格安スマホと格安SIMを『女子目線』でナビゲートします!

simree - シムリー

UQモバイルのメリットデメリットまとめ

更新日:

UQモバイルのメリットデメリット

大手携帯キャリアから初めて格安SIMへ乗り換えをしてスマートフォンを利用しようと考えている人が安心・安全に利用できるMVNOとして人気が高いのがUQモバイルというMVNOです。UQモバイルと契約するメリットについて詳しく確認していきましょう。

UQモバイルのメリットは?

大手キャリア「au」のサブブランドだから安心感がある

UQモバイルを利用する最も大きなメリットとしてまず挙げられるのが大手携帯キャリアと同感覚で契約して利用ができるという点です。UQモバイルは大手携帯キャリアであるauのサブブランドであり、全国に実店舗を展開しているので大手携帯キャリアと同じように店頭窓口で端末の購入や契約後のサポートを受けることができます。またぴったりプランやおしゃべりプランというプランで契約をすれば、大手携帯キャリアと同様に端末の購入費用のサポートを受けることができるので、他のMVNOと比較して初期費用を節約して乗り換えができるのです。またぴったりプランやおしゃべりプランには無料通話分が付帯していますし、これらのプランを複数回線で契約すれば大手携帯キャリアではお馴染みの家族割引を受けることもできます。

速度面での評判が良い

UQモバイルはauと同じ通信回線を利用しているため、MVNOの中では屈指の通信速度の速さを誇ります。他の格安SIMと比較してUQモバイルは回線が混みあう時間帯でも通信速度が安定していますし、一般的な格安SIMでは高速データ通信量を使い切った後の速度は受信最大200kbpsとなるケースが多い中、UQモバイルは通信量を使い切った後の速度が300kbpsとなっているので、他社と比較して通信速度には絶対的なアドバンテージがあるのです。
加えてauのサブブランドという強みを活かして、セットでiPhoneが購入できるのもUQモバイルの大きなメリットです。UQモバイルで取り扱っているiPhoneや整備品や海外品のiPhoneではなく正規ルートで販売されている端末なので、安心できますし端末購入時にAppleCare+に加入することもできます。

auからの乗りかえが簡単!

auと同じ通信回線を利用しているUQモバイルはauから販売されている端末であればSIMロック解除をしなくてもそのまま端末の流用ができるので、現在auと契約している人であれば新しく端末を購入しなくても乗り換えがしやすいというメリットがあります。UQモバイルでは端末を購入しなくてもお得に利用できる高速プランやデータ無制限プランといったプランの取り扱いがあるので、これらのプランを利用すれば端末をそのままにして通信費を大きく節約できます。
高速プランとデータ無制限プランは2年毎に自動更新される契約の縛りがないというメリットがありますし、特にデータ無制限プランは下り最大500kbpsの速度の通信がデータ容量の制限無しでできるので、ヘビーユーザーでも安心して利用ができる内容となっています。

初めて格安スマホにする人でも、大手キャリア的な感覚で加入できる

UQモバイルはiPhoneがセットで購入できたり、店頭窓口で契約ができたり基本プランに無料通話分があったりと、大手携帯キャリアに限りなく近いMVNOとなっているため、特に初めて格安SIMを利用しようと考えているには絶対的におすすめができます。

3年連続格安SIMでNO.1のUQモバイルですが、あまり向かない人もいます。

UQモバイルのデメリットは?

UQモバイルは電話での通話が多い人には向かない

簡単に言ってしまえば、電話をよくする人にはあまりお勧めできません。大手キャリアと比べると、かけ放題プランなどがあまり充実していないからです。
もう一つ大きいのが、キャリアサービスが使えないことです。キャリア決済や、キャリアメールが使えないのは面倒と思う人も多いと思います。

今までのキャリア固有のサービスが使えなくなる

UQモバイルのデメリットの中で大きいのが、大手キャリアのサービスが使えなくなってしまう事です。普段何気なく使ってるとあまり気付きませんが、結構便利なのが大手のキャリアサービスです。
まず1番はキャリアメール(@docomo.ne.jp)のメールアドレスが使えなくなってしまいます。結構スマホのメールアドレスで登録してるサービスが多いと思いますが、これもすべて変更しないとけません。
もう一つは、キャリア決済です。最近はこれが結構便利で、スマホ料金と一緒に引き落としてくれるというものでとても便利です。なので、携帯ゲームに課金したり、月額サイトの使用料などでキャリア決済を使ってる人には、少し使いにくいと感じることもあると思います。
今まで何気なく使ってましたが、大手キャリアには便利なサービスもあったんですね。

UQモバイルは通信がauの「4G LTE」回線のみになる

UQモバイルの大きな特徴の一つですが、通信回線が、大手キャリアとは違い、auの4GLTE回線だけです。最近はあまり見ませんが、3Gという回線がありません。都心部に住んでるとあまり気にならないかもしれませんが、ひどい時は、3G回線がないので、auの4GLTE回線のエリア外ではすぐに圏外になってしまいます。都心部の人はよっぽど大丈夫ですが、田舎の方に住んでる人は確認する必要があると思います。
通信関係でもう一つ、UQモバイルは他の格安SIMと比べた場合は早い方ですが、やはり大手キャリアと比較すると少し遅く、特に平日のお昼の12時から13時頃は通信速度が遅くなるようです。
また、もう一つ通信関係で、注意が必要なのが、直近3日間で6Gを超えると通信制限がかかります。これは、ネットワークの品質や公平を保つためです。ただ3日間で6Gは相当使わないと行かないです。

UQモバイルは直接相談できる店舗の数が少ない

1番の売りは料金が安いことなので、、それに付随してUQモバイルにデメリットがいくつかあります。
1番は店舗が圧倒的に少ないです。料金に関する事を大手キャリアの様に店舗に言って直接聞くというのはすこし難しいです。店舗を減らすことで、支出を控えその分料金に反映しているという事だと思います。
また、プランの選択肢も少ないです。格安SIM全般に言えることですが、まず通話のプランは充実しておらずかけ放題のプランはあまりありません。さらに、UQモバイルはデータ通信のプランも少なく、プランS2G、プランM6G、プランL14Gと、その他として、高速3Gか無制限しかないです。この辺りもUQモバイルのデメリットと言えます。
もう一つUQモバイルの特徴として、2年縛りがあります。他の格安SIMでは解除手数料がないところもあります。

UQモバイルはデメリットさえ気にならなければ、特にauユーザーにはオススメ

いろいろとデメリットについて書きましたが、特に強いこだわりがある人でなければ、あまり気にならない物がほとんどだと思います。
実際に、大手キャリアから乗り換えたほとんどの人が、大手キャリアと特に大きな違いはないと感じてるようです。
月額料金が安くなるというメリットの方が、デメリットよりも大きいのではないでしょうか?

-UQモバイル
-

Copyright© simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.