格安スマホと格安SIMを『女子目線』でナビゲートします!

simree - シムリー

【高音質&高画質】新時代の通信技術「VoLTE」とは?

更新日:

突然ですが、「VoLTE(ボルテ)」という言葉を耳にしたことはありませんか?

VoLTEとは、高品質な通話を楽しめる新しい通話回線のことを言います。

なんとなくVoLTEについてわかっていても、

「どういったメリットがあるのかわからない」

「誰でもVoLTEを使えるの?」

「格安SIMでもVoLTEを使えるの?」

といった疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では新時代の通信技術「VoLTE」についてまとめて紹介します。

VoLTEが何かわからないことから、VoLTEについて詳しく知りたい人、格安SIMに乗り換えてもVoLTEを使いたい人はぜひこの記事を参考にしてみてください。

殿堂
【2018年12月】格安SIM最新キャンペーンまとめ【格安スマホおすすめ10社】

このページでは『初心者におすすめな格安SIMキャリア10社』のキャンペーン情報をまとめています。 こ ...

VoLTEとは

困ったな

VoLTE(ボルテ)とは「Voice over Long Term Evolution」の略で、簡単に説明するとLTE通信を利用した電話のことです。

VoLTEを利用すると、

  • 電話を呼び出すまでの時間が早い
  • 通話音声の遅延や音質の低下が起こりにくい
  • 通話しながらインターネットができる

といったメリットがあります。

また、テレビ電話も今までより高画質で利用可能です。

従来の通話とVoLTEの違い

従来のLTE(4G)は、データ通信専用として使われていたため、通話をするときには3Gの通話回線に切り替えてから通話をしていました。

LTEから3Gに切り替える際に少し時間がかかるため、電話を呼び出しが始まるまで(コール音が鳴りだすまで)に時間がかかっていたのです。

しかし、VoLTEならデータ通信でも、通話でも、同じLTE通信を利用しているので、わざわざ回線を切り替える必要がありません。

その結果、従来の3G回線を使った通話よりも、VoLTEのほうが早く電話を呼び出せるようになりました。

また、LTE通信は3G通信よりも大きなデータの送受信ができるので、高品質での通話や高画質のテレビ電話も可能です。

3G回線での通話に比べて、通信環境によって通話の遅延も少なくなったため、より快適な通話が楽しめます。

さらに、通話時に回線を切り替えずに、データ通信も行えるLTEの回線で通話ができるようになったため、電話をしながらインターネットをすることも可能になりました。

誰かと話しながら、メールを返したり、地図を見たりできるようになるので、VoLTE通話はとても便利なものと言えます。

VoLTEとIP電話との違い

「050」から始まる電話番号での通話や、LINEなどのアプリを使ったIP電話も、VoLTEと同じように、データ通信と同じ回線を使った通話です。

しかし、IP電話はデータ通信と全く同じ帯域の電波を使っているため、回線の混雑具合や速度によっては、通話の遅延や途切れなどが発生します。

一方のVoLTEは、データ通信の中でも通話専用帯域を使用しているので、安定した高品質の通話を楽しめるのです。

同じデータ通信回線を使う電話であっても、IP電話とVoLTEは別物だということを覚えておいてください。

VoLTE(HD+)とは

最近、VoLTE(HD+)というVoLTEがさらにパワーアップした通話も使える機種が増えてきました。

VoLTE(HD+)は、VoLTEよりもさらに高品質な音質での通話が可能です。

また、高い音もこもらず綺麗な音質で、聞き取りやすくなっています。

VoLTEのデメリット

考えるスピード

VoLTEを使うと高品質の通話が楽しめたり、通話をしながらインターネットができたりとメリットがあります。

しかし、

  • VoLTE同士でなければ使えない
  • エリア外の場合は3G通信になる
  • 同じ携帯会社の電波でなければ使えない

といったデメリットもあるので注意が必要です。

それでは、それぞれのデメリットについて詳しく説明します。

VoLTE同士でなければ使えない

VoLTEでの通話をする際は、相手もVoLTEに対応している必要があります。

ですので、3G回線を使ったスマホやガラケーの方や固定電話への通話の場合は、従来通り3Gでの通話となり、VoLTEでの通話はできません。

VoLTEの通話は自動で切り替えられるので、特別な設定は必要ありませんが、誰とでもVoLTE通話ができるわけではないという点は注意してください。

エリア外の場合は3G通信になる

VoLTE通話はどんな場所でも使えるわけではなく、エリア内でなければ使えません。

VoLTEが使えないエリアの場合は、従来の3Gでの通話となります。

いつでもとこでも、必ずしもVoLTE通話が使えるわけではないという点は注意が必要です。

同じ携帯会社の電波でなければ使えない

VoLTEの提供はdocomo、au、SoftBankの3社とも行っていますが、どの会社も同じ携帯会社同士でなければVoLTEの機能を使えません。

ですので、たとえ相手もVoLTE対応のスマホを使っていたとしても、同じ携帯電話会社同士の電波でなければ意味がないのです。

VoLTEを使うにはどうしたらいいのか?

クエスチョン

docomoやau、SoftBankの大手携帯会社を使っている場合、対象のスマホを購入すれば誰でもVoLTEを使えるようになります。

オプション料金も一切必要ありませんので、知らない間に自分のスマホもVoLTE対応になっていたという方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、Androidの場合は携帯会社により多少時期が異なりますが、2014年以降に発売された機種が、またPhoneの場合はiPhone6以降の機種がVoLTE対応のスマホです。

VoLTEを使って通話をしたい場合、特別な設定は必要なく通常通り電話をかければ、自動的にVoLTE通話が始まります。

格安SIMでもVoLTEが使えるのか

SIMハッピー

格安SIMでも、利用するスマホがVoLTE対応の機種であれば問題なくVoLTE通話を使えます。

大手携帯会社で購入したスマホはもちろん、SIMフリーのスマホであっても同様です。

SIMフリーのスマホは対象機種が少ないので、VoLTE通話をしたい方は事前に確認するようにしましょう。

auを使う場合は注意が必要

auのスマホを使う場合や、au回線の格安SIMを選ぶ場合、docomoやSoftBankと同じようにスマホがVoLTE対応であればVoLTE通話を使えますが、気を付けなければいけない点があります。

docomoやSoftBankと違ってauはVoLTE対応のスマホには専用のSIMカードを用意しており、VoLTE対応機種はVoLTE対応のSIMカードでしか使えません。

また、LTEにしか対応していないスマホにVoLTE対応のSIMカードを使うこともできないので、auのスマホを使って格安SIMに乗り換える場合は、SIMカードの種類を間違えないように注意が必要です。

自分のスマホがLTE対応なのか、VoLTE対応なのかを見極めるには、型番を確認するか、使っているSIMカードで確認ができます。

型番は「SHL25」や「SHV31」のように表記されており、アルファベットの最後がLであればLTE対応スマホ、VであればVoLTE対応スマホです。

また、SIMカードには番号が記載されており、⑤や⑥のSIMカードはLTE対応、⑨のSIMカードはVoLTE対応SIMカードとなります。

さらに、乗り換え先の格安SIMで提供されているSIMカードがLTE対応なのか、VoLTE対応なのかも確認が必要です。

格安SIMによってはLTEかVoLTEのどちらかしか対応していなかったり、どちらも対応していて選択が必要だったりするので、予め自分のスマホがどちらに対応しているのかを確認したうえで申し込みをしてください。

au回線を利用した格安SIM

au回線を利用した格安SIMをLTE対応なのかVoLTE対応の格安SIMかどうかまとめてみました。

LTEとVoLTEの両方が用意されている格安SIMの場合、申し込み時にどちらかを選択する必要があります。

各格安SIM公式サイトに用意されている「動作確認端末一覧」を確認すると、使いたい機種はどちらのSIMカードが対応しているのか記載されているので、申し込み前に必ず確認するようにしましょう。

また、VoLTE対応のSIMカードはマルチSIMと言って、自分が使いたいSIMカードのサイズに切り抜いて使うタイプが採用されています。

SIMカードにはサイズがあり、機種によって異なりますので、自分の使いたいスマホにあったSIMカードのサイズに切り抜くようにしましょう。

なお、SIMカードの切り抜きを間違えた場合、SIMカードの再発行が必要となり、手数料が発生するので注意してください。

UQmobile

UQ mobile 【ALL CONNECT】

おしゃべりプランS おしゃべりプランM おしゃべりプランL
月額料金 1,980円/月(1年目)

2,980円/月(2年目~)

2,980円/月(1年目)

3,980円/月(2年目~)

4,980円/月(1年目)

5,980円/月(2年目~)

通話 1回5分以内の国内通話かけ放題
データ量 3GB/月

(2年間/以降2GB)

9GB/月

(2年間/以降6GB)

21GB/月

(2年間/以降14GB)

 

ぴったりプランS ぴったりプランM ぴったりプランL
月額料金 1,980円/月(1年目)

2,980円/月(2年目~)

2,980円/月(1年目)

3,980円/月(2年目~)

4,980円/月(1年目)

5,980円/月(2年目~)

無料通話 60分/月 120分/月 180分/月
データ量 3GB/月

(2年間/以降2GB)

9GB/月

(2年間/以降6GB)

21GB/月

(2年間/以降14GB)

 

データ高速プラン データ無制限プラン
データ通信専用 音声通話付き データ通信専用 音声通話付き
月額料金 980円/月 1,680円/月 1,980円/月 2,680円/月

LTE対応:〇

VoLTE対応:〇

UQmobileはauと同じKDDIが運営しており、LTEにもVoLTEにも対応しているため、auから乗り換えがしやすい格安SIMです。

通話かけ放題のオプションが組み込まれたおしゃべりプラン、ぴったりプランか、データ通信がメインのデータ高速プラン、データ無制限プランの4種類から選べます。

また、UQmobileは口座振替に対応していたり、キャリアメールが月額200円で使えたりする数少ない格安SIMです。

mineoのタイプA

mineo(マイネオ)

基本データ容量 シングルプラン

(データ通信のみ)

デュアルプラン

(音声通話付き)

500MB 700円/月 1,310円/月
3GB 900円/月 1,510円/月
6GB 1,580円/月 2,190円/月
10GB 2,520円/月 3,130円/月
20GB 3,980円/月 4,590円/月
30GB 5,900円/月 6,510円/月

LTE対応:〇

VoLTE対応:〇

minoeは、ユーザー同士でパケットの出し入れができる「フリータンク」や、「マイネ王」というユーザー同士のコミュニティサービスを提供しているため、ユーザー同士の繋がりがある格安SIMです。

利用者が多いので、困った時に先輩ユーザーに助けてもらえるという点が最大の特徴と言えます。

また、最低利用期間がないので、格安SIMを試してみたいという方にもおすすめです。

IIJmioのタイプA

IIJmio(みおふぉん)

SMS機能付きSIM 音声通話機能付きSIM
ミニマムスタートプラン(3GB) 900円/月 1,600円/月
ライトスタートプラン(6GB) 1,520円/月 2,220円/月
ファミリーシェアプラン(12GB) 2,560円/月 3,260円/月

LTE対応:×

VoLTE対応:〇

IIJmioはVoLTEにのみ対応しており、LTEには対応していないので、利用時は注意が必要です。

プラン数は少ないのですが、データオプションを使うことで最大50GBまで利用できます。

また、データシェアができたり、家族宛ての通話が月に10~30分まではかけ放題になったりと、家族で使うのにおすすめの格安SIMです。

BIGLOBEモバイルのタイプA

【BIGLOBEモバイル】特典総額 最大16,400円(~2018年12月2日)

音声通話SIM SMS付きSIM
1ギガプラン 1,400円/月 -
3ギガプラン 1,600円/月 1,020円/月
6ギガプラン 2,150円/月 1,570円/月
12ギガプラン 3,400円/月 2,820円/月
20ギガプラン 5,200円/月 4,620円/月
30ギガプラン 7,450円/月 6,870円/月

LTE対応:×

VoLTE対応:〇

BIGLOBEモバイルはVoLTEにのみ対応しているため、LTE対応のauスマホは利用できません。

最大の特徴は、YouTubeなどの動画配信サービスや、音楽配信サービス、ラジオ配信サービス利用時はカウントフリーで利用できるエンタメフリーオプションというオプションが用意されている点です。

たくさん動画を見たり、音楽を聴いたりしたいという方は、BIGLOBEモバイルでオプションを利用することでお得に使えます。

QTモバイル

音声通話 データ+SMS
12か月目まで 13か月目以降 12か月目まで 13か月目以降
1GB 890円/月 1,450円/月 700円/月 800円/月
3GB 990円/月 1,550円/月 800円/月 900円/月
6GB 1,690円/月 2,250円/月 1,400円/月 1,550円/月
10GB 2,690円/月 3,250円/月 2,400円/月 2,550円/月
20GB 4,690円/月 4,900円/月 4,000円/月 4,200円/月
30GB 6,690円/月 6,900円/月 6,000円/月 6,200円/月

LTE対応:〇

VoLTE対応:〇

QTモバイルは、12か月間の最低利用期間を設けていますが、その期間は通常料金より割引された料金で利用が可能です。

au回線を利用した格安SIMの中には、au 4GLTEにのみ対応しており、3Gは対応していないものも多いですが、QTモバイルであれば、au 4GLTEだけでなく3Gのエリア内で利用ができます。

まとめ|VoLTEを使ってより高品質な通話を楽しもう

VoLTE通話は従来の通話と異なり、

  • 電話を呼び出すまでの時間が早い
  • 通話音声の遅延や音質の低下が起こりにくい
  • 通話しながらインターネットができる

といったメリットがあります。

オプション料金や設定も必要なく、

  • エリア内であること
  • 相手も同じ携帯回線のVoLTEを利用していること

という条件を満たせば誰でもVoLTEが利用可能です。

VoLTEを利用して、より高品質な通話を楽しんでみてはいかがでしょうか。

殿堂
【2018年12月】格安SIM最新キャンペーンまとめ【格安スマホおすすめ10社】

このページでは『初心者におすすめな格安SIMキャリア10社』のキャンペーン情報をまとめています。 こ ...

-教えてシムリー

Copyright© simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.