格安スマホと格安SIMを『女子目線』でナビゲートします!

simree - シムリー

【徹底解説】 docomoを解約して格安SIMに乗り換える方法

更新日:

docomoを利用している皆さん!「もっとスマホ代が安くなればいいのに」と思ったことはありませんか?

そんな方におすすめなのが格安SIMです。

皆さんも「格安SIMにするとスマホ代が安くなる」というのはなんとなくご存知だと思いますが、実際に乗り換えてみようとしても

「どうやって格安SIMに乗り換えたらいいの?」

「docomoを解約するにはどうしたらいいの?」

「格安SIMってたくさんあるけど、どこの会社がいいの?」

などなど、分からないことがたくさんありますよ。

そんな疑問にお答えして、この記事では「docomoを解約して格安SIMに乗り換える方法」を徹底解説します!

docomoから格安SIMに乗り換える際の疑問に対する答えや、おすすめの格安SIMも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

殿堂
【2018年12月】格安SIM最新キャンペーンまとめ【格安スマホおすすめ10社】

このページでは『初心者におすすめな格安SIMキャリア10社』のキャンペーン情報をまとめています。 こ ...

docomoを解約して格安SIMに乗り換える際にかかる費用とは?

乗り換えるのにいくらかかるの?

まずdocomoを解約して格安SIMに乗り換える前に、費用がどれくらい必要なのかを確認しておきましょう。

docomoを解約して格安SIMに乗り換える際にかかる費用は、

  • docomoの解約金や手数料
  • 機種代金の残金
  • docomoの当月分の利用料金

の3種類です。それでは詳しく説明していきます。

docomoの解約金や手数料

docomoは契約してから2年間は必ず利用しないといけないといういわゆる「2年縛り」と呼ばれる仕組みを設けています。

2年経つと2ヶ月間の「更新月」と言われる期間が発生し、更新月以外の月に解約を行うと解約金を払わなければいけません。

しかし、更新月を迎えるタイミングで「このまま2年契約を更新する(ずっとドコモ割コース)」もしくは「契約を更新せず、ずっと更新月の状態にする(フリーコース)」2つのどちらか好きなほうを選択できるようになります。

もし、「フリーコース」を選択していれば2年経った後はいつ解約しても解約金はかかりませんが、それ以外の方は更新月以外の解約は9,500円の解約金が必要です。

また、docomoで機種を購入した際に「一括購入サポート」という割引を受けて機種代金を安く購入している場合、さらに解約金がかかる場合があります。

更新月については「My docomo」もしくはdocomoショップで確認が可能です。

次に、docomoで現在利用している電話番号を引き継いで格安SIMに乗り換える場合2,000円の「MNP転出料」という手数料が発生します。

また、新たに契約する格安SIMでも契約事務手数料が3,000円必要となるので、docomoを解約して格安SIMに乗り換える場合、最低でも3,000円~5,000円は必要です。

詳しい解約金や手数料に関しては解約時にスタッフからも説明を受けられるので、聞き逃さないように注意しましょう。

機種代金の残金

docomoで購入したスマホの分割代金がまだ残っている場合、docomoを解約した後も引き続き支払わなければいけません。

しかし、docomoでは機種を購入した際に24か月間毎月利用料金から割引を受けられる「月々サポート」というサービスを行っていますが、「月々サポート」はdocomoを解約した時点で受けられなくなります。

機種代金がいくら残っているかは「My docomo」もしくはdocomoショップで確認が可能です。

docomoの解約月分の利用料金

docomoを解約する月の利用料金は、解約した日にかかわらず1か月分を支払う必要があります。

同じ月の1日に解約しても、30日もしくは31日に解約したとしても支払う料金は同じで、日割り計算は行われません。

ですので、docomoを解約して格安SIMに乗り換える場合は、月の後半に行うことがおすすめです。

docomoを解約して格安SIMへ乗り換える際にかかる費用の支払い方法は?

解約金や手数料などの支払いは、現在docomoの利用料金を支払っている方法(クレジットカード払いや口座振替など)と同じ方法での支払いとなります。

ですので、解約月の請求額が高くなる可能性があり、あらかじめ注意が必要です。

また、スマホの機種代金の残額は今まで通り分割で支払うか、一括払いで済ませるかを選べます。

費用が高くてもdocomoを解約して格安SIMに乗り換えるべき?

docomoを解約して格安に乗り換える際にかかる費用は人によって3,000~数万円と様々です。中には思っていたよりも高いと感じた方も多いのではないでしょうか。

しかし、費用が高いと感じた場合であっても格安SIMに乗り換えることをおすすめします。

なぜなら、格安SIMのほうが断然に月々の利用料金が安くなる可能性が高いからです。

たとえば、mineo(マイネオ)という格安SIMに乗り換えれば月に3GBまで利用できてわずか1,600円。家族4人で使ったとしても6,400円です。

また、docomoで提供されているシェアパックのようなプランを提供している格安SIMもあります。

BIGLOBEモバイルという格安SIMであれば、家族4人で6GBを分け合うとトータル金額で4,850円。docomoのシェアパックと比べてもかなりお得になります。

ただし、あと数か月で更新月がくるという場合は、更新月を待ってからdocomoを解約して格安SIMに乗り換えるほうがおすすめです。

docomoを解約して格安SIMに乗り換える際の疑問と答え

格安スマホはどこで買えるの?

docomoを解約して格安SIMに乗り換える方法を説明する前に、

「家族でシェアプランを組んでるけど解約しても大丈夫?」

「貯めているdポイントは消えちゃうの?」

「SIMロック解除の手続きはしたほうがいいの?」

といった疑問にお答えします。

疑問①家族でシェアプランを組んでいる場合はどうしたらいい?

家族でdocomoを利用している方の中には、「シェアパック」という家族でデータ容量を分け合って使えるプランを利用している方も多いのではないでしょうか。

今回、家族全員でdocomoを解約して格安SIMに乗り換える場合は問題ありませんが、その中から数人だけ乗り換える場合は注意が必要です。

代表回線の方だけ乗り換える場合

特にシェアパックで注意が必要なのが、代表回線(親回線)になっている方が格安SIMへ乗り換える場合です。

代表回線がシェアパックから抜けてしまうと残った子回線はすべてシェアを解消され、1人1人の個別プランに変更となります。

そうなると今までデータ量をシェアすることで安く抑えていた通信費が高くなるので、代表回線のみ乗り換える場合は、事前にシェアパックの代表回線を他の子回線に変更しなければいけません。

代表回線の変更は、docomoショップで行えます。

子回線の方だけ乗り換える場合

子回線の方だけが乗り換える場合は、特に不都合はありません。子回線全員が乗り換えを行い、代表回線のみとなった場合、シェアは解消され個別のプランに自動で切り替わります。

子回線が減って、シェアの人数が減った場合は、プラン変更もしくは個別のプランに切り替えたほうが安くなる場合があるので、格安SIMの乗り換えと同時にプランの見直しがおすすめです。

疑問②貯めているdポイントは使いきったほうがいい?

docomoではスマホの利用料金に応じて「dポイント」が貯まるサービスを行っています。

このdポイントはdocomoを解約しても消えずに使えるので、焦ってポイントを消費する必要はありません。

ただし、dポイントを貯め続けるには、「dアカウント」を持っている必要があります。

あらかじめdアカウントを所持しているのか、また、そのアカウントIDとパスワードの確認はしておくようにしましょう。

疑問③SIMロック解除の手続きは必要?

docomoで購入したスマホはdocomo以外のauやSoftBankの回線が使用できないように「SIMロック」がかかっています。

SIMロック解除は、docomoのスマホでauやSoftBankの回線を使用できるようにするための手続きです。

多くの格安SIMはdocomo回線を使用しているので、SIMロック解除の手続きを行わなくともSIMカードを入れ替えるだけで使用できます。

ですので、docomoのスマホはSIMロック解除の手続きをしなくても問題はありません。

ただし、海外で現地のSIMを使う場合などSIMロック解除が必要になる場合もあるので、SIMロック解除の手続きはしておいたほうが安心です。

SIMロック解除の手続きはインターネットから無料で行えます。また、docomoショップでも手続きは可能ですが、その場合は手数料が3,000円必要です。

SIMロック解除ができるスマホ

docomoのスマホでSIMロック解除ができる機種は、

  1. 2015年5月以降に発売された機種であること
  2. 購入日から100日以上経過していること

の2つの条件を満たしている必要があります。

ただし、機種を一括払いで購入している場合は100日以内であってもSIMロック解除の手続きが可能です。

docomoを解約して格安SIMに乗り換える際に必要なもの

docomoを解約して格安SIMに乗り換える際に必要なものは、

  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • クレジットカード
  • メールアドレス

以上の4つです。それでは詳しく説明します。

本人確認書類

docomoを契約した際にも必要な、運転免許証や健康保険証などの身分証明書がdocomoの解約時、また格安SIMの申し込み時に必要です。

運転免許証を持っていない場合、証明書の種類によっては住民票が必要となる場合がありますので、あらかじめ用意をしておきましょう。

MNP予約番号

docomoで現在利用中の電話番号を引き継いで格安SIMに乗り換える場合(MNP)は「MNP予約番号」という11桁の数字が必要です。

電話番号を引き継ぐためのものなので、電話番号を新しく取得して格安SIMに乗り換える場合は必要ありません。

詳しい方法については後ほど詳しく紹介します。

クレジットカード

月々の支払いに使用するためのクレジットカードも必要となります。

docomoでは家族名義のクレジットカードであれば使用できましたが、格安SIMの場合ほとんどの会社が契約者の名義と支払先の名義が同じでなければいけません。

また、格安SIMの多くは口座振替に対応していないので、クレジットカードを持っていない場合は契約できる会社が限られます。

メールアドレス

格安SIMの多くは、@docomo.ne.jpのようなキャリアメールと呼ばれるメールアドレスが発行されません。

また、docomoを解約すると今まで使っていた@docomo.ne.jpのメールアドレスは使えなくなります。

ですので、契約後の連絡などを受信するために、契約時にメールアドレスが必要です。

メールアドレスはGmailやYahoo!メール、iCloudなどのフリーメールでも連絡がとれるものであれば問題ありません。

docomoで現在利用中の電話番号を引き継いで格安SIMに乗り換える方法(MNP)

MNP

それでは、docomoで現在利用中の電話番号を引き継いで格安SIMに乗り換える方法(MNP)を紹介します。

  • docomoからMNP予約番号を発行してもらう
  • 格安SIMへ申し込みをする
  • 格安SIMが届いたら設定をする

大まかな手順はわずか3ステップ。それぞれの方法を詳しく説明します。

1.docomoからMNP予約番号を発行してもらう

まずは、docomoから「MNP予約番号」という電話番号を引き継ぐために必要な11桁の番号が必要です。MNP予約番号の取得に手数料は必要ありません。

MNP予約番号の発行方法は、

  • docomoのスマホから「151」へ電話をかけて発行する
  • パソコンで「My docomo」にログインして発行する
  • docomoショップで発行する

の3つの方法から選択できます。

パソコンが使える場合は、パソコンで「My docomo」から手続きをする方法がおすすめです。

しかし、以下のどちらかに当てはまる場合はパソコンでの手続きができません。

  • 一括請求/一括送付サービスの代表番号
  • 3回選以上でファミリー割引を契約中の代表回線

その場合は、電話もしくはdocomoショップでMNP予約番号を取得してください。

また、MNP予約番号には15日間という有効期限が設けられています。

格安SIMの多くは「〇日以上有効期限が残っていないといけない」という決まりがあるので、MNP予約番号の取得は格安SIM乗り換えの直前がおすすめです。

2.格安SIMに申し込みをする

MNP予約番号が取得できたら、格安SIMの公式サイトにアクセスして申し込み手続きを行います。

家族とまとめて乗り換えを行う場合は、MNP予約番号の入力を間違えないように注意してください。

3.格安SIMが届いたら設定をする

格安SIMは通常数日~1週間程度で自宅に届きます。格安SIMが届いたらSIMカードを入れ替えて設定を行えばdocomoから格安SIMへの乗り換えは完了です。

MNP予約番号を使って乗り換えを行った場合、格安SIMの設定が完了した時点でdocomoは自動解約となります。わざわざdocomoショップに行って解約をする必要はありません。

□新しい電話番号を取得してdocomoから格安SIMに乗り換える方法

docomoで現在利用中の電話番号を引き継がず、新しい電話番号を取得して格安SIMに乗り換える方法は、

  • 格安SIMへ申し込みをする
  • 格安SIMが届いたら設定をする
  • docomoを解約する

の3ステップで、誰でも簡単に行えます。

気を付けなければいけないのは、docomoを解約する前に格安SIMの申し込みを済ませなければいけないという点です。

格安SIMの申し込みが終わる前にdocomoを解約してしまうと、スマホが使えない期間ができてしまうので、必ず格安SIMの申し込みが完了してからdocomoの解約を行うようにしてください。

また、格安SIMの申し込みだけを行ってdocomoの解約を忘れてしまうと、2台分の料金を支払わなければいけなくなるので、注意が必要です。

docomoの解約方法

docomoを解約するためにはdocomoショップへ行く必要があります。残念ながら、電話やインターネットからは一切解約手続きはできません。

docomoを解約する際に必要なものは

  • 使用していたスマホとSIMカード
  • 契約者本人の本人確認書類

の2点です。

スマホ本体には格安SIMが挿入されているはずなので、docomoで利用していたSIMカードを持っていくのを忘れないように気を付けてください。

また、契約者本人が解約にいけない場合は委任状を用意すれば代理人でも手続きが可能です。

委任状はdocomoショップで貰えるほか、docomo公式サイトからもダウンロードできます。docomo公式サイトでは記入例もあるので、参考にしながら記入を行ってください。

docomoから乗り換えるのにおすすめの格安SIM3選

最後に、docomoから乗り換えるのにおすすめの格安SIMを3社紹介します。

docomo回線を取り扱っている格安SIMは多いので、どの会社にするか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

1つ目は、mineo(マイネオ)というケイ・オプティコムが運営している格安SIMをおすすめします。

mineoはテレビCMも放映しており、知名度が比較的高い格安SIMです。そのおかげもあってか、契約回線は100万回線を越えています。

また、格安SIMに関する賞をたくさん受賞している会社なので、安心して利用できる点もおすすめポイントです。

mineoの料金プラン【Dプラン(docomo回線の場合)】

基本データ容量 シングルプラン

(データ通信のみ)

デュアルプラン

(音声通話付き)

500MB 700円/月 1,400円/月
3GB 900円/月 1,600円/月
6GB 1,580円/月 2,280円/月
10GB 2,520円/月 3,220円/月
20GB 3,980円/月 4,680円/月
30GB 5,900円/月 6,600円/月

mineoはデータ専用のプランか、音声通話付きのプランかのどちらかで500MB~30GBまでの好きなデータ容量を選択できる料金体系です。

mineoにはdocomoのように決められたデータ容量を分け合う形のシェアパックは用意されていません。

しかし、使わないデータ量をプレゼントできる「パケットギフト」や、翌月に繰り越した分のデータ容量を分け合えって利用できる「パケットシェア」というサービスがあります。

「パケットギフト」も「パケットシェア」も家族だけに限らず、mineoユーザーであれば友達や恋人であっても利用可能です。

また、mineoユーザー全員で余ったデータ容量を貯め、使いたい時に毎月1GB引き出せる「フリータンク」といmineoユーザー全員でデータを共有できるサービスもあります。

BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイル】特典総額 最大16,400円(~2018年12月2日)

BIGLOBEモバイルは、docomoが提供している「シェアパック」と同じようにデータ容量を家族で分け合える格安SIMです。

家族でBIGLOBEモバイルへ乗り換えると、1人ずつ契約してもdocomoの時よりもスマホ代は安くなりますが、シェアを組むとさらにお得になります。

BIGLOBEモバイルの料金プラン

音声通話SIM SMS付きSIM データ専用SIM
1ギガプラン 1,400円/月 - -
3ギガプラン 1,600円/月 1,020円/月 900円/月
6ギガプラン 2,150円/月 1,570円/月 1,450円/月
12ギガプラン 3,400円/月 2,820円/月 2,700円/月
20ギガプラン 5,200円/月 4,620円/月 4,500円/月
30ギガプラン 7,450円/月 6,870円/月 6,750円/月

BIGLOBEモバイルは3GB~30GBまで(音声通話SIMのみ1GBも選択可能)で好きなデータ容量を選択でき、3GB以上のプランであれば家族でデータをシェアできるのが特徴です。

データをシェアする場合、docomoと同じように代表回線のみ上記のいずれかの料金を支払い、子回線はそれぞれ900円(音声通話SIMの場合)を払うだけ。最大5人でデータをシェアできるので、家族での乗り換えにおすすめです。

楽天モバイル

インターネットショッピングで有名な楽天が運営している楽天モバイルは、MM総研が調べた「国内MVNO市場規模の推移(2018年3月末)」で、契約者数No.1に輝きました。

格安スマホがお得に変えるキャンペーンも常時行っているので、スマホを買い換えたい方にもおすすめです。

楽天モバイルの料金プラン【組み合わせプランの場合】

通話SIM SMS機能付きSIM データSIM
ベーシックプラン 1,250円/月 645円/月 525円/月
3.1GBプラン 1,600円/月 1,020円/月 900円/月
5GBプラン 2,150円/月 1,570円/月 1,450円/月
10GBプラン 2,960円/月 2,380円/月 2,260円/月
20GBプラン 4,750円/月 4,170円/月 4,050円/月
30GBプラン 6,150円/月 5,520円/月 5,450円/月

楽天モバイルには、「スーパーホーダイ」という料金プランと「組み合わせプラン」という2種類のプランから選べます。

組み合わせプランは、通信速度が低速ながらデータ使い放題なベーシックプランか、もしくは3.1~30GBまでの好きなデータ容量のプランを選べるプランです。

余ったデータ容量は翌月に繰り越されますが、オプションで毎月100円支払うと繰り越した分のデータ容量を楽天モバイルの契約者に分け合える「データシェア」が利用できます。

楽天モバイルの料金プラン「スーパーホーダイ」について

スーパーホーダイは月額の基本料金に、1回あたり10分以内の国内通話であれば無料で通話できるサービスが組み込まれた料金プランです。

通話をたくさんする方には「スーパーホーダイ」がおすすめですが、最初に選択する契約期間によって利用料金が異なります。

また、電話をほとんどせず月額のデータ容量も少ない場合は「組み合わせプラン」のほうが安くなるので、まずは「組み合わせプラン」での契約がおすすめです。

 

まとめ|docomoを解約して格安SIMに乗り換えるとスマホ代を節約できる!

docomoは家族でデータをシェアしたり、長く使うことで割引を受けられたりと、スマホ代を安くする方法はありますが、限界があります。

docomoを解約して格安SIMに乗り換えると、今よりずっとスマホ代を節約できること間違いありません。

スマホ代を少しでも安くしたいという方はぜひdocomoを解約して格安SIMに乗り換え、そのお得さを実感してみてください。

殿堂
【2018年12月】格安SIM最新キャンペーンまとめ【格安スマホおすすめ10社】

このページでは『初心者におすすめな格安SIMキャリア10社』のキャンペーン情報をまとめています。 こ ...

-教えてシムリー

Copyright© simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.