格安スマホと格安SIMを『女子目線』でナビゲートします!

simree - シムリー

スマホ2台持ちってどうなの?メリット・デメリットとお得にスマホを2台持つ方法を紹介!

投稿日:

街中を歩いていると、時々スマホを2台持って使い分けている方を見かけたことはありませんか?

スマホを2台持っていると、使用用途によって使い分けられとても便利です。

しかし、スマホを2台持つということは、スマホにかかる料金も2倍になるということです。

この記事では、そんなスマホ2台持ちが気になっている方に、メリット・デメリットを紹介します。

さらに、お得にスマホを2台持つ方法も紹介しますので、スマホ2台持ちが気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

スマホ2台持ちの3つのメリット

SIMハッピー

スマホ2台持ちを行うメリットは、

  • 電話をしながら調べものができる
  • 使用用途によって使い分けられる
  • いざというときの備えになる

の主に3つです。

それでは、それぞれのメリットについて説明します。

1.電話をしながら調べものができる

スマホで電話をしている最中に、

  • 会話の中にでてきたお店の情報を調べたい
  • 地図を見ながら話がしたい
  • メールの内容を確認しながら会話をしたい

などなど、調べものをしたいと思ったことはありませんか?

最近のスマホでは、1台のスマホで通話をしながらインターネットを行うことも可能ですが、不便ですよね。

そんなときにもう1台手元にスマホがあれば、通話をしながらもう1台のスマホでインターネットなどほかの作業を行えます。

2.使用用途によって使い分けられる

通話をしながらもう1台のスマホでインターネットを楽しめるだけでなく、2台スマホを持っていることで様々な使い分けができます。

例えば、まだスマホを持たせるには早い年の子供がいる方なら、子供がスマホでゲームをしたがることも多いのではないでしょうか。

そんなときに、スマホを貸してしまうと自分は使いたい時に我慢をしなければいけません。

しかし、2台スマホがあれば、1台を子供に貸してあげたうえで、自分の用事を済ますことができ便利です。

ほかにも、メインのスマホとは別にもう1台ゲーム専用のスマホを用意している方もいます。

スマホゲームの中には、作業がメインのものや、時間がかかるものもありますよね。

そんな時に片手でゲームをプレイしながら、もう1台のスマホで違う作業も行え便利です。

さらに、スマホが2台あれば、アイテムの交換やプレイの手助けなどができ、より効果的にゲームを進められます。

本格的にゲームをプレイしたい方にもおすすめです。

また、最近では自宅に固定電話を引いていない方も多いと思いますが、スマホが2台あれば固定電話の代わりとしても使用できます。

3.いざという時の備えになる

スマホが2台あれば、使っている1台が急に故障したり、バッテリーが切れたりした場合でも安心です。

また、それぞれ違う回線を契約しておけば(docomoとauで1台ずつ契約するなど)、山間部などの電波が届きにくい場所に行った場合や、通信障害が起こった場合でも、もう1台のスマホを利用できます。

スマホ2台持ちの2つのデメリット

しくしく

スマホ2台持ちを行うデメリットには、

  • 費用が2台分必要になる
  • 手間も2台分に増える

の主に2つです。

それでは、それぞれのデメリットについて説明します。

1.費用が2台分必要になる

当然のことですが、スマホを2台持つ場合は2台分の料金が必要です。

プランをうまく組み合わせたり、格安SIMを使ったりすることで費用を抑えられますが、1台にまとめたほうが安くなる場合もあります。

スマホをお得に2台使い分けるには、用途に合わせたプランをそれぞれ契約することが大切です。

2、手間も2台分に増える

スマホを2台持っていると、スマホにかかる手間も2台分に増えてしまいます。

例えば、持ち運ぶ際に荷物が1つ増えてしまったり、スマホの充電が2台分必要だったりといった手間が増えてしまい、面倒に感じる方も多いかもしれません。

お得にスマホを2台持つ方法

わ〜い

スマホ2台持ちを行うためには、どうしても通信費が高くなってしまいますが、これから紹介する方法を使えば、お得に2台のスマホを持つことができます。

その方法は、

  • 格安SIMで契約する
  • スマホを「電話専用」と「データ通信専用」に分ける

の2つです。

格安SIMで契約する

まずはじめに、スマホを契約する会社を格安SIMにすることです。

docomoやau、SoftBankといった大手携帯会社で契約するとどうしても料金が高くなってしまいます。

しかし、格安SIMであれば、大手携帯会社で契約するスマホ1台分の料金で、スマホ2台を契約することが可能です。

また、2台とも格安SIMが不安という方は、サブで使うスマホだけでも格安SIMで契約するだけでも月々にかかる料金を抑えられます。

電話専用とデータ通信専用に分ける

次に、スマホ2台のうちどちらか1台を「電話専用」のスマホにし、もう1台を「データ通信専用」にすることで、料金を抑えることが可能です。

大手携帯会社でも、「かけ放題のプラン+データ容量が最低限のプラン」を契約したスマホと、「データ容量がたくさん使えるプラン」を契約したスマホの2台にすれば通常よりは料金を抑えられます。

しかし、大手携帯会社はデータだけのプランの契約ができないので、結局は2倍に近い料金が発生します。

しかし、格安SIMであればそもそも音声通話が一切できない「データ通信専用プラン」が用意されており、1,000円以下の格安の料金から契約が可能です。

電話専用とデータ通信専用のプランに分け、さらに格安SIMを利用することで、より安い料金でスマホ2台持ちができます。

番外編|プランを分けたいだけならDSDS搭載機種を使う手も

スマホ本体が2台必要というわけではなく、お得に使うためにスマホ2台持ちを考えている場合、DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ)という機能を搭載した機種の使用もおすすめです。

DSDSとは、1台のスマホで2枚のSIMカードを差し込んで利用できるスマホのことを言います。

1台のスマホなので、持ち運びや充電の手間は今まで通り1台分だけです。

スマホ自体は1台でも十分だけど、音声通話専用のプランとデータ通信専用のプランを使い分けたいという方はDSDS搭載スマホの購入を検討してみてください。

電話専用に契約する際におすすめの格安SIM

オススメ格安スマホ

格安SIMは、多くのSIMが通話には向いていないと言われていました。

しかし、中にはかけ放題通話もできる格安SIMもあります。

ここでは、通話専用に契約する際におすすめの格安SIMを紹介します。

Y!Mobile

 

Y!mobileはソフトバンクグループが運営する格安SIMです。

取り扱っている店舗も多く、大手携帯会社と変わらないサービスを受けられます。

Y!mobileの料金プラン

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
月額料金 1,980円/月(1年目)

2,980円/月(2年目~)

2,980円/月(1年目)

3,980円/月(2年目~)

4,980円/月(1年目)

5,980円/月(2年目~)

通話 1回10分以内の国内通話かけ放題
データ量 3GB/月

(2年間/以降2GB)

9GB/月

(2年間/以降6GB)

21GB/月

(2年間/以降14GB)

Y!mobileの最安値のプランは月々1,980円(1年目/2年目以降2,980円/月)のスマホプランSです。

さらに、ソフトバンク光かソフトバンクAirを契約もしくは、家族で2台契約すると500円の割引も受けられます。

ただし、2年契約の自動更新となりますので、契約期間には注意が必要です。

Y!mobileの通話について

Y!mobileでは、どのプランを選択しても1回あたり10分以内の国内通話は無料でかけられます。

さらに、「スーパーだれとでも定額」という月々1,000円のオプションをつけることで、完全なかけ放題にすることも可能です。

10分以内の短い通話がメインの方でも、たくさん通話をする方でもY!mobileであれば安い価格で利用できます。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが運営する格安SIMです。

OCNモバイルONEの料金プラン

コース 月額料金
110MB/日 1,600円/月
170MB/日 2,080円/月
3GB/月 1,800円/月
6GB/月 2,150円/月
10GB/月 3,000円/月
20GB/月 4,850円/月
30GB/月 6,750円/月
500kpbs(15/月) 2,500円/月

OCNモバイルONEでは、データ容量が月ごとではなく日ごとのコースも用意されています。

最安値は1日あたり110MBを利用できるコースで、1,600円です。

月単位でコースを変えることもできます。

OCNモバイルONEの通話について

OCNモバイルONEの通話は、「OCNでんわ」を利用すると通常30秒ごとに20円かかる通話料金が、30秒ごと10円の半額の料金でかけられます。

OCNでんわは、「OCNでんわアプリ」から発信、もしくは相手の電話番号の先頭に「0035-44」の番号をつけて発信をすればいいだけです。

さらに、オプションをつけることでかけ放題にもできます。

10分 トップ3 ダブル
月額料金 850円/月 850円/月 1,300円/月
かけ放題の対象となる通話 1回あたり10分以内の国内通話 国内通話料上位3番号への通話 ①1回あたり10分以内の国内通話

②国内通話料上位3番号への通話

OCNモバイルONEのかけ放題には「10分」「トップ3」「ダブル」の3種類。

10分はその名の通り、1回あたり10分以内の国内通話が無料でかけられるオプションで、短い通話が多い方におすすめです。

トップ3は1か月の内通話料が高い上位3番号と行ったの通話分を無料にしてくれます。

トップ3対象の電話番号は自動で識別してくれるので、決まった方と電話をする方におすすめです。

ダブルは10分とトップ3の両方を兼ね備えています。

決まった相手以外とは短い通話が主な方におすすめです。

データ通信専用に契約する際におすすめの格安SIM

次に、データ通信専用に契約する際におすすめの格安SIMを3社紹介します。

DMMmobile

DMMmobileは、MMD研究所調べ(2017年4月27日時点)で、業界最安値を獲得した格安SIMです。

データ容量も細かく設定されているので、使用用途にあったデータ容量を選択できます。

DMMmobileの料金プラン

データ容量 月額料金
ライトプラン(200kbpsで使い放題) 440円/月
1GB/月 480円/月
2GB/月 770円/月
3GB/月 850円/月
5GB/月 1,210円/月
7GB/月 1,860円/月
8GB/月 1,980円/月
10GB/月 2,190円/月
15GB/月 3,280円/月
20GB/月 3,980円/月

DMMmobileでは、通信速度にこだわらなければわずか月額440円でデータ容量使い放題のライトプランが最安値となっています。

大容量の20GBも3,980円という格安で使えるので、大容量のデータが必要な方にもおすすめです。

DMMmobileのデータ専用プランについて

DMMmobileでは残ったデータ容量は翌月に繰り越され、翌月末まで利用可能です。

また、データが足りない場合は追加でデータチャージを行えます。

追加データ容量 料金
100MB 200円
500MB 600円
1,000MB 1,100円
1,000MB(繰り越しなし) 480円

DMMmobileでは、追加データも100MBから追加が可能です。

また、1,000MB(=1GB)の追加でも、繰り越しを必要としないのであれば480円と格安な価格でチャージできます。

「1,000MB(繰り越しなし)」以外の追加データは、チャージを行った翌月から3か月後の末日まで利用できるので、安心です。

さらに、DMMmobileでは、3GB以上のプランを契約すると「SMSフリー」というオプションに申し込みができます。

「SMSフリー」は月額250円で、LINE、Twitter、Facebook、Facebook Messenger、Instagramの利用時にデータを消費せず利用できるオプションです。

LINEモバイル

LINEモバイルは、コミュニケーションアプリで有名なLINEが運営する格安SIMです。

プラン数は少ないですが、どのプランを選んでもLINE利用時のデータ消費を行わずに利用できるので、LINEをメインに使っている方におすすめ。

また、docomo回線だけでなくSoftBank回線も選べます。

LINEモバイルの料金プラン

料金プラン名 データ容量 月額料金
LINEフリープラン(データ専用) 1GB 500円/月
LINEフリープラン(SMS付) 1GB 620円/月
コミュニケーションフリープラン(SMS付) 3GB 1,110円/月
5GB 1,640円/月
7GB 2,300円/月
10GB 2,640円/月
MUSIC+プラン(SMS付) 3GB 1,810円/月
5GB 2,140円/月
7GB 2,700円/月
10GB 2,940円/月

LINEモバイルでは、500円からという格安の価格で使用できる格安SIMです。

LINEモバイルのデータ専用プランについて

LINEモバイルは、選ぶプランによってカウントフリー対象になるサービスが異なります。

  • LINEフリープラン…LINE
  • コミュニケーションフリープラン…LINE、Twitter、Facebook、Instagram
  • MUSIC+プラン…LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC

LINEやSNSをメインに使う方は、LINEモバイルにするとデータ容量の節約が可能です。

余ったデータ容量は、翌月まで繰り越すことができます。

逆にデータ容量が足りなくなった場合、0.5GBを500円、1GBを1,000円、3GBを3,000円(docomo回線のみ)で追加することも可能です。

30view
Lineモバイルのメリット・デメリット
LINEモバイルの『メリット』『デメリット』を事前に確認しておこう!

LINEモバイルはその名の通り、メッセージアプリのLINEが経営している格安スマホ会社です。特にLI ...

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、docomo回線かau回線かを選べる格安SIMです。

docomo回線であれば、データ容量をシェアして利用することもできるので、音声通話と合わせての購入にも向いています。

BIGLOBEモバイルの料金プラン

データ容量 月額料金
3GB 900円/月
6GB 1,450円/月
12GB 2,700円/月
20GB 4,500円/月
30GB 6,750円/月

BIGLOBEモバイルは選べるデータ容量は少ないですが、30GBまでの大容量プランも用意されています。

BIGLOBEモバイルのデータ専用プランについて

BIGLOBEモバイルでは、余ったデータ容量は翌月に繰り越しが可能です。

逆にデータ容量が足りない場合、100MBを300円で追加できます。

また、月額980円のエンタメフリー・オプションをつけると、YouTubeなどの動画サービスや、Google Pay Musicなどの音楽サービス利用時のデータを消費しません。

動画や音楽のサービスをよく使うという方におすすめです。

さらに、BIGLOBEモバイルは2枚以上のSIMカードでデータ容量をシェアすることもできます。

データ専用プランの追加はわずか200円でできるので、音声通話専用にSIMカードを契約し、シェアプランでデータ専用を追加することもおすすめです。

当サイト限定特典!

当サイト経由でBIGLOBEに申し込んでいただくと、追加で4000円のキャッシュバックをGetできます!

シムリー限定BIGLOBEキャッシュバックキャンペーン

期間限定なので興味のある方はぜひ、この機会に試してみてください!

まとめ|格安SIMを上手に使ってお得にスマホを2台持とう!

スマホ2台持ちをすると、使用用途に合わせて使い分けられるので、とても便利です。

しかし、当然ながら2台分のスマホ代を支払わなければいけないのが難点。

そんな時には格安SIMをうまく利用すれば、かかる費用も抑えられお得に使用できます。

スマホ2台持ちを考えている方は、格安SIMをうまく利用して、より快適なスマホライフを送ってください。

-シムリートーク

Copyright© simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.