格安スマホと格安SIMを『女子目線』でナビゲートします!

simree - シムリー

楽天モバイルの『メリット』『デメリット』を事前に確認しておこう!

更新日:

楽天モバイルのメリット・デメリット評判の良さから最近人気が高まっている楽天モバイルですが、スマホを安く便利に使いたい人におすすめの格安スマホです。
業界最安クラスの価格設定に加えて、楽天市場などで使える楽天ポイントが貯められるので、お得に使いこなすことができますよ。
特に楽天市場など楽天関連のサービスをよく利用する人はお得になるシチュエーションが多いですね。

楽天モバイルの『メリット』は?

楽天モバイル独自の『スーパーホーダイ』がおトク!

楽天モバイルのメリットしては、やはりスーパーホーダイが安いという点が注目ではないでしょうか。
スーパーホーダイは楽天でんわ5分かけ放題とデータ通信使い放題がセットになったプランです。
楽天会員であれば、最安のプランSは1年目1980円で使うことができます。
会員ランクがダイヤモンドであればさらに500円引きの1480円になってお得です。
楽天市場を普段から利用している人にとっては業界最安クラスで使えるかなりお得なプランだと思います。
楽天でんわはアプリを経由する形ですが普通に通話することができますし、データ通信は毎月2GBの容量を使い切っても最大1Mbpsの速度で使い続けることができるので、使い勝手も問題ありません。
1Mbpsという数字は高画質の動画を滞りなく見れる速度なので、ついつい動画サービスを利用しすぎてしまう、そんな人にもぴったりですよ。

楽天モバイルは『楽天』サービスとの連携が魅力

楽天モバイルはその名前の通り、楽天が運営している格安スマホです。
そのため、楽天と関連したサービスが受けられる点も大きな魅力になっていますね。

例えば、ポイントサービスはとても魅力的です。

楽天モバイルを使い続けるだけで楽天スーパーポイントがどんどん貯まっていきます。
100円の利用につき1ポイントが貯まる仕組みですが、ポイントが貯まる理由はそれだけではありません。
なんと楽天モバイルを契約した状態で楽天市場で買い物をすると、付与されるポイントが+2倍されて3倍になるのです。
毎月5000ポイントという上限はありますが、楽天市場で買い物をする機会が多い人なら自然とポイントが増えていくことでしょう。
貯まったポイントはそのまま楽天市場で使ってもよいですし、楽天モバイルの月額費の支払いにも使うことができます。

つまり、使い道に困ることはないので、ポイントサービスが実質利用料金の割引になっていると言ってよいほどです。
業界最安クラスにプラスアルファでお得になるわけですから、コスパは抜群ですね。

楽天モバイルは、選べるスマホが多い!

選べる端末の種類がたくさんあることも楽天モバイルの大きなメリットです。
格安スマホというと端末の選択肢が少なく、自分好みのデザインのスマホがないというイメージを持つ人もいるでしょう。
しかし、楽天モバイルではSHARPやFUJITSU、ASUSやHUAWEIなどさまざまなメーカーの端末を選択することができます。
業界最安クラスの会社とは思えないほどです。

しかも1メーカーごとに1つの機種というわけではなく、複数の機種が用意されているのも嬉しいポイントではないでしょうか。
カラーバリエーションが豊富な機種も多いので、お気に入りの端末を見つけやすいと思います。
もちろん既に持っているiPhoneやAndroidスマホにSIMを挿入して使うこともできますよ。
また、スマホと比べると機種数は少ないですが、ガラケーを選べることも他の格安スマホにはなかなかない魅力です。

楽天モバイルは安さだけじゃないサービスが魅力

楽天モバイルは月2000円を切る業界最安クラスの値段で利用できるにも関わらず、通話・データ通信ともに満足できるサービス内容の格安スマホです。
ポイントサービスなど楽天の他のサービスと組み合わせれば、さらにお得感をアップさせることもできます。
大手キャリアから格安スマホに移行したいと思っているなら、楽天モバイルは良い選択肢になってくれると思いますよ。

では、デメリットも見ていきましょう

楽天モバイルの『デメリット』は?

MVNOの中でも屈指の人気を誇る楽天モバイルですが、利用の際には幾つかの注意点もあり、場合にとっては利用が向かないケースというのも存在しています。楽天モバイルのデメリットや具体的にはどのようなに向いていないのかということについて解説をしていきます。

大手キャリア時代のサービスが使えなくなる

大手携帯キャリアから楽天モバイルへと乗り換えるにあたって真っ先に注意しなければならないことが、楽天モバイルではキャリアメールが利用できないという点になります。基本的にはGmailなどのPC用のメールで代用することとなるのですが、PCメールは一部のフューチャーフォンでは正常に受信できないことがあるためフューチャーフォンを利用している人とメールでやり取りすることが多い場合には特に注意が必要です。
またインターネットなどで買い物をする際に便利なキャリア決済サービスも楽天モバイルでは利用できないのでキャリア決済で買い物をする事が多い人にもやや不向きと言えるでしょう。基本的にはキャリアが独自に導入しているサービスは楽天モバイルでは利用できないと認識しておきましょう。

時間帯によっては通信が遅いこともある

楽天モバイルはNTTドコモから通信回線を借りてサービスを提供しており、基本的にドコモから販売された端末であればSIMロック解除不要で端末の流用が可能なのですが、実は利用できる端末は4G端末のみという制約があります。3G端末を流用して使いたいという考えているユーザーは利用不可ということを覚えておきましょう。
また楽天モバイルは格安SIMの中でも特に契約者数が多いこともあって通信回線が混雑しやすいというデメリットがあります。平日のお昼の時間帯などには特に通信回線が混雑しやすく、混雑時には高速データ通信量が十分に残っていても非常に速度が遅くなってしまう事があるので、お昼の時間帯などに通信をよくするという人にも不向きと考えられます。

楽天モバイルは口座振替ができるけど…

楽天モバイルでは毎月の利用料金をクレジットカード支払いで支払える他、大手携帯キャリアと同じように口座振替で支払うこともできるので大手携帯キャリアからの乗り換えユーザーであればぜひ口座振替で支払いたいと思う人も多いでしょうが、口座振替支払いには幾つかのデメリットがあることを理解しておく必要があります。
口座振替支払いでは月額基本使用料やオプションの支払いはできるものの端末やアクセサリーの一括支払いや分割支払いには非対応となっているため、端末をセットで購入しにくくなっているのです。
またSIMの利用料金とは別に口座振替の支払い手数料として別途月額100円の手数料がかかるのでクレジットカード支払いと比較すると毎月100円余分に費用がかかってしまうのです。

『安い!』のが魅力の楽天モバイル!だけど注意も必要

楽天モバイルには大きなデメリットはありませんが、キャリアメールやキャリア決済などのキャリアのサービスが利用できないという注意点があります。キャリア独自のサービスを度々利用していて、初めて格安SIMへ乗り換えをするという場合には特別に注意する必要があります。

adsense 336

-楽天モバイル
-

Copyright© simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.