格安スマホと格安SIMを『女子目線』でナビゲートします!

simree - シムリー

スマホの「カメラスペック」って何を基準に見ればいいの?

更新日:

スマホのカメラスペックについて

スー
最近のスマホは画質がすごいもんな〜。でもスペックの見方がわからんねん♡

最近のスマホはカメラ性能が向上して、わかりにくい用語も増えてきたよね。ここでは簡単に用語を説明していくよ。
格安SIMハカセ
ハカセ

スペック表に戻る

よくあるスマホカメラのスペック

カメラのスペックの見方(表)

カメラの画素数って何の数?

スー
カメラは好きやけど、「画素」っていまだによく分からへんねんなあ
スマホカメラが画像を作りだすセンサー部分は小さな点で埋めつくされているんだ。そのひとつひとつを「画素」っていうんだよ
格安SIMハカセ
ハカセ
絵にするとこんな感じ↓
格安SIMハカセ
ハカセ

スーさんの卒業式

スーさんの卒業式

スー
なるほど。画素が多いほど写真のドットが細かくなるってことか〜

例えば、「1,200万画素」のカメラで撮影した場合には、1つの写真データに1,200万個のピクセルがあることになります。

ピクセルの個数が多ければ多いほど、「解像度」が高くなり、同じ写真でもより高精細なるので、アプリなどでの後加工する場合にメリットになります。また、写真をプリント出力する場合にも元の画像サイズが大きいので、より鮮明に出力されます。

でもちょっと待ってね。こうやって説明すると「画素数が多いほどイイ」というイメージになってしまうけど、実はそうでもないんだよね
格安SIMハカセ
ハカセ

画素数が多くなると細かな部分を滑らかに描写できるというメリットがありますが、構造上写真の画質が落ちやすいというデメリットもあります。(今度は光を受けとれる面積が減るため)

ただし、このあたりは本当に日進月歩なので、「画素数の高い低いが必ずしも画質に影響するわけではないこと」は覚えておいてください。

ちなみにiPhone 8のカメラ画素数は1200万画素で、いまのスマホカメラはだいたいこのくらいがベストバランスだと言われています。

ポイントは、画素数はあくまで画質の基準のひとつで、カメラメーカーの個性や調整具合によっても画質は変わるから、最終的には「自分の目で見てキレイと感じるか」ということだね
格安SIMハカセ
ハカセ

スマホのカメラに組み込んであるレンズや、内部の画像処理システムとの関係などで、最適な画素数は変化してきます。

そして、そこをうまく調整するのがメーカーさんの腕の見せ所です。最近のスマホは大体1200万画素前後が一般的ですので、この数字から極端にはずれていなければ、普段の撮影やSNSへのアップなどで不満に思うケースはあまりありません。

スー
なるほどな〜。画素も要素の一つやけど、あくまでメーカーさんの調整しだいってことか〜
そうだねー。写真の色味や雰囲気なんかは、メーカーの味付けで大きく変わる部分だから、メーカーサイトや商品レビューなどで、自分好みの写真が撮れるスマホを探すといいね
格安SIMハカセ
ハカセ

ものすごーく筆者の偏見が入るのですが、カメラ性能に定評のある格安スマホメーカーといえば、Appleファーウェイ星5モトローラASUS星4ってとこかな?

機種によっても違いますが、価格の高いものほどカメラ画質にこだわりがあるものが多いので、カメラにこだわる方はお気に入りの1台を見つけてくださいね。

スー
私はファーウェイP10に惚れてもーたわ♡
6,462view
SIMREEいちおしのSIMフリースマホ 迷ったらファーウェイP10にするべき5つの理由
ファーウェイP10がすごい!迷ったらP10にするべき5つの理由!【カメラ好きにいちおし!】

(PR広告ではないですヨ…w) 買いました!ファーウェイP10! ファーウェイのフラッグシップシリー ...

カメラの項目に戻る

「センサーの受光面積」ってなに?

スー
カメラの受光面積とかセンサーサイズとかって何なん?
それはレンズから受けた光をとらえる画像センサーの大きさのことを言うよ。カメラではレンズと同じくらい大事な部分なんだよ。
格安SIMハカセ
ハカセ
スー
ん〜。。(わかってない)
フィルムカメラで言えば、フィルムの部分になるね
格安SIMハカセ
ハカセ
スー
なるほど!そらわかりやすい!(昭和生まれ)
スー
じゃあこれもフィルムと一緒でサイズが大きい方が有利なん?(フィルム時代はフィルムサイズが大きい=画質が良いと言われていました)
画像センサーももちろん大きい方が有利なんだけど、スマホの場合はソフトウェアでも画質を調整できるから、一概にセンサーが大きい=画質が良いとは言えない部分はあるね。でも、大きい方が有利なのは間違いないね
格安SIMハカセ
ハカセ
スー
ふーん。でも「1/3.2型」とか「μmピクセル」とか表記が色々あってむつかしいわ
それは画像センサーの性能の話だね。「1/3.2型」はセンサーのサイズのことでセンサー自体の大きさのことをあらわすよ。(大きいほど良い)
格安SIMハカセ
ハカセ
「μmピクセル」は画素サイズのことで、センサーに敷き詰められた画素一つあたりの大きさのことをいうよ。(大きいほど良い)
格安SIMハカセ
ハカセ
スー
うーん、とっても難しい…なんのこっちゃわからんw

カメラセンサー

このあたりの話はデジタルカメラの性能の話でもかなり難しい部分なので、詳しくはこういった詳しい方の説明を読んでみてもらえればと思います。

でもぶっちゃけ、こういったカメラに詳しくないとわからない情報をあえて書くということは、それだけ「私、カメラ性能に自信があるよ!」ということの現れなので、この部分は「そうなんだー」というくらいに留めておいて、あとは実際の写真などを見比べる方が良いかと思います。笑

ちなみに「センサーサイズ」も「ピクセルピッチ」も大きい方が高性能と言われているので、比較する場合はそのあたりを参考にしてください。「μm」とか「1/3.2」とか単位がまたわかりにくいんですが、これも詳しい方がいます。笑

カメラの項目に戻る

「開口部 F2.0」とかってカメラスペックにあるけど一体なに?

スー
カメラ好きを公言する私が言うのもなんなんやけど…
な〜に?
格安SIMハカセ
ハカセ
スー
F値ってなんなんやろぉ〜。ほんまにわからへんね〜ん
もー。これだからにわかカメラ女子は〜。
カメラのF値というのは、レンズの中を光が通るときの明るさを数値で表したものだよ。
よく「F1.7」とか「F2.0」とか表記してあるよね?[/speech_bubble]

[st-kaiwa3]あー、バカにしたな!私はカメラ好きでも、どっちかっていうと写真の方やねん! 光とか空気とかをバシッとした構図でとらえるのが私の写真やねん![/st-kaiwa3]

[st-kaiwa3]市橋織江さんみたいな!
[/st-kaiwa3]

[st-kaiwa-14602 r]スーさんは写真に対しては熱いねぇ。
じゃあスーさんは「情熱写真家」ってことで…メモメモ[/speech_bubble]

[st-kaiwa3]そやねん!でもカメラの仕組みはわからんのん♡[/st-kaiwa3]

カメラのF値は、レンズの中を光が通る明るさを数値化したものです。「明るく」なればなるほど、光を多く取り込むことができ数値は小さくなります。一眼レフ用の大型レンズなどではF1.0なんてものも存在していて、一般的にF値が小さくレンズが明るいほど性能が良くなり、「ボケ」や「シャッタースピード」などに大きく貢献します。(ただし一眼レフの世界では明るさに比例してレンズの価格もとんでもなく高くなりますが…)

スマホ用でも最近はF1.7なんてものも登場してきていますが、スマホの場合はカメラセンサーが小さいので、「ボケ」の効果よりも「シャッタースピード」「ノイズの低減」「手ぶれ防止」「暗いところでの撮影」などの効果の方が大きいです。

ただ、最近では「デュアルカメラ」など、2つのカメラセンサーで異なる情報を収集し、ソフトウェア的な処理で擬似的な「ボケ」や一眼レフ風の「高画質」を作り出すスマホカメラも出てきたので、今後はそういう後加工や後処理に重点を置く方向に向かっていくんだと思います。そうなるとそのうち一眼レフを凌駕する画質を持つスマホカメラなんかも出てくるかもしれませんね。

[st-kaiwa3]カメラ好き(もとい情熱写真家)としては、複雑やなあ…[/st-kaiwa3]

[st-kaiwa-14602 r]これからは「後加工」で、どんな写真を撮っても20歳若く見えるようになるとか…

格安SIMハカセ
ハカセ
スー
それええな!採用!笑

カメラの項目に戻る

スマホのオートフォーカスって色々種類があるの?

スー
スマホの画質は良くなってるけど、写真がよくブレるんよね〜
それはスマホのオートフォーカス精度が弱いからだね。でも最近では一眼レフなどの技術を取り入れたりすることで、かなり改善されてきているよ
格安SIMハカセ
ハカセ
スー
スローモーションとかもあるもんな〜

スマートフォンに搭載されるカメラは、年々性能が格段に向上してきていますが、最近は特にカメラの焦点を自動的に合わせるオートフォーカス(以下AF)の機能が進化し、コンパクトデジタルカメラに負けない性能を持つものまで登場してきています。

ここではスマートフォンに搭載されているAFの種類と違いについて説明したいと思います。

カメラのAFの種類を大きく分けると「コントラストAF」「位相差AF」の2種類に大別することが出来ます。

コントラストAFは主にコンパクトカメラに多く採用されてきた経緯を持つタイプで、センサーが捉えた映像の明るい部分と暗い部分の明暗差を検知してピントを明暗差がハッキリとした部分に合せるのです。

それに対して位相差AFは主に一眼レフカメラに採用されたタイプで、センサーの後ろに2つの像を作りその像のズレを元にしてピントを合わせます。

この両者を比較すると、コントラストAFはカメラを小型化出来るメリットがありますが、ピントを合わせるスピードが遅く、明暗差が少ない場所ではピントが合いにくいデメリットがあり、位相差AFはカメラが大型化しますがAF性能が優れているというメリットがあります。

最近ではこれらの種類の他に、センサー部分に位相差AF機能を組み込んだ「像面位相差AF」が登場しており、コンパクトでAFスピードの速いタイプも登場してきています。

カメラの項目に戻る

最近よく見るようになった「HDR撮影」ってなに?

スー
カメラ撮るときにHDRって項目があってんけど、あれって何なん?
HDRというのはカメラに詳しい人ならわかると思うんだけど、露出オーバーで撮った写真と露出アンダーで撮った写真をちょうどいい感じに合成して、より高画質の写真を作りだす技術だよ。
格安SIMハカセ
ハカセ
スー
あ、カメラ勉強したとき習ったわ!(フィルム時代)私いっつもオーバー(真っ白)かアンダー(真っ黒)のどっちかしか撮られへんかったな〜

最近のスマートフォンのカメラに標準で含まれている機能の1つにHDR撮影というものがあります。HDRとは「High Dynamic Range」の略語で、写真で表現することが出来る「明暗差」を広げるための技術となっています。

HDR写真は露出の異なる3枚の写真を撮影して、編集ソフトで合成することで作られますが、スマートフォンのHDR撮影では編集ソフトなどを使用せずとも、撮影すると自動的に合成してくれます。

HDR撮影が最も効果を発揮するのは、直射日光が当たる場所など、光の量が多すぎて被写体がギラついてしまったり写真が暗くなってしまう時や、大空と大地といった風に明暗差がハッキリした場所での風景写真などで、HDRをオンにすると明るい部分も暗い部分もしっかりと描写することができ、より高画質な写真ができあがります。

しかし、逆にHDR撮影が逆効果になってしまう時もあります。

例えば動きの激しい写真をHDR撮影すると3枚の写真を撮る間に被写体が動いてしまっているので、合成するとブレた写真になる可能性が高いのです。

その他にも明暗差を強調した写真や色鮮やかな被写体を撮影する時にHDR撮影を利用すると、明暗差や鮮やかさが弱くなってしまうので使用しない方がよいでしょう。

カメラの項目に戻る

-教えてシムリー
-

Copyright© simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.