格安スマホランキング-simree シムリー

女子目線で選ぶおすすめ格安sim

UQmobileに対応しているiPhoneの機種は?テザリングは使える?

投稿日:

一時期、テレビCMで頻繁に流れていたので、UQ mobileの名前を聞いたことがある人は多いことでしょう。

よく知らない人は「何かスマホに関係している会社だな」という認識だったと思います。

逆に格安SIMを知っている人であれば、「ああ、あれがUQ mobileね」となったことでしょう。

ということで、格安SIM業者の中では知名度も高く、大手に分類されるUQ mobile。

この記事を読んでいる人の中でも、格安SIMの乗り換えでUQ mobileを検討したことがある人がいるのではないでしょうか。

そこで今回はこのUQ mobileについて大まかな紹介と、UQ mobileでiPhoneを使う場合についていろいろ紹介していきたいと思います。

特にiPhoneユーザーにとっては気になることも多いと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

殿堂
「格安SIM」MVNO各社キャンペーンまとめ〈おすすめ10社〉
【2019年3月】格安SIM最新キャンペーンまとめ【格安スマホおすすめ10社】

このページでは『初心者におすすめな格安SIMキャリア10社』のキャンペーン情報をまとめています。 こ ...

UQ mobileってどういう業者なの?

UQmobile

大手なので、知っている人も多いと思いますが、改めてUQ mobileがどういった格安SIM業者なのか見ていきましょう。

UQ mobileは運営母体がUQコミュニケーションズという通信に特化した会社です。

UQコミュニケーションズはUQ mobileのほかにUQ WiMAXといって、インターネット専用の無線高速回線を提供する事業も展開しています。

そして、UQ mobileもUQ WiMAXも実はKDDIの肝いりの事業で、UQコミュニケーションズはKDDIのグループ企業となっています。

そのこともあって、UQ mobileはほとんどの格安SIM業者がドコモ回線を使って事業展開している中では珍しく、au回線のみを使って事業展開している格安SIM業者です。

Y!mobileはYahoo!がソフトバンク傘下の会社ということもあって、ソフトバンクの店舗でも契約やサポートを受けられます。

ソフトバンク回線を使うこともあって、Y!mobileはソフトバンクのサブブランド的な見られ方をしています。

ですが、同じようにKDDI傘下にあるUQ mobileですが、au回線を使っていても、auの店舗で契約することはできず、サポートも受けられません。

まったくの別会社、別事業という扱いになっています。

UQ mobileのサービス展開について

UQ mobile 【ALL CONNECT】
UQ mobileのサービス展開ですが、格安SIM業者の中ではごくスタンダードなものとなっています。

UQ mobileの回線や端末は?

回線は上でも触れた通り、au回線のみを使っています。

大手の格安SIM業者なので、端末も自社で扱っており、数は多くありませんが端末とのセット契約も行っています。

端末はスマホのみでタブレットは扱っていません。

ルーターなどもありそうですが、同じ会社でWiMAXを展開している関係で、ルーターはWiMAXで販売する形になっています。

UQ mobileの料金プランについて

UQ mobileの料金プランはやや複雑です。

基本的には格安SIM業者でよくある月々のデータ量で区切ったプランです。

公式サイトでプッシュしているのは、音声通話プランで、5分以内なら何回でもかけ放題、もしくは一定量の無料通話が付いたもののどちらかを選ぶものです。

これに加えて、月3GB固定のデータ専用プランと音声通話プランがあります。

さらに通信速度500kbps固定でデータ使い放題のデータ専用プランと音声通話プランがあります。

こちらはメニューでもその他扱いでわかりにくくなっています。

もうひとつ、UQ mobileとUQ WiMAXを組み合わせたお得なプランも用意されており、通信事業専業ならではの強みを活かしています。

UQ mobileでiPhoneを使う場合

クエスチョン

UQ mobileは自社で端末を扱っているのは上で触れましたが、iPhoneもその中に含まれています。

iPhone 6sとiPhone SEの2機種を扱っています。

ただし、公式サイトから申し込みができるのはiPhone 6sだけで、iPhone SEに関しては店舗のみの扱いになっています。

公式にはアナウンスされていませんが、手持ちのiPhoneがauのiPhoneであれば、SIMロックを解除しなくてもUQ mobileでそのまま使えます。

普通の格安SIM業者だとauだけはダメというところが多いのですが、UQ mobileではその逆で、ドコモやソフトバンクのiPhoneについてはSIMロックの解除が必要です。

また、SIMフリーのiPhoneについても当然使えます。

ですから、最新機種のiPhone XS/XRについてもUQ mobileで使うことができます。

UQ mobileで扱っているiPhoneとそれ以外のiPhoneを使う場合の違いとして、UQ mobileで扱っているiPhoneであれば、UQ mobile独自のキャリアメール「○○○@uqmobile.jp」が使えるほか、APNも設定済みなのでSIMを挿せばそのまま利用できます。

その他のiPhoneの場合はメールが使えないのと、APN設定を自分でやる必要があります。

UQ mobileでお得になっているiPhone 6s

キャンペーンとも期間限定とも公式サイトには書かれていませんが、UQ mobileでiPhone 6sをセット購入する場合、今ならかなりお得に手に入れることができます。

現在、UQ mobileのiPhone 6s 32GBが一括払いで59,724円、128GBで72、684円となっています。

これを分割払いにする場合、128GBモデルでは初回3,124円で以降23カ月間3,024円となります。

これにマンスリー割という、キャリアでは月々割などと呼ばれている割引が適用され、1,404〜1,944円の値引きが発生します。

これによって、端末料金が月1,080〜1,620円と大幅に安くなり、料金プランとセットにしても、最低額なら月4,000円以下でiPhoneを使うことができます。

UQ mobileでiPhoneにAPN設定をする方法

UQ mobileでiPhoneにAPN設定を行うには、設定がひとまとめになった「プロファイル」をインストールする必要があります。

Android端末などの場合、APN設定が必要であれば、自分で設定を入力してあげる必要がありますが、iPhoneではその手間がなく、プロファイルのインストールだけで事が済んでしまうというわけです。

iPhone 6以降の端末にプロファイルをインストールするには、以下の手順を踏んで行います。

  1. UQ mobileのSIMをiPhoneに挿しておきます
  2. SIMがささっている状態でWi-Fiをオンにして、Wi-Fiでインターネットに接続します
  3. Safariを起動して「http:// www.uqwimax.jp/support/mobile/guide/apn/UQmobile_2.0.mobileconfig」にアクセスします
  4. プロファイルをインストールする警告画面が表示されます。そのまま「インストール」をタップします
  5. パスコードを設定している端末であれば、パスコードを入力します
  6. インストール完了の画面が表示されたら「完了」をタップするとプロファイルのインストールが終了です。そのままWi-FiをオフにしてSafariでウェブページが読み込めるか試してください

以上でプロファイルのインストールができます。

これでAPN設定の面倒な項目入力をすることなく、簡単に回線を使うことができるようになるのです。

UQ mobileでテザリングはできる?

使ってわかる「テザリング」の便利さ

みなさん、テザリングという言葉は知っているでしょうか。

言葉は聞いたことがあるけれど、どんなものか分からないという人も少なくないのではないでしょうか。

テザリングとは

テザリングというのは簡単に言うと、Wi-Fiを装備しているパソコンやゲーム機などをインターネットに接続するのに、スマホをモバイルルーターの代わりにするものです。

スマホは回線を使ってインターネットに接続しているので、インターネットにつながっている回線をWi-Fiなどを経由してパソコンやゲーム機などと共有するという機能です。

この場合、インターネットに接続しているのはスマホなので、テザリングをするとスマホのデータ量が消費されていきます。

UQ mobileのテザリングについて

テザリングはパケットの消費量が大きいので、帯域を食ってしまう関係で格安SIMでも使えるところと使えないところがあります。

また、ドコモなどのキャリアでは当然テザリングはオプションで使えますが、会社によっては有料オプション扱いになっているところもあります。

UQ mobileですが、テザリングはオプションとして設定されています。

有料なところも多いですが、UQ mobileでは無料でテザリングを使えます。

使っているスマホがテザリングに対応してさえすれば、モバイルルーターを持ち歩かなくても、パソコンなどをスマホ経由でインターネットへ接続することができます。

テザリングのいろいろ

上でWi-Fiを使うと書きましたが、正確にはBluetoothでもUSBでもテザリングをすることができます。

これも端末が対応しているか、あるいはつなぐ側が対応しているかによって変わってきます。

Wi-Fiテザリングは一番ポピュラーな方法で、通信も高速でパソコンやゲーム機など幅広い機器に対して使うことができます。

その反面、スマホのパケットとバッテリーの消耗が大きいという欠点もあります。

BluetoothテザリングはパソコンなどBluetoothを搭載した機器に使えるテザリングです。

Wi-Fiに比べるとバッテリーの消耗が少ないですが、1Mbpsと速度が遅いので、ウェブの閲覧などに使うには不向きです。

USBテザリングはパソコンなどUSB対応機器に接続して使うものです。

パソコンであればスマホに給電しながらテザリングをすることもできます。

また、データ通信も高速ですが、対応する機器が少ないという欠点もあります。

UQ mobileでは上記のテザリングすべてを無料で使うことができます。

ただ、何度も書いていますが、パケットの消費量が大きいです。

月3GBのプランで契約していて、パソコンへテザリング接続するとあっという間に3GBを消費してしまうレベルです。

月最低限のデータ容量の契約であれば、できる限り使わない方が無難ではあります。

iPhoneのテザリング

iPhoneもテザリングに対応している端末です。

iPhoneの場合はテザリングという名前ではなく「インターネット共有」という名前で「設定」の中に入っています。

「設定」から「インターネット共有」を開いてオンにするだけです。

接続の方法はこの「インターネット共有」の画面の中に書かれているので、その手順に従って接続します。

まとめ

ここまでUQ mobileの大まかな紹介と、UQ mobileで使うiPhoneについて、テザリングオプションについて紹介してきました。

UQ mobileはテレビCMを打てるほど規模の大きい格安SIM業者なので、全体にユーザーが使いやすく、選びやすいように工夫をされている印象があります。

au回線しか使えないのは賛否両論あるでしょうが、auのユーザーがスマホ代をもっと安くしたいと思ったときの乗り換え先として、有力な選択肢になることは間違いありません。

UQ mobileで扱っているのはiPhone 6sとSEだけですが、iPhone 5sなどをまだ使っているユーザーであれば、iPhone 6sへ格安で乗り換えできるのは魅力だと言えるでしょう。

今でも十分通用するスペックを持った端末で、最新バージョンのiOSへバージョンアップすることもできます。

また、サブ回線として使う場合でもiPhone 6sであれば困ることはないと思います。

殿堂
「格安SIM」MVNO各社キャンペーンまとめ〈おすすめ10社〉
【2019年3月】格安SIM最新キャンペーンまとめ【格安スマホおすすめ10社】

このページでは『初心者におすすめな格安SIMキャリア10社』のキャンペーン情報をまとめています。 こ ...

-シムリートーク

Copyright© 女子目線で選ぶおすすめ格安sim , 2019 All Rights Reserved.