格安スマホと格安SIMを『女子目線』でナビゲートします!

simree - シムリー

スマホのCPUって色々あるけど、どれがいいの?

更新日:

スマホのCPUって何のこっちゃ?

スー
スマホめちゃめちゃ初心者のスーです

スマホマスターのハカセだよ
格安SIMハカセ
ハカセ
ナオ
ここでは、「スマホ用語の基礎知識」ということで、スマホにまつわる様々な「コトバ」について、スーさんとハカセの2人が解説していきますね♪

スマホのCPUって何?

スマホのCPUとは、人で例えると頭の良さ、回転の速さにあたります。

例えば、「今日の晩御飯どうしようかな?」と考えたときに、冷蔵庫の残りがアレで、気温が低いからあたたかいもので、次の日のお弁当にも入れられて、栄養バランスもよく、、、などなど、いろいろ考えますよね?

この悩んでるときに使っている頭の部分が、スマホのCPUということになります。

また人間の脳にはこんな機能はありませんが、CPUには「複数の脳(コア)で考える」といった荒業が使えます。

また二つどころか4つ、8つなど、人間では想像もつかないようなことがCPUの世界では可能になります。

コアをスマホの内部で働く【中の人】とたとえると、「コア数」は【中の人】の人数と考えればよいでしょう。

スマホの演算処理を行うコアの数は、多ければ多いほど性能があがります。「デュアルコア」なら2人で、最近主流の「クアッドコア」なら4人で仕事に取り組むわけです。

最新機種ではコア6つの「ヘキサコア」、8つの「オクタコア」も登場し、コア数は徐々に増えていく傾向にあります。

動画編集やゲームをバリバリ楽しみたいという場合は、なるべく多くのコアを搭載した機種を選んでください。

ただコアはそれぞれに電力を消費しますので、数が増えればバッテリーの持ちにも影響します。また発熱の問題も出てくるので注意が必要です。

スマホで使われる主なCPU

CPU表

だいたいスマホ(主にAndroid)で使われるCPUには、ハイエンド、ミドルレンジ、ローエンドの3種類があり、価格が高いものの方が処理性能が高く高速です。

また、約1年ごとにCPUが新しくなるので、同じハイエンドでも最新の機種の方がスピードは上がっていると思っていただいて間違いないと思います。

では、ハイエンドがすべてにおいて最高かというと、実はそうでもありません。

ハイエンドCPUは処理性能を中心にした設計がされているものが多く、そのぶん本体が発熱していきます。

それがそのまま電池持ちが短くなる原因になってしまうので、ハイエンドモデルは速度と電池持ちのバランスに常に悩まされています。

一方、中間のミドルレンジモデルは、速度よりも電池持ちを重視した設計になっている場合が多いので、人によってはこちらが良いという場合もあります。

スー
ミドルレンジでいいって人が多そうな感じやなぁ。やっぱ電池持ち良い方がいいもんな~

スペック表に戻る

adsense 336

-教えてシムリー
-

Copyright© simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.