格安スマホと格安SIMを『女子目線』でナビゲートします!

simree - シムリー

【徹底解説】 Softbankを解約して格安SIMに乗り換える方法

更新日:

突然ですが、「スマホ代が安くなれば家計も助かるのに…」と思ったことはありませんか?

そんな方におすすめなのが格安SIMです。SoftBankから格安SIMに乗り換えると月々のスマホ代をぐっと抑えられます。

でも、実際格安SIMに乗り換えたいと思っていても、

「SoftBankの解約方法が分からなかい!」

「どうやって格安SIMに乗り換えたらいいかわからない!」

「そもそも格安SIMはどれを選んだらいいのかわからない」

などと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな疑問にお答えして、この記事では「SoftBankを解約して格安SIMに乗り換える方法」を詳しく説明します。

また、SoftBankの解約にかかる費用や、格安SIMへ乗り換えるおすすめのタイミングなども紹介しているので、乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてください。

殿堂
【2018年12月】格安SIM最新キャンペーンまとめ【格安スマホおすすめ10社】

このページでは『初心者におすすめな格安SIMキャリア10社』のキャンペーン情報をまとめています。 こ ...

SoftBankを解約して格安SIMに乗り換えるのに必要な費用とその支払い方法は?

乗り換えるのにいくらかかるの?

まずはじめに、SoftBankから格安SIMへ乗り換える前に、必要な費用について説明します。

SoftBankから格安SIMへ乗り換える際にかかる費用は大きく分けて

  • 解約金や手数料
  • 機種代金の支払い残金
  • 解約月の利用料金

の3種類です。

解約金が発生する場合や機種代金の残金がある場合、SoftBankで手続きを行う際にスタッフから教えてもらえますが、ここではそれぞれどれくらいの費用が必要なのか、詳しく説明していきます。

解約金や手数料

まず解約金ですが、SoftBankでは通常2年間の自動更新、いわゆる「2年縛り」という契約方法をとっています。

そして、2年ごとに訪れる2か月間の「更新月」と呼ばれる期間以外で解約を行うと解約金として9,500円を支払わなければいけません。

なお、「一括購入割引」という特別な割引を受けて機種を購入している場合はさらに料金がかかる場合があります。

更新月はMy SoftBankやLINEのSoftBank公式アカウントで確認できるほか、SoftBankショップでも確認が可能です。

次に手数料として、現在使っている電話番号を引き継いで格安SIMに乗り換える場合(MNP)、「MNP転出料」として3,000円を支払う必要があります。

電話番号を変えて格安SIMに乗り換えたい場合は、MNP転出料3,000円を支払う必要は必要ありません。

解約金やMNP転出料はいずれもクレジットカード払いや口座振替など、SoftBankのスマホ代を支払っていた方法と同じ方法での支払いとなります。

また、新たに契約する格安SIMでも3,000円の事務手数料が必要なので、SoftBankを解約して格安SIMに乗り換えるには最低でも6,000円の手数料が必要です。

機種代金の支払い残金

SoftBankで購入した機種代金の支払いが完了していない場合、残った金額は支払い続けなければいけません。

なお、SoftBankでは機種を購入すると24ヶ月間「月月割」という割引を受けられますが、月月割は解約した時点で受けられなくなるので注意が必要です。

機種代金の残金は一括で支払う方法と、引き続き分割で支払い続ける方法の2種類から選べます。

機種代金の残金はMy SoftBankやLINEのSoftBank公式アカウントで確認できるほか、SoftBankショップでも確認が可能です。

解約月のSoftBank利用料金

SoftBankを解約して格安SIMに乗り換える際、解約する当月の利用料金は全額支払う必要があり、日割り計算は行われません。

つまり、同じ月の1日にSoftBankを解約しても、30日もしくは31日に解約しても同じ料金を支払う必要があります。

SoftBankの場合、月の締め日が契約者によって10日の場合、20日の場合、30日もしくは31日の場合と人それぞれです。

なので、無駄なくSoftBankを解約するタイミングとして「締め日の10日前~締め日当日」を目安としてください。

なお、自分の締め日がいつかはMy SoftBankで確認できるほか、支払日がいつかで確認できます。支払日が6日の場合は10日締め、16日の場合は20日締め、26日の場合は末日締めです。

SoftBankの解約費用が高い場合、乗り換えを待ったほうがいい?

実際に必要な費用を計算してみていかがでしたか?

思っていたより高いと感じた方の中には格安SIMへの乗り換えを先送りにしようと思った方もいるのではないでしょうか。

でも、安心してください!ほとんどの方がこのままSoftBankを使い続けるよりも、格安SIMに乗り換えたほうがお得になります。

たとえばmineo(マイネオ)という格安SIMに乗り換えた場合、3GBまで使えて月額1,950円です。

現在支払っている料金と比べていかがでしょうか?ほとんどの方が半額、もしくはそれ以下の料金になったのではないでしょうか。

mineoだけでなく格安SIMはSoftBankの料金と比べて格段に安くなっているので、格安SIMに乗り換えたほうがSoftBankを使い続けるよりもトータルの支払い金額が安くなります。

SoftBankのスマホはSIMロック解除が必要?

SIMフリー化が必要?

SoftBankで購入したスマホには、「SIMロック」がかかっています。

この「SIMロック」とはSoftBank以外のドコモやauの回線では利用できないようにするものです。

そして、SoftBankで購入したスマホをSoftBank以外の回線で利用できるようにする手続きを「SIMロック解除」と言います。

通常であればSoftBankのスマホを格安SIMでも使いたい場合、SoftBank回線を使用した格安SIMであればそのまま利用が可能です。

しかし、SoftBankの場合は2017年冬モデルより前に購入した機種は、たとえSoftBank回線の格安SIMであってもSIMロック解除の手続きが必要となります。

iPhoneであればiPhone8より以前の機種はSIMロック解除が必要です。

また、SIMロック解除をしておくことでドコモやauの回線を使用した格安SIMの利用もできるようになります。

ですので、あらかじめSIMロック解除の手続きを行っておくことがおすすめです。

SIMロック解除の対象機種

SoftBankではSIMロック解除ができる機種の条件が決まっています。

  • 2015年5月以降に発売された機種
  • 購入から101日経っていること(一括払いで購入の場合は100日以内でも可能)

この2つの条件を満たしていなければSIMロック解除の手続きができません。

SIMロック解除のやり方

SIMロック解除のやり方はとても簡単で、インターネットから無料で手続きができます。

  • My SoftBankにログインする
  • 「契約・オプション管理」を選択
  • 「関連メニュー」→「SIMロック解除手続き」を選択
  • スマホの製造番号を入力して「次へ」を選択
  • 「SIMロック解除手続きをする」

SIMロック解除の手続きは上記の5ステップで完了です。

インターネットが苦手な方はSoftBankショップでも手続きができますが、その場合は手数料が3,000円必要となります。

また、使っているスマホの製造番号がわからない場合は、下記の方法で確認できます。

  • 設定画面で確認する
  • 電話をかける画面で確認する
  • 購入時の箱を確認する

中でもおすすめなのが2番の電話をかける画面で確認する方法です。

電話アプリを開き「*#06#」と入力するだけで製造番号が確認できます。

SoftBankから格安SIM乗り換え時に必要なもの

SoftBankから格安SIMに乗り換える際に必要なものは下記の4つです。

  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • MNP予約番号
  • メールアドレス

それでは、詳しく説明していきます。

本人確認書類

本人確認書類とは、契約者本人の運転免許証や健康保険証などの身分証明書のことです。

運転免許証を持っていれば問題ありませんが、証明書の種類によっては住民票が必要になる場合があります。

クレジットカード

格安SIMの場合、多くの会社が月々の支払い方法はクレジットカード払いのみです。

何かしらの理由でクレジットカードを所持していない場合、Y!mobile(ワイモバイル)など口座振替に対応している格安SIMを選べば問題ありません。

その場合は、クレジットカードではなくキャッシュカード、もしくは通帳と銀行印を用意してください。

MNP予約番号

SoftBankで現在利用している電話番号を引き継いで格安SIMに乗り換える場合(MNP)、MNP予約番号という11桁の番号が必要となります。

MNP予約番号は、電話もしくはSoftBankショップにて取得可能です。詳しい方法については後ほど紹介します。

メールアドレス

格安SIMは通常申し込みの手続きをインターネット上で済ませるため、連絡方法としてメールアドレスが必要です。

現在SoftBankで利用してる「@softbank.ne.jp」や「@i.softbank.jp」などといったキャリアのメールアドレスはSoftBankを解約した時点で使用できなくなります。

ですので、GmailやYahoo!メール、iCloudなどのフリーメールアドレスを1つ用意しておいてください。

SoftBankで現在利用している電話番号を引き継いで格安SIMに乗り換える方法

格安スマホはどこで買えるの?

それでは、SoftBankを解約して格安SIMに乗り換える手順を紹介します。まずは、SoftBankで現在利用している電話番号を引き継いで格安SIMに乗り換える方法(MNP)です。

  • MNP予約番号を取得する
  • 格安SIMに申し込む
  • 格安SIMが届いたら設定をする

SoftBankで現在利用している電話番号を引き継いで乗り換える方法は、わずか3ステップ。それぞれ詳しいやり方を紹介します。

1.電話、もしくはSoftBankショップにてMNP予約番号を発行してもらう

まずはじめに、SoftBankで現在使っている電話番号を引き継ぐために必要な「MNP予約番号」の取得を行います。

MNP予約番号とは?

「MNP予約番号」とは、携帯会社間で電話番号を引き継ぐために必要なチケットのようなものです。

この「MNP予約番号」は発行された時点ではまだSoftBankは解約とならず、格安SIMの契約が完了するまでSoftBankは利用できます。

MNP予約番号の発行は

  • SoftBankのスマホから「*5533」/一般電話から「0800-100-5533」に電話する
  • オペレーターに「SoftBankから他社に乗り換える」旨を伝える
  • MNP予約番号が発行されSMSで送られてくる

のわずか3ステップで完了です。

電話がつながりにくい場合がありますが、通話料金や手数料は発生しないので根気よく待ちましょう。また、電話ができないなどの理由がある場合SoftBankショップでも手続きが可能です。

家族で乗り換える場合、契約者名義が同じもしくは電話を変われる状態であれば、1度の通話でまとめてMNP予約番号の発行ができます。

MNP予約番号の有効期限について

MNP予約番号には有効期限があり、その期限は15日間です。

乗り換える格安SIMによってはMNP予約番号の有効期限が「〇日以上残っていないといけない」という制限がある場合があります。

ですので、MNP予約番号の取得は格安SIM申し込みの直前がおすすめです。

2.格安SIM申し込み時にMNP予約番号を入力する

続いて、格安SIMの公式HPにて申し込み手続きを行います。

その際に取得したMNP予約番号を入力するフォームがあるので、必ず入力するようにしましょう。

もし、家族の分と複数台を申し込む場合にはそれぞれの電話番号に対応するMNP予約番号が必要なので、入力を間違えないように注意してください。

3.格安SIMが届いたら設定をする

格安SIMによって期間は異なりますが数日から1週間程度で自宅に格安SIMが届きます。

格安SIMが届いたら、説明に従って設定を行えばSoftBankから格安SIMへの乗り換えは完了です。

なお、MNP予約番号を使ってSoftBankから格安SIMに乗り換えると、設定が完了した時点でSoftBankは自動解約となります。

新しい電話番号を取得してSoftBankから格安SIMに乗り換える方法

MNP

SoftBankで現在利用している電話番号を引き継がず、新しい電話番号で格安SIMに乗り換える方法は

  • 格安SIMに申し込みをする
  • 格安SIMが届いたら設定をする
  • SoftBankを解約する

の3ステップです。

新しい電話番号で格安SIMに乗り換える場合は新規での契約となります。

もし、格安SIMの申し込みが終わる前にSoftBankを解約してしまうとスマホが使えない期間が発生してしまうので、必ず格安SIMの申し込みが終わってからSoftBankを解約するように注意してください。

SoftBankの解約方法

SoftBankを解約する方法は、SoftBankショップへ行くしかありません。

近くのSoftBankショップに足を運び「解約したい」という旨を伝えればあとはスタッフが手続きをしてくれます。

その際には運転免許証などの本人確認書類と利用中のスマホを持っていくようにしましょう。

また、契約者本人が解約にいけない場合、委任状があれば代理人でも手続きは可能です。

SoftBankからの乗り換えにおすすめの格安SIM3選

SIMハッピー

最後に、SoftBankを解約して乗り換えるのにおすすめの格安SIMを3社紹介します。

どの格安SIMに乗り換えようか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

LINEモバイル

LINEモバイルは、コミュニケーションアプリで有名なLINEが運営する格安SIMですが、SoftBankと提携をしています。

特徴は、LINEや、TwitterなどのSNS利用時はデータ消費をしないカウントフリーを取り入れてる点。

LINEモバイルはLINEをメインに使用している方や、TwitterなどのSNSをたくさん利用する若者におすすめの格安SIMです。

LINEモバイルの料金プラン【音声通話付きSIMの場合】

LINEフリープラン コミュニケーションフリープラン MUSIC+プラン
カウントフリー対象サービス LINE LINE,Twitter,Facebook,Instagram LINE,Twitter,Facebook,Instagram,LINE Music
1GB 1,200円/月 - -
3GB - 1,690円/月 2,390円/月
5GB - 2,220円/月 2,720円/月
7GB - 2,880円/月 3,280円/月
10GB - 3,220円/月 3,520円/月

LINEモバイルはカウントフリーになる対象サービスが異なるプランが3種類用意されています。

LINEに加えてTwitter、Facebook、InstagramのSNSがカウントフリーになる「コミュニケーションプラン」がおすすめです。

LINEモバイルは、ドコモ回線とソフトバンク回線を選べますが、SoftBankのスマホをそのまま利用する場合はソフトバンク回線、格安スマホを使う場合はドコモ回線を選んでください。

LINEモバイルがおすすめの方

  • 家族や友人とのやり取りをLINEで行っている方
  • Twitter、Facebook、Instagramをよく使う方

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

mineoはケイ・オプティコムが運営する会社で、最近ソフトバンク回線を使ったSプランの提供をはじめました。

契約数は100万回線を超えており、MMD研究所の「格安SIMサービスの満足度調査」で2年連続顧客総合満足度1位を獲得するなど人気の高い格安SIMです。

mineoの料金プラン【Sプラン(ソフトバンク回線の場合)】

基本データ容量 シングルプラン

(データ通信のみ)

デュアルプラン

(音声通話付き)

500MB 790円/月 1,750円/月
3GB 990円/月 1,950円/月
6GB 1,670円/月 2,630円/月
10GB 2,610円/月 3,570円/月
20GB 4,070円/月 5,030円/月
30GB 5,990円/月 6,950円/月

ソフトバンク回線を契約した場合の料金は上記の表のとおりです。

通常通話料金は30秒につき20円かかりますが、追加オプション月額850円で1回あたりの通話が10分以内の通話は無料でかけられるようになります。

mineoはユーザー同士であればだれとでもデータ容量をプレゼントできたり、余ったデータ容量をユーザー全員で貯められる「フリータンク」という独自のサービスを行っています。

フリータンクはデータを貯めるだけでなく、データが足りない時には無料で1GBを引き出せるのでデータ量をたくさん使う方におすすめです。

また、「マイネ王」というユーザー同士のコミュニティサービスがあるので、困ったときはユーザー同士で助け合えるメリットもあります。

mineoがおすすめの方

  • 格安SIM初心者の方
  • データをたくさん使う方
  • 家族で格安SIMに乗り換えたい方

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobileは、SoftBankのグループが運営する格安SIMです。

SoftBankと同じ通信帯ながら、格安の料金でスマホを利用できます。

専門のショップが全国各地にあり、家電量販店やショッピングモールなどにも店舗を構えているので、申し込み手続きが不安な方や後々のサポートが不安な方でも安心です。

Y!mobileの料金プラン

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
月額料金 1,980円/月(1年目)

2,980円/月(2年目~)

2,980円/月(1年目)

3,980円/月(2年目~)

4,980円/月(1年目)

5,980円/月(2年目~)

通話 1回10分以内の国内通話かけ放題
データ量 3GB/月

(2年間/以降2GB)

9GB/月

(2年間/以降6GB)

21GB/月

(2年間/以降14GB)

Y!mobileの料金プランは3種類の異なるデータ量のプランから選べます。

どのプランを選んでも1回あたり10分以内の国内通話がかけ放題になるので、通話をたくさんするという方におすすめです。

また、月額1,000円のオプションをつければ10分を超えた通話も無料にできます。

Y!mobileには格安SIMには少ない家族割も用意されており、2回線目から毎月500円の割引を受けられます。

家族で格安SIMに乗り換えたいという方にもおすすめです。

Y!mobileがおすすめの方

  • 通話をたくさん行う方
  • 家族で格安SIMに乗り換えたい方
  • SoftBankと同じくらいサポートを受けたい方
  • 口座振替で契約したい方

まとめ

SoftBankを解約して格安SIMに乗り換えるとスマホ代をぐっと抑えられ、家計の節約につながります。

乗り換え時に費用がかかる場合もありますが、長期的に見ると格安SIMに乗り換えたほうが安くなることは間違いありません。

しかし、SoftBankを解約した月の料金は日割りにはならず1か月分の料金を全額支払わなければいけない点は注意が必要です。

格安SIMへの乗り換えのタイミングは締め日の10日前からを目安に、少しでもお得に格安SIMへ乗り換えましょう。

スマホ代を安くしたいと考えている方は、ぜひSoftBankから格安SIMに乗り換えてその安さを実感してみてください。

殿堂
【2018年12月】格安SIM最新キャンペーンまとめ【格安スマホおすすめ10社】

このページでは『初心者におすすめな格安SIMキャリア10社』のキャンペーン情報をまとめています。 こ ...

-教えてシムリー

Copyright© simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.