わらず1ヶ月分の料金を請求されるので、解約は月末のタイミングに合わせた方がお得です。

ただし、既に説明した通り、解約の処理は即座に行われるわけではありませんから、月末から逆算して月の中頃には手続きをしている必要があります。
必ず11日後に解約されるというわけではなく多少前後することもあるようなので、ぎりぎりのタイミングは避けておいた方が無難です。

ニフモを解約する際は、期間に余裕をもって行いましょう

ニフモの音声通話対応SIMカードは、違約金を支払わずに解約するために利用期間の条件があります。
また、解約完了までのスケジュール計算も特殊なので、解約する際は料金支払いの面で損をしないように気を付けましょう。

adsense 336

adsense 336

似ている記事を探す

ニフモの記事

こんな記事もおすすめです

Follow Me!

この記事が気に入ったらフォローしてね!
Please Follow ME !!

Copyright© simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.