格安スマホランキング-simree シムリー

女子目線で選ぶおすすめ格安sim

nanosimとは?標準SIM・microsimとの違いや対応スマホを紹介!

投稿日:

格安SIMという言葉はすっかり定着してきましたが、この格安SIMの「SIM」とはどんなものか知っていますか?

ケータイやスマホの中に入れて使う「SIMカード」のことを一般的にSIMと呼んでいます。

ガラケー全盛の時代からすでに存在しているものです。

大手量販店で格安SIM業者のSIMカードだけ買ってきて、実際にSIMカードをスマホにセットしたことがある人もいるのではないでしょうか。

では、このSIMカードに種類があることは知っていますか?

SIMカードは1種類しかないと思っている人も多いかも知れませんが、実は3種類あります。

格安SIMを契約する上ではあまり重要なことではないですが、いざ格安SIMを契約してスマホを選ぼうと思ったときに知らないと面倒なことになります。

そこで今回はこのSIMカードについて、特に最近一番普及しているnanoSIMカードについてご紹介します。

また、nanoSIMカードに対応したスマホの機種についても併せて紹介していきます。

そもそもSIMカードとは何?

SIMハッピー

格安SIMを契約して、SIMだけ購入した人ならSIMカードがどんなものか見たことがあるはずです。

パッと見た目は銀行のキャッシュカードに付いているICチップのようなものが付いている小さなカードです。

SIMの場合は、そのICチップの中に契約者情報や認証情報が記録されています。

だから、スマホにSIMカードを入れることで格安SIM業者の電波(ドコモやauの電波)を拾うことができ、電話番号も固有のものが使えるようになるわけです。

SIMカードの種類について

オススメ格安スマホ

最初に登場したのが「標準SIM」と呼ばれるもので、縦25mm、横15mm、厚さ0.76mmというものでした。

ガラケーや初期のスマホに使われていました。

やがて、スマホに時代は移行して、スマホ本体がより小さく薄くなっていく流れの中で、標準SIMが合わなくなってきました。

そこで登場したのが、一回り小さいmicroSIMです。

microSIMは縦15mm、横12mm、厚さ0.76mmと厚みは標準SIMと変わっていませんが、縦横のサイズが標準SIMよりだいぶ小さくなっています。

さらにスマホのSIMカードスロットの占有面積を抑えることで、小さな筐体に多くの部品や機能を詰め込むことが必要になってきました。

microSIMよりもっと小さなSIMカードが必要とされ、そこで規格が標準化されたのがmicroSIMの次の世代にあたるnanoSIMというわけです。

nanoSIMは縦12.3mm、横8.8mm、厚さ0.67mmとなっています。

microSIMに比べて3割以上小さくなり、厚みも0.9mmほど薄くなりました。

2012年に登場したnanoSIMですが、当初はiPhone 5とiPad miniのみが対応している状況でした。

現在では、多くのスマホがnanoSIMを使うようになっています。

SIM同士の互換性はどうなってる?

auから格安SIMに乗り換える時のQ & A

標準SIM、microSIM、nanoSIMと3つの種類がどうなっているかはおわかりになったと思います。

では、それぞれに互換性はあるのでしょうか?

物理的な大きさは違いますが、電極の配置やデータの読み書きタイミング、耐衝撃性などの特性については、それぞれが同様に作られています。

ですので、とても高い互換性を持っています。

とは言え、nanoSIM対応のスマホに標準SIMを挿すことはできません。

ただ、その逆に標準SIMのスロットにはアダプターを付けることでnanoSIMやmicroSIMを挿すことはできるのです。

同様にmicroSIMの対応のスマホにはアダプターを使ってnanoSIMを挿すこともできます。

もっとも、アダプターを使って標準より小さなSIMを挿すことができるようになってはいますが、推奨される使い方ではありません。

アダプター次第ではSIMを入れられたものの、出せなくなったなどのケースもあります。

互換性があるからと言って、むやみにアダプターを使うのは相応にリスクもあるのです。

格安SIM業者では、今まではnanoSIM対応の機種だったのがmicroSIM対応の機種に変更した場合に対応できるよう、有償ですがSIMの交換をしてくれるところも多いので、アダプターより交換サービスを使う方が安全です。

SIMカードの持つ危険性

しくしく

上で触れましたが、SIMカードには契約者情報や認証情報が記録されています。

やる人はそうそういないと思いますが、例えば自分が使っているSIMを他人のスマホに挿すことで、自分の使っている電話番号で他人のスマホから発信することができます。

その逆も同じで、他人のSIMを自分のスマホに挿せば、他人の電話番号で自分のスマホから発信することができるのです。

そもそもスマホに一度挿せば取り出す機会は皆無なので、紛失する心配は限りなくゼロに近いのですが、万が一紛失するとSIMを悪用される可能性があるので、その認識だけは持っておくべきでしょう。

nanoSIM対応の代表的な機種を紹介

ここからはnanoSIMに対応した代表的なスマホを紹介していきます。

紹介する機種は大抵どこかの格安SIM業者で端末セットの対象になっている機種です。

ほとんどの機種は画面サイズが6インチ近くある大型のものになっています。

画面の大型化は最近のスマホのトレンドでもありますが、多機能化・高性能化が進んだ結果、SIMスロットの占有面積を小さくするためにnanoSIMが採用される傾向にあります。

iPhone 6s

格安SIMでiPhoneを安く使いたいという需要に応える形で、最近格安SIM業者が導入を始めているのがiPhone 6sです。

現行型のiPhone XS/XRから数えて4世代も前の機種になりますが、OSのアップデート対象にもなっていますし、まだまだ現役で使える機種です。

後継のiPhone 7とは防水対応ではないことと、イヤホンジャックが搭載されていることが実用上の大きな違いとなります。

スペック(6s Plusも掲載)

  • 画面サイズ 4.7インチ(Plusは5.5インチ)
  • 画面解像度 1334×750(Plusは1920×1080)
  • サイズ 67.1(W)×138.3(H)×7.1(D)mm
    (Plusは77.9(W)×158.2(H)×7.3(D)mm)
  • 重量 143g(Plusは192g)
  • ストレージ 16GB・64GB・128GB
  • CPU Apple A9
  • メインカメラ 1200万画素

iPhone SE

iPhoneの大画面化が進む一方で、iPhone 5のようなコンパクトなiPhoneを望む声が大きく、それに応える形でアップルが2016年にリリースしたモデルです。

外観はほぼiPhone 5sと同様ですが、CPUなどはiPhone 6sと同等で、かなりスペックアップされています。

また、最大通信速度などはiPhone 6と同じなので、iPhone 5sから6sまでのスペックが混在して搭載されている端末です。

もう2年以上更新されていませんが、ドコモやauなどのキャリアなどでもまだ販売されている現行型のiPhoneです。

スペック

  • 画面サイズ 4.0インチ
  • 画面解像度 1136×640
  • サイズ 58.6(W)×123.8(H)×7.6(D)mm
  • 重量 113g
  • ストレージ 32GB・128GB
  • CPU Apple A9
  • メインカメラ 1200万画素

HUAWEI P20 Lite

格安スマホの世界では主要なメーカーのひとつとなっているHUAWEI。

このP20 LiteはHUAWEIのPシリーズスマホの廉価機種として位置づけられている最新モデルです。

廉価モデルと言いながらもメインメモリは4GBと上位モデルに匹敵する容量を確保しています。

また、デザインも最近のトレンドである「ほぼ全画面」表示ができるようになっています。

上位モデルとはカメラ性能や画面サイズ、ディスプレイそのものが違うなどの相違点があります。

スペック

  • 画面サイズ 5.84インチ
  • 画面解像度 2280×1080
  • サイズ 71.2(W)×148.6(H)×7.4(D)mm
  • 重量 145g
  • ストレージ 32GB
  • CPU Kirin 659/オクタコア 2.36GHz+1.7GHz
  • メインカメラ 1600万画素・200万画素

ASUS ZenFone 5

パソコンやパソコンパーツの世界ではすっかりおなじみのメーカーであるASUSですが、格安スマホの世界でも主要なメーカーです。

「ZenFone」の名前でブランド展開しており、このZenFone 5は5シリーズのベーシックモデルという位置付けになっています。

AIを活用したカメラ機能や端末制御など、高度な機能を持った端末になっています。

ZenFone 5も流行の全画面表示モデルで、アップルのFaceID同様の顔認証機能なども搭載しています。

スペック

  • 画面サイズ 6.2インチ
  • 画面解像度 2246×1080
  • サイズ 75.6(W)×153(H)×7.7(D)mm
  • 重量 165g
  • ストレージ 64GB
  • CPU Qualcomm Snapdragon 636/オクタコア 1.8GHz
  • メインカメラ 1200万画素・800万画素

 

Essential Phone

最近登場したばかりの格安スマホです。

メーカーも新しく、この端末が第一弾の端末になります。

大きな特徴としては、フロントカメラがノッチの形で搭載されておらず、実質的に全画面がディスプレイとして使えるようになっています。

普通のスマホの場合、Androidを使っていればバージョンは公式の表記になっていますが、実際は端末に合わせてメーカ−がカスタマイズして搭載しています。

純粋なAndroid OSを搭載したスマホは、ほぼGppgleブランドで発売されていた機種に限られていました。

このEssential Phoneはその「純粋なAndroid OS」を搭載した珍しいモデルです。

さらに、まだほとんどのスマホが一世代前のAndroid 8を採用しているのに対して、このスマホは最新の9を搭載しています。

そういう意味でも異色のスマホと言えます。

スペック

  • 画面サイズ 5.7インチ
  • 画面解像度 2560×1312
  • サイズ 71.1(W)×141.5(H)×7.8(D)mm
  • 重量 185g
  • ストレージ 128GB
  • CPU Qualcomm Snapdragon 835/オクタコア 2.45GHz+1.9GHz
  • メインカメラ 1300万画素

AQUOS sense plus SH-M07

格安スマホというと、どうしても中国や台湾のメーカーが製造しているイメージが強いのですが、日本のメーカーも参入しています。

このAQUOS sense plus SH-M07はAQUOSの名前からわかる通り、シャープ製の格安スマホです。

シャープはドコモやauなどのキャリアにも端末を供給していますが、キャリア向けはどちらかというとハイエンドモデルの位置付けになっています。

ですが、格安スマホではミドルクラスからエントリークラスといった中間機種を供給しています。

今まで国産のキャリアスマホを使っていた人ならすんなり入れるのではないでしょうか。

また、日本製なのでおサイフケータイのような日本独自の機能にもきちんと対応しているのがうれしいところです。

スペック

  • 画面サイズ 5.5インチ
  • 画面解像度 2160×1080
  • サイズ 71(W)×151(H)×8.9(D)mm
  • 重量 157g
  • ストレージ 32GB
  • CPU Qualcomm Snapdragon 630 /オクタコア 2.2GHz+1.8GHz
  • メインカメラ 1640万画素

まとめ

ここまでSIMの種類からnanoSIMどはどういうものかとnanoSIMに対応した端末をいくつかご紹介してきました。

スマホは6機種しか紹介していませんが、ほとんどのスマホが現在はnanoSIM対応になっているので、もっと多くの機種があります。

現在使っている格安SIMがmicroSIMだったとしても、同じ業者で機種変更をするときにnanoSIMへチェンジすることもできるので、機種変更を考えていて機種選びをする祭には対応しているSIMの種類もきちんと確認するようにしましょう。

-教えてシムリー

Copyright© 女子目線で選ぶおすすめ格安sim , 2019 All Rights Reserved.