格安スマホランキング-simree シムリー

女子目線で選ぶおすすめ格安sim

リペアSIM(Repair SIM)×iPhone|対応キャリアは限定特典も!

更新日:

格安SIM業者はいろいろありますが、リペアSIM(RepairSIM)という業者は知っていますか?

OCNモバイルONEや楽天モバイル、IIJmioなど大手の格安SIM業者に比べて知名度が低いので、名前を聞いただけでは興味もわきませんよね。

それもそのはず、今年の3月からサービスを開始したばかりの業者だからです。

そんな新興の業者だとなおさら信用できない、と思う人もいるでしょう。

ところが、ほかの格安SIM業者にはない特徴のある業者なのです。特に日本では多いiPhoneユーザーにとってうれしいサービスが揃っています。

そこで今回はこのリペアSIMをiPhoneで使うに際してどういったメリットがあるのかをご紹介していきます。

また、期間限定のキャンペーンなども展開しているので、そのあたりも併せてご紹介します。

リペアSIMってどういう業者なの?

まず、最初にリペアSIMがどういう格安SIM業者なのか紹介していきましょう。

格安SIM業界に参入する会社は本当にいろいろあります。

NiftyやBIG LOBE、OCNなど、元々通信業界で事業を展開してきた会社もあれば、楽天モバイルやU-mobileなど異業種からの参入も多くあります。

リペアSIMはその異業種参入組の格安SIM業者です。運営母体はiPhoneの修理業者である「あいさぽ」です。

あいさぽ自体は北海道と沖縄を除く各地域に店舗を持っており、リペアSIMの申し込みやサポートも行っています。

この運営母体が「修理業者」というのを活かしたサービスを提供していますが、それについては後で触れます。

iPhoneユーザーの乗り換えをプッシュしている

simが2枚差せます

運営母体がiPhone修理業者のあいさぽであることは上で触れました。

そのせいもあってか、リペアSIMの公式サイトではほかの格安SIM業者では見られないほどiPhoneユーザーの乗り換えをプッシュしています。

普通の格安SIM業者では「端末そのまま乗り換えられます」と謳うことはありません。

その業者が扱う端末にiPhoneがあることは珍しくありませんが、いずれにしても端末乗り換えを前提にしているものがほとんどです。

ところが、リペアSIMに関しては特にiPhoneに絞って、ドコモ・au・ソフトバンクで契約していたiPhoneをそのまま使えることを大々的に謳っています。

実際にはauで使っていたiPhoneに関してはSIMロックを解除しないと使えないのですが、ドコモとソフトバンクについてはSIMロックを解除しなくてもそのまま使えます。

リペアSIMはドコモ回線とソフトバンク回線を利用してサービスを展開しています。

ですから、ドコモ端末やソフトバンク端末であればSIMロックを解除しなくてもiPhoneに限らず大抵の端末は使えるようになっています。

公式サイトには動作確認端末の一覧も掲載されており、iPhoneならXと8まではリストに入っています。

サービスインして間もないので、ほかの格安SIM業者のように端末とセットにしたプランなどは特になく、端末自体もリペアSIMでは扱っていません。

そういう背景もあって、iPhoneユーザーの乗り換えを押し出しているのです。

iPhoneユーザーにはうれしいリペアサービス

わ〜い

ほかの格安SIM業者にないサポートサービスとして、端末のリペアもやってくれるという点があります。

これはiPhoneの修理業者が運営母体だからできるサービスだと言えるところです。

修理代金キャッシュバックと10%オフ

オプションサービスではなく、iPhoneを端末にしてリペアSIMと契約すると自動的に付帯してきます。

iPhoneが壊れた場合、リペアSIMと契約して一度目の修理に関しては最大で全額修理代金がキャッシュバックされます。

公式サイトではiPhone 6のガラス割れ修理代5,980円やiPhone 7のバッテリー交換5,980円が全額キャッシュバックと明記されています。

また、二度目以降の修理に関してもリペアSIMの契約期間中であれば、料金が10%オフになります。

データプランで契約するとこのオプションの対象外となるので、注意が必要です。また、キャッシュバック自体は修理後すぐに受けられるわけではなく、申請して10ヶ月後の返金となるので、気長に待つ必要があります。

ドコモやauなどのキャリアやアップルでSIMフリーのiPhoneを購入した場合はAppleCareなどのサポートに入らないと補償は受けられませんが、リペアSIMに関しては音声プランで契約すれば補償が受けられるのは魅力かも知れません。

リスクもあるリペアSIMのサービス

ただし、いいことずくめではありません。ここが一番重要なところですが、アップルはアップルで行った修理以外は認定していません。

したがって、元々はキャリアやアップルで購入した端末でも、リペアSIMで修理を受けてしまうと、アップルに修理を依頼した場合、保証期間中であっても必ず有償修理になります

アップルのサポートは高価ですが、その代わり手厚いところがあります。

保証期間内であれば、自然故障などについては無償で端末交換に応じてくれることも多く、新品のiPhoneを手にすることができます。

ここをどう見るかによって、リペアSIMを利用するかどうかの見方が変わってくると言えるでしょう。

iPhone修理の手続きについて

格安スマホはどこで買えるの?

リペアSIMに契約していて、iPhoneの修理を依頼する場合、店頭持込修理と宅配修理の2種類から選べます。

リペアSIMの取り扱いがないあいさぽの店舗でも、修理は受け付けてもらえます。首都圏在住であれば、比較的あいさぽの店舗が多いので持込修理をした方がいいでしょう。

画面割れ程度の修理であれば1時間もあれば修理が完了して、すぐに使えるメリットがあります。

遠方の人は宅配修理を依頼しましょう。

あらかじめ修理内容に関して見積もりを取ることができ、実際に修理を依頼する場合でも往復の送料と代引き手数料が無料になるのでお得です。

若干日数がかかりますが、便利ではあります。

Android端末でリペアSIMを契約する場合

サポートはある?

iPhoneに関しては、上で触れたとおりかなり手厚いサポートを受けることができます。

リペアSIMの公式サイトでは動作確認端末の中に、Android端末も多数入っています。

ですから、手持ちの端末がAndroidでもリペアSIMと契約すること自体はできますし、iPhone同様にSIMロックがかかっていても、au端末以外はそのまま使い続けることもできます。

ですが、運営母体のあいさぽがiPhone専門の修理業者である関係で、リペアオプションについては適用されません。

リペアオプションが付いてこないので、Android端末でリペアSIMに契約しても、取り立てて大きなメリットはありません。

格安SIM業者全般に言える「ドコモなどのキャリアより安くスマホが使える」というだけになってしまいます。

期間限定キャンペーンを展開中

簡単

2018年10月1日から2019年3月31日までの期間に、月1GBのデータ容量で音声プランを契約すると、通常月額1,280円のところが3カ月間限定で1,000円オフの280円で使えます。

利用開始月から3カ月間の割引ですが、利用開始月が1日からの契約でない場合は、その月だけ日割り計算となります。

月額料金が割引額に満たない場合でも割引の繰り越しが行われないので、フルに割引を適用させたいのであれば、期間中の1日を狙って契約するといいでしょう。MNPでの契約でも適用されます。

料金プランについて

乗り換えるのにいくらかかるの?

リペアSIMの料金プランは月あたりのデータ容量で決められているごくシンプルなものです。

端末を扱っていないので、端末とセットになった料金プランもなく、上記のキャンペーン以外に割引やサービスなども展開されていません。

データ容量ですが、1GB・3GB・5GB・7GB・10GB・20GBの6種類から選べます。

これについても他社とほとんど変わらないと言っていいでしょう。

回線はドコモ回線とソフトバンク回線から選べます。

料金プランにはその差はなく、まったく同じです。

ただし、データ専用プランでSMSを付ける場合はドコモ回線しか選択できません。

データ専用プランの場合

  • 1GB 500円
  • 3GB 900円
  • 5GB 1,580円
  • 7GB 1,980円
  • 10GB 2,480円
  • 20GB 3,980円

となっています。

格安SIMの中では安めの料金設定だと言えます。

ただ、めちゃくちゃ安いというわけではなく、安い部類に入るという感じの料金です。

データプランに関してはあいさぽのリペアSIM取り扱い店舗でも申し込みができず、公式サイトからしか申し込めないので注意が必要です。

プラス150円の追加でSMS対応SIMを申し込むことができます。

音声通話プランの場合は

  • 1GB 1,280円
  • 3GB 1,780円
  • 5GB 2,180円
  • 7GB 2,780円
  • 10GB 3,480円
  • 20GB 4,980円

となっています。

こちらも格安SIMでは安めの料金設定でしょう。

データ専用・SMS付きデータ専用・音声通話のどのプランも余ったデータ量を翌月へ繰り越すことができます。

繰り越し分のデータは翌月いっぱいまで使えます。

オプションサービスについて

オプションがいくつか用意されています。

データ関連だとデータチャージができます。

1GBにつき1,000円でチャージ可能で、チャージ分に関しては3ヶ月の繰り越しが認められています。

音声通話の方でもオプションがあります。

音声通話を1回10分でかけ放題になるオプションが月額850円で提供されています。

音声通話オプションに関してはドコモ回線とソフトバンク回線で内容が異なっており、共通なのは上記の10分かけ放題オプションだけです。

ドコモ回線の音声通話オプションは、

  • キャッチホン 月額200円
  • 留守番電話・不在案内通知 月額300円

の2種類があります。

ソフトバンク回線の音声通話オプションは

  • 割り込み通話 月額200円
  • 留守電話プラス 月額300円
  • ナンバーブロック 月額100円

の3種類があります。

この辺はドコモなどのキャリアも含め、格安SIM業者でも適用されることの多いオプションで、金額もほぼ同じです。

まとめ

今回はリペアSIM全体のサービスを含め、iPhoneで契約した場合のいろいろについて紹介してきました。

格安SIMも含め、iPhoneは日本で非常に人気のあるスマホです。大手の格安SIM業者であれば、扱う端末にiPhoneを加えているところも多いほど人気があります。

その中で、その人気を徹底的に追求したのがリペアSIMだと言えます。

普通の格安SIM業者であればiPhoneとAndroid端末に差が付くようなことはありませんが、リペアSIMでは修理オプションの有無という大きな差が付きます。

iPhoneの修理業者が運営母体という異色の成り立ちであるリペアSIMだけに、サービス内容もいわゆる格安SIMとは一線を画したものだと言えるでしょう。

Androidユーザーにはあまりメリットのない格安SIMですが、アップルのサポートがすべて有償になるというリスクも含めて、安くサービスを受けたいiPhoneユーザーであれば一考の余地があるでしょう。

-シムリートーク

Copyright© 女子目線で選ぶおすすめ格安sim , 2019 All Rights Reserved.