格安スマホと格安SIMを『女子目線』でナビゲートします!

simree - シムリー

ファーウェイP10がすごい!迷ったらP10にするべき5つの理由!【カメラ好きにいちおし!】

更新日:

迷ったら!HUAWEI P10にするべき5つの理由

(PR広告ではないですヨ…w)

買いました!ファーウェイP10!

ファーウェイのフラッグシップシリーズである「Pシリーズ」には、他にも最上位モデルの「P10 Plus」と廉価モデルの「P10 lite」があるのですが、simreeでは、デュアルカメラを搭載した主力モデルの「P10」と、驚異的なコスパを誇る売れ筋モデルの「P10 lite」を購入しました!

買いました!「P10」と「P10 lite」

HUAWEI P10(定価6.5万円くらい)ファーウェイP10買ったったHUAWEI P10

HUAWEI P10

  1. Leicaとコラボしたデュアルカメラを搭載
  2. フラッグシップモデルならではの高機能
  3. DSDSで2枚のSIMを使える

HUAWEI P10 Lite(2万円台)ファーウェイP10 lite買ったった!HUAWEI P10 lite

HUAWEI P10 Lite

  1. ベストコスパで誰にでもすすめられる
  2. 2万円台とは思えない高級感のあるデザイン2万円台とは思えない性能
\格安SIMとのセットならおトクになるよ♬/

「P10 lite」については、別の機会に紹介させていただくとして、ここではよりカメラ性能にこだわった「P10」の魅力について語っていきたいと思います。

お値段は税込64,424円( 価格)と、他の格安スマホと比べると決してお安くはない価格ですが、このファーウェイP10、simreeとしては強く強くおすすめしたい「一品」なんです!

その理由としては、、

  1. 撮れる「写真」がすごい!
  2. 「モノクロ写真」がもはやアート!
  3. これぞ「フラッグシップ」な作り込みで、むしろ高コスパ!
  4. SIMフリーだから、余計なアプリ無し!
  5. MVNOキャリアなら分割で買える!

そう、特にデュアルカメラ搭載の「P10」と「P10 Plus」はカメラ性能がすごいんです。そしてフラッグシップモデルならではの機能と作り込み

フラッグシップというと他機種なら10万円クラスのiPhone○○とかGalaxy○○とかXperia○○とかと比べられる機種なんですよ。それで定価が税込64,424円ってのはいかがですか?まだ高い?

でもでも、これからこの「P10」の魅力についてしっかりと語っていくので、読み終わるころにはきっと皆さんもP10が欲しくなることでしょう(あと猫も飼いたくなるはず…|ω・`))。

あとそうそう、P10はDSDSにも対応している上にSIMフリー。そしてあの邪魔なキャリアロゴもキャリアアプリもありません!

高額な月額費用や意味不明な2年縛りなど、すべてのしがらみから解放される格安SIMへの乗り換え

そのお供として、この「P10」を選べばいろいろと幸せになれると思いますよ〜。

ベレ
あと個人的に“イヤホンの音”も良かった!

 

高いスペックとシンプルおしゃれな上質感がP10の魅力!

iPhoneとはまたひと味違った上質なメタルの質感が魅力的。iPhoneと比べても画面周りの額縁が小さいので、ほぼiPhoneと同じサイズながら5インチのより大きいディスプレイを搭載しています。

ホームボタンも最も使いやすい前面にありながら、ボタンが存在しない感圧式なので見た目もスッキリ。指紋認証も爆速ですよ。

スー
P10はシュッとした感じやな
\格安SIMとのセットならおトクに/

 

おすすめの格安SIM

mineo(マイネオ)

撮れる「写真」がすごい!

HUAWEI_P10_SIMフリースマートフォン

P10の一番のウリは、なんといってもカメラ!!

(カメラといえばiPhoneじゃ…)(カメラといえばXperiaじゃ…)と思っているひとも多いかと思いますが、ファーウェイのデュアルカメラ(ダブルレンズカメラ・デュアルレンズなんて言われることも)で撮れる写真は、スマホカメラに興味がある人なら一見の価値ありだと思います。

ファーウェイのデュアルカメラで撮れる写真は、一言で言えば「いい感じの誇張」

スマホカメラは正直「進化し尽くした感」があって、色味や画質の好みはあれど、どれも正直「そんなに変わらない」くらい高画質になってきていると思います。

広告でよく「iPhoneで撮影」とかやってますが、実際にはこのような機材をつかってるって話ですし、この記事でも後ほど紹介しますが、晴天の屋外撮影では、機種ごとに大きな違いは感じられなくなっています。

そう「被写体を見たままキレイに写す」という方向性なら。

そこでP10のカメラですが、普通に撮れば普通にちゃんと写るんです。何も問題ありません。

だけどP10のカメラは、その一方で上手に嘘をついて「盛って」くれるんです。

スマホカメラの進化で、もはやデジカメいらずと言えるほどスマホカメラの画質は進化しました。しかしこれからのスマホは「どう盛るか」ってのも大事になってくるんではないでしょうか。

【嘘つき♡P10】 その1「パーフェクトセルフィー」

ビューティーエフェクト P10 ファーウェイ HUAWEI

出典:http://club-huawei.jp/play/nova_selfy02/

いやいや、P10は全部の写真が嘘つきじゃないですよ。しっかりと撮りたいときにはちゃーんと撮れる優等生です。

だけど時にはアナタだけのための「上手な嘘」をついてくれるんです。

そのひとつが「パーフェクトセルフィー」!

ネーミングがインパクト大の「パーフェクトセルフィー」は、その名のとおり自撮りをパーフェクトに盛るどころか、もはや「整形レベル」まで顔面を変形させちゃう機能です。笑

もちろん度合いが細かく調整できるので、賢明な女子は「ちょっと眼を大きく」とか「ちょっと顎をシュッとさせる」程度で終わらせておくのが好ましいのですが、すべての設定値をMAXまで上げると、もはや「宇宙人襲来」レベルまで顔が変形されてしまいます。笑

しかも、その設定はそのまま自分のデフォルトの顔として登録されるので、遊びで宇宙人顔を設定したまま忘れていると、いざ友達と自撮りした時に「自分だけニンゲンじゃない」って事になりかねないので要注意w

とは言え、グループ自撮りの際に「自分だけちょっと色白に…」とか「自分の目だけちょっと大きく…」という密かな企みは、できないよりもできた方がいいですよね?

しかも、今回のP10とP10 PlusからはインカメラもあのLeica(ライカ)のレンズになっているので、ボケ味などが向上しているとのこと!(P10 liteは残念ながら違います…)

被写体を忠実に写すんであれば、自撮りカメラが高画質すぎるのはちょっと…って思いますが、高画質を活かして「必要以上に美しく」撮ってくれるのなら、どんどん盛ってください!ってなっちゃいますよね。

そんな「パーフェクトセルフィー」ですが、実際どんな風になるかは、公式サイトの記事も見てみてください↓

外部サイト
「HUAWEI nova」「HUAWEI nova lite」の自撮り機能をトコトン試してみた | CLUB HUAWEI:スマホ、タブレットをもっと楽しく&便利に♪
「HUAWEI nova」「HUAWEI nova lite」の自撮り機能をトコトン試してみた | CLUB HUAWEI:スマホ、タブレットをもっと楽しく&便利に♪

先日発売されたファーウェイの新たなスマートフォン「HUAWEI nova」と「HUAWEI nova ...

外部サイトでチェック

外部サイト
自分だけかわいければいい!女の子の本音を叶えるパーフェクトセルフィー | CLUB HUAWEI:スマホ、タブレットをもっと楽しく&便利に♪
自分だけかわいければいい!女の子の本音を叶えるパーフェクトセルフィー | CLUB HUAWEI:スマホ、タブレットをもっと楽しく&便利に♪

私には、いつも一緒にいる親友が2人いる。どこへ行くにも一緒の、仲良し3人組。 旅行だって、飲み会だっ ...

外部サイトでチェック

ファーウェイnovaの時にはあった「メイクアップモード」が無くなってしまったのは残念…。

【嘘つき♡P10】 その2「ポートレートモード」

HUAWEI ファーウェイ P10 ポートレートモード

次にご紹介するのは「ポートレートモード」

これは人物撮影時に「芸術的ボケ味」を駆使して、ポートレートをいい感じに「盛って」くれる機能(前面背面カメラどちらにも搭載!)。

このときにビューティーレベルも1〜10段階で効かせられるんで、美白効果や顔を明るくするなどの効果も同時に適応されます。(顔を3D認識し、顔の形状を立体的に解析して処理しているらしい…すごいっ!)

仕上がりは「ボケ+ビューティ補正」で、まるでプロが撮ったかのよう!

iPhone Xや8 Plusにも背景をボカすポートレート機能がありますが、P10のポートレートモードは背景をボカすだけにとどまらず、美顔効果を加えてよりビューティーにしてくれるのが女子には嬉しいですね。

しかもファーウェイのボケは「芸術的ボケ味」というすごいネーミング。

こちらも美しいお姉さんの素晴らしいサンプルがすでにありますので、そちらをご覧ください…↓

外部サイト
ここまで芸術的に人物を撮れる! HUAWEI P10/P10 Plusで一歩進んだカメラライフを (1/4) - ITmedia Mobile
ここまで芸術的に人物を撮れる! HUAWEI P10/P10 Plusで一歩進んだカメラライフを (1/4) - ITmedia Mobile

ライカ品質のカメラが好評だったファーウェイの「HUAWEI P9」の後継モデルが登場。6月6日に発表 ...

外部サイトでチェック

この機能、観光名所ですぐに自分入りの記念写真を撮りたがる「オカン」にぴったりですね。なんせ色白ビューティーになりますから。笑

【嘘つき♡P10】 その3「ワイドアパチャーモード」

HUAWEI P10のワイドアパーチャモードについて

そして特筆すべきなのが、デュアルカメラを搭載するP10の一番のウリでもあるワイドアパチャーモード」

ワイドアパーチャモードをオンにして写真を撮っておくと、後から任意の場所をタップしてフォーカス位置を自由自在に変えられます

しかもそれだけではなくて、撮影した後でもF値を変えてボケをコントロールできるんですよ!(カメラ好きの人、ココ注目してね!)

これはファーウェイのデュアルカメラだけの機能なんです。

F0.95からF16まで自由自在にF値を変えれて、ボケ味(英語でもbokeって言うんですよ)を自由に変えれます!

これが理屈抜きに楽しいんですよね。このあたりがLeica(ライカ)とコラボした成果かな!?

写真を撮る楽しさを分かってるな~って感じがします。

スー
ひえー。F0.95のレンズなんて一眼レフのレンズなら○十万やで!

しかも、この過剰なボケ味絶妙なさじ加減というか、絵作りがとってもうまいんです。どこかほっこり懐かしい。

ほわんとした空気感を見事に作り出すんですよね。荒っぽい言い方をすれば、ニセの写真だけど脳内イメージに近いリアルさ。思い出はいつだってキレイだから…。

というわけで、能書きよりもとにかく写真を見てみてください!主に猫しか撮ってませんが!!

ファーウェイP10で撮った猫

撮った写真に「HUAWEI P10 LEICA DUAL CAMERA」なんてウォーターマークを付けられたりするんですが、このあたりの一見無駄な演出が、いい写真が撮れた時の自意識をくすぐるんです。

しかもウォーターマークの後付けは無理で撮影時にしかつけられないんですよ。ほんとやらしい。やらしい子。P10。

ファーウェイP10のボケ味を確認でこれはボケ無しF16ファーウェイP10のボケ味を確認でこれはボケ有りF0.95

ボケをコントロールできるってことは、被写体を浮き上がらせることができるんですよね(上がボケ無しで、下がボケ有り)

これがプロっぽい写真と素人っぽい写真の差なんです(だいぶ荒っぽい言い方ですが)

ファーウェイP10で「ワイドアパーチャモード」で撮っておけば、このボケを後から自由に調整できるんです。

ファーウェイP10のワイドアパーチャモードを適用しているP10の画面

ワイドアパーチャモードを適用している写真にはレンズっぽいアイコンがつきます

猫のまなざしの向こうにあるのはファーウェイP10

これはいい感じのbokeですね。あーん。たまらん(猫が)

猫とファーウェイP10と光と影

なんか色々撮ってて思うんですけど、このカメラ「光と陰の表現」が絶妙だな〜と。

これがまさに玄人受けするライカの表現なのかもしれませんが、私はライカを持ってないのでわかりませんw。でもスマホカメラでこの空気感が作り出せるってすごい。

この空気感について百聞は一見にしかずなので、サンプルをお見せしましょう!自宅の汚いキッチンを晒すことになるので、ちょっと恥ずかしいんですが。。

人気スマホ「Galaxy S8+」と比較してみました。

汚いキッチンをも明るく撮るのは、そうGalaxy S8Galaxy S8+で撮影

汚いキッチンをもアーティスティックに撮るのは、そうファーウェイP10ファーウェイP10で撮影

Galaxy S8+は、ぱっと見でも「誰が見ても綺麗」な雰囲気で、くっきり明るく撮れているのですが、ファーウェイP10は明暗のコントラストとボケ具合がなんだかとってもアーティスティック。

手前がボケ過ぎやんって思う人もいるかもしれませんが、撮影した後からでもF値を変えてボカさないように変更できるですよね〜。そう、ファーウェイならね

猫が可愛く撮れるのはP10。それはもうファーウェイ

もちろん細かいところをいえば、ボケ具合の正確性も微妙なところもあるし、たまにフォーカスの後処理を失敗して「えっ?www」って感じの写真も撮れたりします。

でもいいじゃないですか。しょせんはスマホのカメラですよ。

記録用カメラとしての性能は先ほどのGalaxyのように、もはや十分に満たしているので、これからは「このサイズのカメラでどれだけ突き抜けた個性を発揮できるか」がスマホカメラにとっては重要では無いのでしょうか?

スーパースローモーションがあってもいいし、暗い所に異常に強かったりしてもいいし。

そんな中、Leicaコラボという形で「アーティスティックな写真を撮る」という方向性を打ち出したファーウェイは、カメラ好きなら虜になっちゃう魅力があると思います。

スマホのカメラってなかなか使いこなすまで触ることがなかったんですが、このP10のカメラは「もっと素敵にかっこよく撮りたい」という欲求がわいてくるので、自然と工夫して使うようになってどんどんいい写真が撮れてく感じがします(まだいい写真は撮れてませんが…w)。

でもほんとに撮ってて楽しいスマホです。

スー
わたしも欲しい〜♡

そんなファーウェイP10をお得に買うには?

「ファーウェイP10」が欲しくなったら♡

今ならAmazonギフト券10,000円分がもらえる
キャンペーン実施中の が最安です!

一括購入(通話SIMとセットの場合)
62,424円(税込)

分割購入(通話SIMとセットの場合)
2,700円(税込)

次のページへ >

-おすすめ格安スマホ
-,

Copyright© simree - シムリー , 2018 All Rights Reserved.